初冬ツーリング珍道中

バイク

土曜の朝は5時半に起きてツーリングに出かけた。

天気は晴れ。気温は4度と寒いがなかなかのバイク日和だ。

会社の仲間 (といっても15歳から20歳くらい歳上だが) がバイクを買ったから、ツーリングに行こうとお誘いがあり、久しぶりのバイク旅となった。

最近風を感じるには、つい快適な方のオープンカードライブに流れがちだったから、

もしかするとバイクに乗るのは一年ぶりくらいかもしれない。

季節はすっかり冬だから、完全防備で着込んで出かけた。

海老名で朝8時に待ち合わせた。

一人は久しぶりにバイクを買ったリターン組のA橋さん。

もう一人は前日夜中の2時まで飲んで、睡眠時間3時間。メッシュの手袋にジーンズという軽装で参加のB村さん。

まずはコーヒーを飲みながらプランを確認した。

今回はこのメンバーで初めて一緒に走るから、我々が先導してとりあえず小田厚に入り、二つ目の小田原PAまで走って様子を見ることになった。

寒いが着込んでいるし、太陽のおかげでそれほど寒さはこたえない。

富士山が雲の上に薄っすらと顔を出していた。

ここまでで判明したことは、

A橋さんは安全運転でスピードをあげるとついてこない。

渋滞や、細かに現金を払うような道は嫌い。

B村さんは40分に一回くらいトイレ休憩が必要だという。

そして2人とも道を知らないという。

お昼も温泉も行き先も、全て我々にお任せしている感じだ。

この状況かなりウケるね、とこどら。

「一番年下なのに、まるで引率の先生だね。」

と言って、笑っている。

たしかに引率、、、

こういう旅は新鮮だし、なんだか逆に楽しくなってきた。

2人の希望を聞き、箱根を抜けて伊東に出るルートを選ぶことにした。

箱根は紅葉していた。

秋だね、と言っていたら、山を登るにつれて気温が低下し、真冬の空気に変わった。

箱根の道の駅で休憩した時には2度だった。

続いて伊豆スカイラインへ。

こちらも天気は良いが真冬の寒さだ。

我々はタンデムだったから、ツーリング仲間の走っている姿を撮ったりして、スカイラインを楽しんだ。

亀石峠から伊東に降りた。

途端に暖かくなるが、流石にサーファーは少なかった。

海の色は寒さのせいか、前回訪れた時よりも青さを増していた。

こまめなトイレ休憩と安全運転を守り、お昼過ぎに海女の小屋、与望亭に到着した。

ここで昼食をとる。

ライダーに人気と聞いてきてみたのだがその姿はなく、何故か3、4歳の子供を連れた家族連れが客層の大半を占めていた。

団体ではないが、それぞれが大はしゃぎ。

店員さんに注意されると、親は、

「ほら、店員さんに怒られたから静かにしな」

と一言。

子供が飽きて騒ぐのは仕方ないことだが、

自分の子供に注意するポイントって、そこなのか???

気を取り直してオススメと人気ナンバーワンの海鮮丼を頼んだ。

食事の後は東伊豆風力発電所へ。

舗装されてはいるものの道は悪くガタガタで、遊園地のアトラクションにでも乗っている気分だ。

山の上のせいか風も強かった。

最後の目的地は赤沢日帰り温泉。

湯船から空の先に海が繋がって見える、絶景の湯だ。

入浴料が休日は一人1550円と高め。

貯湯循環で湯は癖なく普通なのだが、この広さとこの設備なら掛け流しは無理そうだ。

夕暮れ時の4時半に帰路に就くと、程なくして日が暮れた。

大きな月が海上を照らして幻想的だった。

海沿いを北上し、鈴廣でお土産買って、小田厚に乗った。

日が暮れると途端に寒くなり、温泉効果が切れると手足が凍えるように冷えた。

今冬はこれで最後かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました