バイクの快適性をあげる

バイク

バイクは全身運動だ。

風を受けながら走っているだけで運動になるのはお得感がある。

我々かなりの運動不足で、2人揃って健康診断の結果とともに「運動しましょう」と書かれていたから、

月1ツーリングで健康になろう

と思い立った。

まぁ、8月や1~2月は暑過ぎたり寒過ぎたりだと我慢大会になって嫌だけど、それ以外。

バイクに乗るのが億劫になるのは、暑い、寒い以外にも、重装備が必要だったり、準備が大変だったりすることだ。

装備に関しては、有線のインカムから無線のインカムに変えただけで段違いに楽になった。

有線だとバイクから降りる度に線を外してはまた付け直しになるし、乗っている間も線が絡んで引っ張られたり。

その煩わしさがなくなったのは思いの外に大きかった。

あとはヘルメット

昔はフルフェースのキツめの物をかぶっていたのだが、これをシステムヘルメットに変えただけでも快適さがだいぶ上がった。

このヘルメット、かぶった状態で顎の部分から上に開けられるのが嬉しい。

ヘルメット自体が昔よりキツくない作りになっていることもあるが、下を見たい時や、飲み物を飲みたい時に、わざわざヘルメットを外す必要がないのが楽。

これらは一回一回の動作は大したことないのだが、何度も繰り返すと地味にストレスがたまるし、面倒臭くて嫌になってしまう。

インカムとヘルメットが改善されただけで、だいぶツーリングに出かけるハードルが下がった。

で、この度我々、残る煩わしさの、準備面に対しての改善を実施した。

今までバイク用品はガレージのロフトに入れていて、使う度に運び出してはまた運び入れる手間があり、

この煩わしさもまた、ツーリングに出かける際のハードルになっていたから、

「やっぱりバイク用品はガレージに置いて、出し入れしやすいようにしよう」

と思い立った。

早速IKEAで棚を購入。

思いの外箱が長かったが、こんな時にオープンカーは便利だ。

一旦オープンにして箱を積み込み、暑いのでまた閉めた。

早速組み立てて、ガレージの隅に置いてみた。

うん、邪魔にならないしいいじゃないか。

バイク用品を起き、ウェアを掛けた。

ヘルメットは元からガレージに作り付けの棚があって、そちらに収納している。

あまり使わないバイク用のカバンなどは引き続きガレージのロフトに置いているが、ほぼ使わないため煩わしさもないだろう。

これで月1ツーリングに出かけるハードルはかなり下がった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました