全国のヌルヌル温泉 我流おすすめトップ5(2021年2月現在)

観音温泉ブログ

日本全国を車中泊しながら温泉巡りするのが趣味の我が家。

白濁の硫黄泉も好きだが、ヌルヌル温泉も大好き。

と言うことで今回は、最近アップデートしていなかった、

今まで我々が訪れたヌルヌル温泉の中から印象に残っているおすすめのヌルヌル温泉トップ5(2021年2月時点)をご紹介。

たった今は新型コロナで大手を振って出掛けられないご時世ではあるが、落ち着いた時のご参考まで。

伊豆下田 観音温泉

伊豆下田にある観音温泉。行き違い注意の狭い道の奥にある。

お風呂付きの部屋に宿泊することも出来るし、日帰り入浴で利用も可能。

情報
  • ヌルヌル度:5
  • 泉質   :アルカリ性(pH9.5強)
  • 露天   :あり
  • 掛け流し :○
  • 入浴料  :1300円(休日1500円)
  • 施設   :広くて綺麗、充実している
2019春の伊豆旅行 4 観音温泉

静岡 寸又峡温泉 美女づくりの湯

行き違い注意の狭い山道を抜け、静岡の山の奥にある寸又峡。

2度訪れたがいずれも極上のヌルヌルと硫黄の香り。硫黄泉のヌルヌル温泉は珍しい気がする。

近くにある夢の吊り橋も見所。

情報
  • ヌルヌル度:5
  • 泉質   :硫黄泉
  • 露天   :あり
  • 掛け流し :○(源泉+加温した湯)
  • 入浴料  :400円
  • 施設   :小さい露天のみ
静岡旅 6 寸又峡温泉

2019年9月末の土日は足柄で車中泊

山梨 奈良田の里温泉 女帝の湯

山梨の早川町の奥にあるが、我が家が何度も訪れている奈良田の里温泉。

歴史の趣きある古い建物も風情あり。

情報
  • ヌルヌル度:5
  • 泉質   :ナトリウム炭酸水素塩泉
  • 露天   :なし
  • 掛け流し :○
  • 入浴料  :550円
  • 施設   :小さい内湯のみ
2016秋 山梨の車中泊旅 2 ヌルヌル温泉 奈良田の里女帝の湯

三重 榊原温泉 湯元榊原舘湯の庄

ここは一度訪れただけだが、極上のヌルヌル温泉に驚き、大満足だった場所。

情報
  • ヌルヌル度:5
  • 泉質   :アルカリ性単純泉
  • 露天   :あり
  • 掛け流し :○(掛け流し・源泉の加熱)
  • 入浴料  :1000円
  • 施設   :宿泊施設もあり
梅雨の三重→和歌山旅 1 榊原温泉

宮城 鳴子温泉 うなぎ湯

ここも一度訪れただけだがヌルヌルに加えて肌がキュッとする湯だった。

我々が訪れた時には800円で日帰り入浴できたのだが、現在は1000円のようだ。

情報
  • ヌルヌル度:5
  • 泉質   :含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
  • 露天   :あり
  • 掛け流し :○
  • 入浴料  :1000円
  • 施設   :風情のある温泉旅館で湯船が数カ所利用可能
春の宮城旅 2 牛タンとうなぎ湯

県別ヌルヌル温泉

印象の強かった極上のヌルヌル湯トップ5の他にも、各地にヌルヌル温泉があるので紹介させていただく。

温泉というのは生き物で、一度訪れた時にはヌルヌルでも、次に訪れた時にはそれほどでもなかったりと不思議なものだ。

もちろんまだ行ったことのない場所もあるので、今後も随時アップデートしていきたいと思う。

和歌山

ヌルヌル温泉が多いのが和歌山。

過去訪れた下記の2箇所はトップ7として加えても良かったかもしれないのだが、

今思い出すと他と比べて印象が薄かったので、再訪して確認してみたいと思う。

日本三大美人の湯の龍神温泉と、道の駅にもなっている椿はなの湯

2016春のはじめの熊野古道4 日本三美人の湯 龍神温泉

梅雨の三重→和歌山旅 5 ヌルヌル温泉のはしごと橋杭岩

北海道

我が家がヌルヌル温泉に目覚めた切っ掛けがうたしないチロルの湯だった。

2度目に訪れた時にはそれほどヌルヌル感を感じなかったため、番外編としてご紹介。

2015-16北海道年越旅行 10 我が家のヌルヌル温泉発祥の地

また、女満別にある美肌の湯もヌルヌルだった。

2017-18年越し北海道車中泊旅行 8 大晦日は女満別から美幌峠へ

長野

伊那の高遠に、pH9.7の高アルカリ性温泉があるというので行ってみたら、確かにヌルヌルだった。

さくらの湯

ヌルヌル温泉とゼロ磁場と、ディフェンダー川を渡る

栃木

栃木にある八溝温泉もヌルヌルだった。ここにもまた行って確かめたいと思う。

沖縄以外で最後の県 茨城で車中泊2017〜5(完) 鮎と温泉

群馬

我々が練馬に住んでいた時に、近かったのでよく行っていた小野上温泉のさちのゆもヌルヌル系温泉だ。

以前は関東でベスト5に入ると信じていたが、全国各地のヌルヌル温泉に入ってきた今、久しぶりに訪れて確認したいと思っている。

群馬温泉一泊二日の旅:草津大滝の湯と小野上温泉さちのゆ

千葉

東京から気軽にいけるヌルヌル系といえば千葉の勝浦にあるつるんつるん勝浦温泉

地元のお年寄りが集う感じだったが、海の幸を食べて温泉に入って帰ってくるのも良さそうだ。

勝浦温泉

愛知

西へ行くたびに寄っている気がする刈谷。

ハイウェイオアシスになっていて食べ物も充実しているし、併設のかきつばたが我が家のお気に入りだ。

2016春のはじめの熊野古道2 刈谷と針

高知

四国でヌルヌル系の温泉に出会ったのは、まだここだけだ。

高知の龍河温泉。

2016シルバーウィーク四国旅 9 四国初温泉はヌルヌルの龍河温泉で

コメント

タイトルとURLをコピーしました