梅雨の終わりに清里へ 後編 明野のひまわり畑

清里からは韮崎の方向へ向かった。

途中の高い場所に高架の道路があり、絶景な気がするので一度走ってみたいと思う。

北斗八ヶ岳高原線の八ヶ岳高原大橋だと思う。

南清里の道の駅を越したのだが、何度か行っているが、初めて混み合っているのを見た。

北斗や茅野辺りの下道は南アルプスを眺めながら走れるため、気持ちが良い。

まっすぐな道を走ると、畑の中にひまわり畑が現れた。

観光地になっていて、バスもとまれば、駐車場は500円の有料で、出店も並んでいた。

蜂蜜ソフトとはちみつレモンの文字につられて買ってみたら、蜂蜜が甘過ぎずにコクがあって、めちゃくちゃ美味しかった。

日照不足と言われている今年にひまわりが咲いているのか一抹の不安はあったのだが、そのせいなのか、まだ時期が早いのか、数ある向日葵畑の中で、花が咲いているのは2つの畑だけだった。

それでも沢山の人が見にきていたし、ひまわりの花は太陽に向かって咲いていた。

先程の通り雨の名残の灰色の雲が、所々でアルプスの山々を覆い隠していた。

晴れた日の景色は勿論良いだろうが、この日の景色も神秘的で良かった。

時刻は16時半。

中央道では渋滞が始まっていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました