我が家の検証:初めてのトレーラー比較

ブログ

この年末年始に行った北海道は、当たり前だがあまりお店もやっていなかった。

食べられる物も限られ、行ける場所にも制限があった。

今更ながら、

もう年末年始に無理して北海道まで行かなくてもいいんじゃない?

という結論に達した。

冬に行くなら流氷の2月か、やっぱり春、夏、秋がいいよね、と。

やっぱりお店がやっていて、美味しい物が食べられる時に行くに限る。

春、夏、秋なら、オープンカーで走ったら絶対に気持ち良いから、前々から、我が家のボロさんことボルボC70で北海道オープンカー旅行をすることを計画している。

今回の旅の間も「ここ絶対にオープンで走りたいね」とか「オープンならあそこ行きたいね」と話しながら旅をしていた。

ただ、オープンカーの場合には、毎回キャンプ場か宿に泊まることになるが、流石にボロさんにはキャンプ道具までは入らないかもしれない。

ということで最近の我々、ボロでも牽引できる小さなトレーラーが欲しいよね、、、と思い始めていた。

実は、こどらの両親宅に行く度に、ずっと気になっているリトルガイというトレーラーを置いてある店があり、見て帰ろうとするのだが、何故だかいつも縁がない。

お休みだったり、実車を遠くに貸し出してしまっていたり、、、

今回も北海道旅の最後に寄ってこようと問い合わせたのだが、

「今どこにあるのか調べます」

と言ったきり折り返し電話がかかってこず、再度連絡したら、実は火事があって今は対応できないという。

トレーラーは高いので、実車を見ずに買うのは怖い。

ここまで実車が見られないとなると、リトルガイには縁がないということなのだろう。

トレーラーの比較

旅の帰りに車の中でネット検索してみると、厚木にトレーラーの実車が置いてあるところがあったからその足で見に行ってみた。

リトルガイと似たようなサイズのミニトレーラーが置いてあった。

本当に寝るだけの小さなトレーラーで、まさに我々が求めていたサイズのものだった。

扉を開けると大人2人分のベッドになっていて、以外と広い。

中で立ち上がれはしないが、ベッドの上に座って本を読んだり、食事をすることができる高さはある。

ちょっとした棚もついている。

ただ、玄関がないため、雨の日には濡れた靴をビニールに入れるなどして室内に持ち込まなければいけない。

たまたま中古のホワイトエッグがあったので、ついでに見せて貰った。

この大きさは家に置けないため候補には考えていなかったのだが、実車を見てみるとこちらの方が断然良かった。

大人3人が寝られるタイプで、玄関から入り、キッキンがついていて、立って調理が出来る。

ベッドはテーブル仕様にもでき、ゆっくり食事をしてからベッドを組み立て就寝することができる。

新車で買ったとしても、値段は最初に考えていたベッドタイプと大して変わらなかった。

この販売店では新車も購入できるそうなのだが、注文してから納車までに約8カ月かかるそうだ。

帰宅した後で調べてみると、このトレーラーはタバートジャパンという会社が総代理店だった。

このシリーズは本来「スモールエッグ」というトレーラーなのだが、真っ白のカラーには別に「ホワイトエッグ」という名前をつけて後から売り出したのだそうだ。

タバートジャパンに連絡したところ、今は本国でも全ての在庫が売り切れで、発注も沢山入っており、順番に作ってからの納車になるため、新車だと販売店と同じく発注から8ヶ月掛かるとのことだった。

名古屋へ

更に調べると、名古屋のキャンピングカー屋さんにスモールエッグの実車があるというから、今度は名古屋まで見に行ってきた。

厚木に見に行ったのは北海道旅行からの帰り道。

名古屋に見に行ったのはその翌日のことだった。

塩カルを落とすために洗車して、遅昼を食べているときに名古屋へ行くことを思い立ったから、

家を出たのは15時頃で、名古屋に着いたのは閉店の30分前だった。

本当はシルバーが良かったのだが、ここに置いてあるのはオフロード用のグレーと、普通のタイプのオレンジ(淵が入ったタイプ)だった。

色以外はホワイトエッグと一緒だ。

これがキッチン。冷蔵庫もあり、コンロは二口。

車内をテーブル仕様にするとこんな感じ。

中古には窓に専用の目隠しがついていたが、この新車には何もついていない状態。

このキャンピングトレーラー屋さんでスモールエッグを扱うのは初めてで、

実は倒産したお店のトレーラーを競売でたまたま手に入れただけで、パーツなどは扱っていないし、このトレーラーについてもよく知らないという。

ここで買うには他にも色々と自分で手配する必要がありそうだった。

トレーラーの検証結果

トレーラーがあれば網戸があるから窓を開けて風も通せるし、夏の車中泊にも困らなくなるだろう。

暖房もついているから冬もばっちりだ。

地元食材を買い込んで、キッチンで手料理を作ってゆっくり食べたりもできる。

今までより確実に快適な車中泊旅ができることだろう。

でも、、、なんだかピンとこない。

いつか欲しいが明らかな贅沢品だし、、、、

今なのか⁉️

なんだか今じゃない気がする、、、と言うと、こどらも同意見だった。

こどら曰く、、、

本当に買うべき時になれば、これだ!というものに出会えるはずだが、今はピンと来るものに出会えていないし、タイミングや条件などがどれも何かしら合わないから、神様が今はまだその時ではないと言っている気がするそうだ。

とりあえず、次回北海道に行く際には、基本どこかに泊まるベースでオープンカー旅をすることにして、今回トレーラーの購入は見送ることにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました