シンガポールのデンプシーヒルは高級車のオンパレード

dawnブログ

現在住んでいるシンガポールでは、2020年6月19日の金曜日から外出制限が解かれ、モールやショップが再開した。

そんなこの週末に、我々はシンガポールでおしゃれエリアとして知られているデンプシーヒルと呼ばれる場所に出かけてみたのだが、

その駐車場は、さながら高級車の展示会といった雰囲気だった。

日本でいうならば、濃い車が集まるという意味では代官山のTSUTAYAの雰囲気に近いかもしれないが、シンガポールのセレブは桁が違うため、

日本ではあまり見かけないロールスロイスのドーンが駐まっていたり、ベントレーがいたり、、、

我が愛車のディフェンダー仲間も複数いたりとなかなか見応えがあった。

まずはドーン。

dawn

白に赤幌、メッキのホイールに別格のオーラが出ていた。

そしてベントレーのベンテイガ。

こちらは紺色で落ち着いていたせいもあり、周りから浮くほどの別格感は感じなかったのだが、それでもシンガポールでは1億円クラスの超高級車だ。

よく両脇に車がいるスペースに普通に駐車出来るものだと思ってしまう。

自分だったらドアパンチを恐れて、遠くても両脇に誰も駐めに来ないような、空いた場所を選んでしまうと思うのだが、、、。

そしてレンジローバー。

べラールにレンジスポーツ。

ベラール

ディスカバリー4とフライングスパー。

そして、ディフェンダーも2台。

これはたしかどこかの限定車だった気がするが思い出せない。。。

こちらは後部座席に窓のないハードトップタイプ。

気付けば英国車ばかりを写真に撮っていたけれど、その他にも、レクサス、ベンツ、ランボルギーニ、ポルシェと、この空間だけで下手をしたら10億円いくんじゃないかというぐらいの高級車が集まっていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました