フロントガラスにこびりついた油膜と水垢を自分で取ってみた

ボルボC70

洗車だけではどうしても付着して、取れなくなるのがフロントガラスの油膜と水垢だ。

それでも自分が日本にいれば、しょっ中洗って綺麗にしておくことができるのだが、

昨年の1年と数ヶ月の間、家族で日本の家をあけてしまったために、外に置きっぱなしにしていたボルボC70。

今年の春に戻ってきてから、どうもフロントガラスの汚れが気になる。

洗っても、窓ガラスを拭いても一向に改善されず、むしろどんどん視界が悪くなっていく。

特に夜間や雨天の運転時に危険なので、油膜と水垢を掃除することにした。

まずはカー用品店で油膜取りを購入したのだが、びっくりする程効果がなかった。

続いて台所の洗剤で試してみると、、、

油膜は取れたような気がする。

ただ、水垢がこびりついていて取れないため、100均で買ったコチラのクリームクレンザーを持ってきた。

通常ならガラスが傷つく恐れのある研磨剤は避けるべきだが、こびりついている水垢が何しろ大量だったために試してみることにした。

最初は端の部分で試してみると、傷はつかずに水垢が薄くなったため、全体的に塗ってみた。

最初と比較すると随分と綺麗になったのがわかる。

Before
After

これでも完璧には落ち切っていないが、ここまで落ちた後に全体的に研磨剤をかけるのはリスクがあるため、

ここからは特に気になる部分だけを慎重に磨く必要がある。

研磨剤の入っていない水垢取りも売っているそうなので、そちらで試してみるか、、、

ただ、傷がつかないように取り切る無難な方法は、やはりプロに依頼するのが良いそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました