2018~2019 年越東北車中泊旅 9 川渡り温泉共同浴場

2018.12.30

朝5.30起床。気温氷点下1度。

除雪車と雪かきのスコップの音で目が覚めた。

夜の間に降った雪が、車にも1~2cm積もっていた。

寝ている間に車中泊組みが一台来ていた。

身支度を整え、すぐ目の前のコンビニで朝ごはんを調達していると、夜が明け始めていた。

朝ごはんを食べてから、前の晩に探しておいた温泉へ向かった。

鳴子温泉手前にある、川渡り温泉の共同風呂だ。

共同風呂は町中にあり、公民館に車を停めて2.3分歩く。

車から降りた瞬間に硫黄臭がしていた。

冬になると雪の降る場所をつい目指してしまうから、ツルツルの道を歩くのも大分と慣れた気がする。

共同風呂は木造の古い建物で、雪の舞う寒い日に脱衣所は寒く、床は冷たかった。

入浴料は1人200円。

中は内湯のみで狭いのだが、時刻は早朝の7時前。先客が2人いたくらいで空いていた。

湯は貯湯式の塩化物泉掛け流し。

鶯色で白い湯の花が浮いていた。

硫黄の匂いが堪らなく良かった。

源泉温度は54度と熱く、足が慣れたら腰、腰が慣れたら肩までと段階を踏んで入る必要がある。

肌感覚では44度くらいに感じた。

泉質がとにかく良くて、あつ湯派には堪らない温泉だった。

体はポカポカになるし、是非また来たい。

朝風呂を満喫し、7時半過ぎに肘折温泉へ向けて出発した。

国道47号線は鳴子温泉通り過ぎて新庄へ抜ける道で、奥の細道湯けむりラインという鉄道が並走していた。

標高が上がったのか、気温は氷点下4度になった。

道には新雪が積もっているが、その下にある氷でタイヤがツルツルと滑った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました