2018~2019 年越東北車中泊旅 3 大寒波の日本海と田沢湖

2018.12.28

朝4時半に目が覚めた。

ごうごうと吹き荒れる風で車体が揺れ、ヒョウが屋根を叩き、雪国お決まりの除雪車の音のせいだった。

道の駅自体は静かだったのだが、、、。

夜が明けるだいぶん前だったから、辺りはまだ夜中のようだった。

車中泊なのかはわからなかったが、車は数台、トラックは5台くらい停まっていた。

近くのコンビニで朝ごはんを買い込み、6時に出発した。

この日の日の出時刻は6時56分。
未だ真っ暗な国道7号を北上する。

前日の夜に車内で行きたい場所をピックアップして旅程を決めた。

まず目指す目的地は秋田の水沢温泉だ。

街道沿いの住宅街では、朝早くから降り続く雪の中で雪掻きをする住人の姿があった。

気温は氷点下1度。
ニュースではしきりに年末大寒波の到来を報じていた。

強風だが雪はそれ程でもなかった。
これから酷くなるのだろうか。

日本海に出ると、強風に満潮が重なったのか、一面に荒れ狂う白波が立っていた。

龍の髭という言葉が脳裏に浮かんだ。

あまりに真っ白で、まるで海の中に雪がつもっているみたいにも見える。

目を凝らすと荒波のうねりが見えてきて、そのまま吸い込まれてしまいそうな大迫力だ。

荒波によって海面に泡が立っていて、それが時折道路に飛んできていた。

大寒波大寒波というわりに、気温は2度と決して低くはなかった。

山形へ入り、鶴岡から高速に乗って酒田を目指す。

夜は明けていたが薄暗かった。

あまりの風の強さに、飛んでいるカラスが風に煽られ、何度も軌道修正しながら飛び続けていた。

酒田でホワイトアウトに見舞われた。

対向車が直前まで見えない。

日本海東北道から秋田道に抜け、協和へ。

晴れてきて、白い雪に陽射しが反射して眩しかった。

協和道の駅で休憩し、お土産を買った。

国道46号で角館を通り過ぎ、田沢湖方面へ。

気温は氷点下4度になったが、やはり雪は少ないように見えた。

田沢湖に立ち寄ってみると、水が透明で、その綺麗さに驚いた。

日本一深いだけあり、少し先から急に底が見えなくなっている場所もあった。

土産物屋などは閉まっていたが、湖畔を一周してから温泉へ向かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました