ボルボC70で4月初旬の箱根ドライブ:黒たまごとの再会

ボルボC70

前回の記事に引き続き、これまた時間が空いてしまったが、4月初旬に久しぶりに箱根へドライブに行ってきた。

日本にいれば、フラッと土曜の早朝にドライブに出掛け、お昼には自宅に戻ってくる、我が家の定番のドライブコースだ。

この日の相棒はボロさんことボルボC70。

最近ボロさに磨きがかかり、エンジンが掛かりずらくもなっているし、後どのくらい走ってくれるのか微妙なところだ。

雨が降り、霧がかかる中、道志道から山中湖を通って箱根へ向かった。

所々にはまだ桜が残っていた。

霧掛かった箱根の幻想的な風景は、まるで絵画のようだと思う。

この日の目的は大涌谷の黒たまご。

一時期大涌谷への立ち入りが禁止されていて、再開されてから一度訪れているのだが、

しばらく日本にいなかったため現在どのような状況になっているのかわからなかった。

インターネットで調べてみても特に何も記載がなかったため向かってみると、

今は普通に立ち入りが出来るようになっていた。

山肌から煙がもくもくと上がっているのを見ると、つい窓を開けて硫黄の匂いを嗅ぎたくなってしまう。

大涌谷に到着したのは昼過ぎだったが、標高が高いのと、雨天のために意外と寒かった。

最後に訪れた時にはまだ動いていなかったロープウェイも再開していた。

ただ、やはりまだ、散策路には立ち入れないようだった。

車をとめて、待望の黒たまごを食べに向かった。

食べると7年寿命が延びるというが、今まで何度食べたかわからないので、ゆうに100歳は超えているだろうか。

塩をつけて食べるが、そのまま食べても独特の味なのか香りなのかが薄らとついていて美味しいと思う。

黒たまごの後はじゃがベーを食べたが、まわりはサクッと、中はホクホクでとても美味しい。

今回も、目当てのものを食べた後はすぐに出発して、ノンストップで自宅へトンボ帰りだ。

帰り道で箱根登山鉄道が走っていた。

2020年の7月に全線で再開していたようだ。

今は新型コロナによる3回目の緊急事態宣言となり、東京都から出るなというお達しが出ているために行けなくなってしまったが、

我が家のように都の外れに住んでいる者としては、逆に23区には行かないのに、、、と思う今日この頃。

ドライブやツーリングで自然の中に行って帰ってくるだけなのだし、

マスク着用、人との距離を取るなど感染対策をしているのだし、

早く近場くらいには出掛けられる世の中が戻ってきて欲しいものだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました