真夏のキャンプ&車中泊 5 雲海の朝陽

ディフェンダー2019真夏のキャンプ&車中泊

雲海の朝陽

せっかく山の上で車中泊をしたのだからと、朝は日の出前の4時半に起き出した。

身支度を整えていると空が明るさを増してきて、曇った車窓の隙間から雲海が広がっているのが見えた。

こみあげてくる興奮を抑えつつ、車をより景色の良い場所に停め直してから外に出ると、

目の前には、朝陽に紅く照らされた雲の大海原が広がっていた。

ディフェンダー

初めてみる絶景だった。

雲が金色に縁取られ、

ついには朝陽が雲の上へと顔を出し、

我々のいる展望台を真横から照らしつけた。

目の前の絶景をじっと堪能していたいのだが、とにかくアブがすごい。

こどらは朝から展望台を走り回り、アブを避けていた。

逃げながらもパシャパシャと忙しなく写真を撮っていたから、とても優雅な朝の光景とはいえなかったのだが、、、

それでも良い写真は撮れたと思う。

車を先に進ませると、山道の車窓に広がるのもまた雲海だった。

トイレはないがすぐ先にも別の展望台があり、こちらでも何台かの車が車中泊をしているようだった。

我々も車を停めてみたが、ガードレールがない分こちらからの景色の方がより絶景だった。

ディフェンダー

朝の空気はひんやりと涼しくて、聞こえてくるのは鶯の囀り、、、

と、アブの羽音だった。

絶景なのだがとにかくアブが凄い。

ここには遊歩道があるので登ってみたのだが、熊注意の看板と押し寄せるアブたちのせいで、写真を数枚撮っただけで引き上げた。

ディフェンダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました