房総へ出掛けてみたものの 2

外房から内房へは、真ん中を突っ切れば早いのだが、せっかくなので海沿いをくるっと回ることにした。

九十九里へ南下する。

確か去年だったか、九十九里にはハマグリを買いに来たことがある。

砂浜に降りることが出来たので行ってみた。

ゴミが散乱し、異臭を放っていたため早々に引き上げる。

九十九里ビーチラインという生活道路を進む。

お昼は蓮沼の道の駅に出ていたスタンドで、コーヒーとケバブを食べた。

イワシ丼が有名なので寄ってみたのだが、テレビ放映があったようで大混雑していた。

夜海鮮丼を食べる予定だったから、お昼は違うものがいいけどね、と話していたため、結果的には正解だった。

辛口のタレが香ばしく焼けた豚肉に合っていた。

再び内房を目指して出発。

県道30号に出た。
ここは焼き浜街道と言われてるらしい。

前にハマグリを買いに来たお店の傍を通る。

九十九里有料道路は閉鎖されていた。
津波のための嵩増し工事中だそうだ。

九十九里は南国っぽい雰囲気も出ていて、街道沿いにはアメリカンなログハウスが並び、レストランや洋服、サーフィングッズを売る店舗などが入っている。

海沿いを、勝浦、鴨川、館山と通り抜ける。

南房総の海辺は陽射しが温かい。

陽が徐々に傾き始める。

途中からこどらに運転を代わり、道の駅とみやまに到着。

この道の駅、ハイウェイオアシスになっていて、美味しい海鮮が食べられると本でみつけた。

夕暮れ時の四時半。

ここで作戦会議だ。

今日の目的地には到着した。

食堂は6時に閉まってしまうし、千葉は値段が高いため温泉には寄らずに来た。

車中泊の準備もしてある。

ここで寝るならお酒を飲むし、帰るなら飲まない。

さてどうするか。

旅の途中の立ち寄り地ならいいのだが、目的地として車中泊するにはなんだか寂しい。

ここで一泊するとしても、今からどこかへ移動するにしても、良い目的地が見当たらなかった。

地図を開いても、一番近いのは我が家。

一度帰り、明日は自宅から出直すか。

ということで、ここでは海鮮を食べて帰ることにした。

海鮮丼と刺身定食。
どちらも1500円弱。

サザエはコリコリ、厚めに切られたお刺身はプリプリだった。

これは美味しい。

食事の後、車に戻ると丁度綺麗な夕焼けが。

時間もまだ5時だったため、少し寄り道して温泉に寄って行くことにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました