2度目のカンカン焼き(蛤・花咲蟹)と燻製(卵・チーズ)を自宅で

ブログ

まだまだ梅雨に入らない関東のとある週末。

2度目のカンカン焼きと燻製をすることにした。

※最初の話はコチラ↓↓↓

自宅でカンカン焼きと車中泊でステイホームを楽しむ
新型コロナの変異種により更なるステイホームが叫ばれているこの週末。車中泊に出かけたいけど行きずらい、、、仕方がないから自宅でカンカン焼き(ガンガン焼き)をすることにした。自宅でカンカン焼きカンカン焼きともガ...
自宅で燻製作りに初挑戦:おうち生活を楽しむ
この土日は晴れの週末。土曜日には自宅のウッドデッキで、前から一度試してみたかった燻製作りに挑戦した。実は前々から燻製器をみかける度に、こどらが欲しがっていたのだが、燻製作りというものがどんな感じなのかわからなかったため、買...

材料の調達

今回のカンカン焼きは、いつもの魚屋で材料を見繕った結果、

  • 花咲蟹
  • ハマグリ
  • 北海アサリ(北海道のアサリで大きい)
  • ながらみ(九十九里の貝)

の4種類に絞ることにした。

今回はハマグリの汁を飲みたかったため、牡蠣やホタテなど、殻に汚れが付いているものはやめておいた。

また、花咲蟹というのは、前々から一度食べてみたいと思っていたので、たまたま見掛けて買ってみることにした。

一方、今回の燻製は、前回同様、事前に液につけておく時間はなかったため、、、

  • ゆで卵
  • チーズ(種類はカマンベール)

と、前回と全く同じ材料をチョイスした。

2度目の燻製

まずは時間のかかる燻製からスタート。

今回のポイントは下記。

  • 前回は香りがイマイチ好みではなかったため、今回は桜のみで作ることにした
  • 前回はチップに十分火がついておらず煙が少なかったため、今回はしっかり焼いてみた
  • チーズをクッキングペーパーの上に置いたら化学的な味がしたため、今回はアルミホイルで

するとすぐに、前回とは全く違って、少し心配になるくらいにモクモクの煙が上がり始めた。

明らかに前回とは煙の量が違う

1時間も経たずにこの通り。

前回と同じようにしっかりと燻製された卵。

塩をふって食べたが、桜のみに絞ったのは正解で、こちらの方が好きな味だった。

そして今回のチーズは、プロセスチーズではない普通のものを燻製にしてしまったせいで、、、

まるで溶けた巨人兵のようなものが出来上がった。

溶けた巨人兵?

でも味はスモーキーでなかなか美味しかったのだが、欲を言えばプロセスチーズの方が好きだ。

2度目のカンカン焼き

こちらは燻製の後に調理を開始して、燻製を待つ間に食べることができる。

まずはタワシで材料をきれいに洗って、大きめの鍋に投入する。

今回は、貝汁が飲みたかったため、蟹と貝類は別の鍋に入れた。

日本酒を注ぎ、蓋をして火にかけること20分。

いざ、実食だ。

まずは貝から。

ハマグリは甘くてプリプリ、アサリは大きくて味がしっかりしている。

ハマグリと北海アサリ

お好みで醤油を垂らして。

固くなったり、乾いたりしない分、焼きよりもカンカン焼きの方が美味しい気がする。

ながらみは初めて食べたのだが、サザエをもっと食べやすくしたような味なのだが、砂なのかジャリジャリするのが気になった。

右がながらみ
右がながらみ

待望の貝汁には三つ葉を乗せて。

塩も何も入れていないのだが、日本酒と貝の出汁だけでめちゃくちゃ美味しい。

続いて初体験の花咲蟹だ。

茹で上がるとこんなに真っ赤で綺麗な色をしていた。

見るからにトゲトゲで痛いので、片手に軍手をはめて、キッチンバサミでカットして食べたのだが、殻は意外に柔らかかった。

身はホクホクというかふわふわなのだが、、、実は、魚屋で「塩茹でに最適」と書いてあったのが頭にあり、結構な量の塩を入れて茹でてしまったため、、、

塩の味しかせず、塩辛かった。。。

今度は塩なしでリベンジして、ちゃんと味わいたいと思う。

ところでこの花咲蟹、蟹味噌も少しついていたのだが、味が微妙、、、

前回の栗毛蟹の方が味噌は美味しかった。

とはいえ初めて食べることが出来たので大満足。

明るいうちからデッキでカンカン焼き、なかなか贅沢な一時だ。

この日の夕焼けは綺麗な桃色をしていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました