キャンピングトレーラーを千葉に見に行ってきた~Adriaのadora

ブログ

Adriaのadora

2019年7月某日、国際展示場で行われたキャンピングカーショーへ向かった。

梅雨の時期で、空には厚い雲ががかかっていた。

この日は駅の真横にある、展示場としては比較的小さな建物で開催されたため駐車場はなく、有料の臨時駐車場に車を停めた。

相棒は我が家のボロさんことボルボc70。

駐車場からは徒歩で展示会場へ向かう。

10時からのところを11時に入場すると、場内は既に沢山の人で賑わっていた。

我々の目当てはAdriaのadoraというキャンピングトレーラー。

、、、だったのだが、、、

なんと、出展されていないではないか。

実は出展情報は開催者側が事前の情報を元にホームページにあげているが、出展者側の都合で変わることがあり得る、ということだった。

目当てのトレーラーは千葉の営業所にあると言う。

入場して僅か10分あまりで退場することになった。

目当てのものがある人は、事前に出展者に確認してから行きましょう。。。

気を取り直して千葉へ向かう。

Adriaはデルタリンクという総代理店が扱っていて、千葉北ICを降りてすぐの場所にあった。

念願のadoraとご対面。

見た目はすっきりしていて悪くない。

早速、車中を拝見。

入って右に、噂のワイドウィンドーとパノラマルーフがあり、その下がリビングスペース。

明るくて良い感じだ。

正面にはキッチン。

左手にベッドがあり、キッチンとの間仕切りもある。

個人的には明るくて開放感のあるこの感じに惹かれたのだが、こどらは前に見たhobbyの方が良いという。

鶴ヶ島にトレーラーを見に行った:HOBBY

ということで、比べてみた。

hobbyとadoraの比較

見た目

どちらも大差なし

内装

hobbyには高級感がある。空間も広く感じる。

adoraには大きな窓がある。ただしパノラマルーフの窓はクリアではなく、日よけのためかグレーのドット柄の薄い模様がついていて、想像とは違っていた。

キッチン

hobbyのキッチンは広く、窓からも離れているためパスタくらいなら問題なく作れるらしい。

adoraのキッチンは狭く、大きな鍋やフライパンを使うと耐熱ガラスが割れることがあるため、なるべく使わないか、小さな鍋で温める程度を勧められた。

冷蔵庫

hobbyは走っている間に冷蔵庫は普通に冷えるらしい。

adoraの冷蔵庫は、正直アイスボックスだと思ってください、と言われた。

値段

hobbyは高級な分高い、と言われたのだが、adoraは大きなサイズしかなく一番小さくても7m弱。

同じサイズで比べたとしても差はそこまでなかった。

果たして結論は!?

個人的には明るくて開放感のある窓が売りのadoraに惹かれていたのだが、

「それならadoraと同じサイズのhobbyの中に、リビングスペースの三面が窓になってるタイプがあるよ?」

とこどら。

うーむ、、、たしかに、、、。

もう一度hobbyで別のタイプを見てみる必要がありそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました