スーパーセブンを借りて都内をドライブ:クラッシックカーのレンタル

東京都内(D)

久しぶりの梅雨の晴れ間に、有楽町でクラックカーをレンタルすることを思いついた。

オープンカーがいいねと話していたら、前から一度乗ってみたかったスーパーセブンがあった。

レプリカではあるが、世界一シンプルな元祖スポーツカー。

三時間7000円ちょい。

他にエリーゼ、

フェアレディZもあった。

早速乗り込む。

扉はないためまたいで乗り込む。

座り心地は求めてはいけない。

隣でよくわからないままついてきたこどらが、

「荷物置くとこないよ?」

「飲み物は手に持ったまま?」

と驚きの声をあげているが、放っておく。

地上に出るとさすがの開放感だ。

走ると地面に近いため、スピード感がすごい。

後輪近くに座る独特の運転感覚、ハンドルを切るとタイヤの向きが分かるサイクルフェンダー。

マフラーがボディ横に露出しているため、音がバイクのようにダイレクトに聞こえる。

なにしろ車体が低くてボディが小さいから、他の車の死角に入り、踏みつぶされないか心配になる。

メンテが悪いのか、シフトチェンジするとバキッと音がした。

直射日光がジリジリと肌を焼き、風の巻き上げで髪が巻き上がる。

目に異物が飛んできそうだ。

周りからの注目を浴びて恥ずかしかった。

信号で止まると写真を撮られた。

レインボーブリッジを渡ってお台場へいき、その後銀座を通って皇居を一周した。

運転の感想は、まさにスポーツそのもので、ハンドルがクイックで面白かった。

スポーツカーとは、乗っている人がスポーツをしているような感覚だから、その名がついたのか。

車を降りると、バイクに乗っていたかのような疲労感があった。

※追記:有楽町のタイムズで借りたのだが、2020年12月でレンタカー業務は終了になっていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました