2018秋の北海道オープンカーの旅 2 苫小牧入港

2018秋の北海道オープンカーの旅

2018.9.16

朝5時に目が覚めると、夜が開け始めていた。

綺麗な朝陽が海と雲を照らしていた。

デッキに出ると波が立ち、風は少しおさまっていた。肌寒さもない。

夜中にはかなり揺れ、ミシミシと軋む音がしていたが、割と快適に眠れた。

6時半に大浴場に行った。

海を見ながら入れるし、想像していたよりはるかに良かった。

部屋に戻ると陽が昇り、空が銀色に輝いていた。

朝食は7時半からバイキング形式。

オープン直前に行くと、既に数人並んで待っていたが、海側の席に座ることが出来た。

品数が多く、朝食は良かった。

北海道のものなのか、牛乳が甘くて美味しかった。

食後に展望台に出ると、風が強くて陽射しが眩しかった。

部屋のデッキに戻り、椅子を倒して寛いだ。

頭上には空、目の前には海。

船のエンジン音と波のザーッという音だけが聞こえる。

12時には軽食が出た。

キーマカレーとジャージャー麺だった。

レストランで受け取り、部屋のデッキで食べた。

食事のあと2時間くらいで苫小牧に着く。

もう少し短いと飽きずにちょうど良いが、旅の前に疲れを取るには充分な長さだった。

13時10分に苫小牧港に到着。

到着して暫くしてから下船になったから、定刻着だったのだが、実際に下船したのは13時半頃だった。

早速クーラントの警告灯がつき、クーラント液を補充した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました