ディフェンダーのガレージハウス

ガレージハウス

うちのガレージハウスにはディフェンダーを収容するため、ガレージの天井が高い。

バイクも入れることを考えて、横幅もある。

広い土地ではないため、必然的に人間のいるスペースが狭くなる。

一般的な家の概念とは掛け離れているため、こどらは時折、

やっぱり人間のスペース狭すぎじゃない?
まぁ、ガレージハウスだから仕方ないけど。

と、自問自答を繰り返している。

とはいえ、リビングやウッドデッキからガラス越しに見るガレージは、最高にかっこいい。

土地やお金が沢山あれば別だが、我々一般人は限られた条件の中で、優先順位をつけつつ、自分の理想の家をつくる。

ガラスや窓が入ると、より家としてのイメージが湧いてくる。

南向の家なので、明るい家にしたかったのだが、出来て見ると窓の大きさや位置のせいか、意外と暗い。

3Dにならないとわからない、というより、建ててみないとわからないものらしい。

窓はなるべく大きく、高い位置につけるべし、ということを学んだ。

床は思うような色や素材が見つからず、結局パイン材の塗装にしたのだが、いくつかサンプルを取り寄せてもらい、現地で色を選んだ。

グレーなのだが、やっとイメージに近い色が見つかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました