豊橋まで

8月某日、豊橋に向かった。

ディフェンダーにヒーターをつけるためだ。

今回は打ち合わせ。

久しぶりに新東名に乗った。

スピードの出ないディフェンダーで、何もない真っ直ぐな道をのんびりと進むのはもどかしい。

新東名は夜中のSAでは大したものは食べられないし、ディフェンダーでの旅は東名に軍配だ。

静岡SAで車中泊。

蒸し暑かった。

朝は外のベンチで地物を。

豊橋には路面電車が通っていた。

打ち合わせの後、昼食を食べてから帰ることにした。

前日の車中泊で蒸し暑くてあまり眠ることのできなかったこどらは、打ち合わせの間ぼーっとしていたくせに、名古屋といえば喫茶店なのだと、ちゃっかり近くの喫茶店を検索していた。

日付変更線という、古くてレトロな喫茶店。

スープオムレツとグラタンを頼んだが、どちらも美味しかった。

帰りは下道でミカンの木の立ち並ぶ街道を抜け、浜名湖へ。

祭による通行止めがあって、遠回りをすることになってしまった。

高速に乗ると御殿場から先が渋滞とのこと。
富士川で早めの夕食をとった。
いつ食べても安定の美味しさだ。

案の定、御殿場の手前から東京インターまで連続して渋滞だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました