2014夏 北海道旅行記30(完)〜3500キロの旅の終わり

2014夏 北海道旅行記

★2014/9/21 朝

朝7時に起床。晴天。

HS-LS8.jpg

岩手山SAで朝食を取った。

ついに美味しい東北米が味わえるかと期待したのだが、意外に普通だった。

HS-LS7.jpg

高速道路をひた走り、帰路に就いた。

旅の帰路の車窓は、岩手では緑の山が見渡せ、宮城では黄金色の田んぼが広がっていた。

気温は26度と高く、風は爽やかだった。

東北ではまだ夏の名残りの、緑の清々しい匂いがした。

あまりにのどかで快適な走りのため、こどらはすっかり助手席で眠りについていた。

つられて眠気を感じたため、PAで休憩して、眠気冷ましのコーヒーと、牛乳ソフトを購入。

ミルキーみたいで美味しかった。

ここで給油。燃費9.85km/L。

うーん、6速になったとはいえ、高速だとどうしても燃費が落ちる。

お昼は国見SAで牛タン定食1700円と、牛タンシチュー1500円を食べた。

我々が宮城近辺を通ると、必ず牛タンを食べてしまう。

HS-LS2.jpg
HS-LS10.jpg

ここで自衛隊の軍用車に遭遇。並ぶとディフェンダーが小さく見える。

HS-LS9.jpg

福島のトマトときゅうりを買い、出発したものの、食後のドライブは特に眠くなるものだ。

すぐにPAに入り、仮眠を取ることにした。

南下に従って気温が上がり、いつの間にやら28度になっていたから、30分程で暑さのために目が覚めてしまった。

途中の那須高原SAでは栃木県警のZとNSXが展示されていた。

やっぱりNSXはかっこいい!

HS-LS11.jpg

SAの混み合い方で、関東に戻ってきたことを感じる。

高速道路の車量もここから一気に増え、ところどころで渋滞も発生し始めた。

道の脇ではつくつくぼうしが鳴いていて、夏の終わりに舞い戻って来ているのを感じた。

最近の高速のSAは面白い。

いつの間にやら埼玉に小江戸の町が出来ていた。

HS-LS3.jpg
HS-LS4.jpg

渋滞に巻き込まれ、結局東京の自宅についたのは18時だった。

夕飯の買い物に出直すのも億劫だったため、帰路で購入した食材で夕飯を作った。

青森のにんにくはほくほくで瑞々しく、福島の野菜は新鮮だった。

北海道から持ち帰った流氷ドラフトとともに。

HS-LS5.jpg
HS-LS6.jpg

今回の旅ではトータルで3500キロ程度を走った。

ディフェンダーでの車中泊は車内も広いしベッド下に収納スペースを作ることで荷物もたくさん積み込める。

なかなか快適な旅だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました