VOLVO/ボルボC70のタイヤを交換した

ブログ

我が家のボロさんことボルボC70、1年数ヶ月ぶりに日本に帰国したらボロさに磨きがかかっていて、早速幌を修理したのだが、、、

久しぶりの自宅でボルボC70:そろそろ限界か!?
3月某日にシンガポールから日本へ引き揚げてきた。シンガポールでは国内感染はゼロの日が多く(海外からの入国者が強制隔離中に陽性になるケースはある)、もはや新型コロナは流行っていなかった。(念のために書いておくと、我々は帰国便...
ボロさんことVOLVO/ボルボC70の幌を修理した
一年数ヶ月ぶりに日本に戻ってきたら、大変なことになっていた我が家のボロさんことボルボC70。親がしてくれていた応急処置がこの状態だったのだが、つっかえ棒で剥がれた幌を支えているためこれだと幌を開けてオープンには出来ない。...

タイヤもボロボロ。

このままではいつバーストするかもわからないし、高速を走るのも危ないため、タイヤを買い換えることにした。

ネットで調べてみると、値段が高かったり、在庫がなかったりしてなかなか良いものが見つからなかった。

サイズがメジャーではないこと(225/45/17)と、高いタイヤを買っても車本体がいつまでもつかわからないという不安もあった。

そんなこんなでようやく見つけたのがピレリのP7 EVO。

近くのイエローハットに在庫があったため替えてもらった。

工賃や古いタイヤの廃棄代など含めて62,880円。

古いタイヤ
ひび割れだけじゃなく溝もなくなっている
ピレリP7 EVO

これで高速走行もできるようになった。

一般道を走る限りは滑らかになったような気がしたのだが、実際に高速を走ってみると、どっしりとした安定感はあまり感じられず、なんだか直進安定性がよくないような気がした。

単に皮むきが終わっていないせいなのか、慣れの問題だろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました