2019 年末東北温泉旅 14〜元旦 (完)

ディフェンダー2019年末東北温泉旅

2020年元旦 道の駅さかえ

雪国車中泊あるあるで、朝7時に除雪車の音で目が覚めた。

深い雪でもないのに、元旦の早朝から除雪をするご苦労に頭が下がる。

身支度を整えて外に出ると、我々の他に3台いた車の2台が既にいなくなっていた。

天気予報は雨か雪予測だったから、2020年の初日の出は諦めていたのだが、穏やかに晴れていた。

愛車には、二年越しで降った雪が積もり、結晶になっていた。

気温は氷点下2度だったが、雪に囲まれているせいか寒くは感じない。

ピリッとした空気が爽やかな朝だった。

結局大寒波はこなかったようだ。

関東では31日に20度に達したというし、雪国に雪がほとんどない異常気象は怖い気がする。

地球温暖化が加速しているのだろう。

長野路

身支度を整えて出発する。

雪に覆われた白い木々が綺麗で、山の低い位置に雲が掛かっていた。

雪が作り上げるモノクロの世界が里山を覆っていた。

街道から離れて信濃川沿いを走り、野沢温泉へ。

今回は通り過ぎただけだったが、このあたりで千曲川沿いを通ることになる。

この広い河川敷を越えて水量が溢れたとは到底想像がつかなかった。

ここも台風の時には全てが川に流されたのだろうか。

元旦の朝はコンビニ朝ご飯で済ませ、給油をしてから諏訪に向かった。

青森に次いで長野もりんご大国。

この時期のりんごの木には上に向かって葉が伸びていた。

天気が良く、穏やかに晴れていた。

ビーナスラインからは綺麗に初富士を眺めることが出来た。

2020年元旦の行程

この日の行程はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました