レンタカーで富士山一周してみた

富士山(D)

久しぶりに休みの取れた連休に、車が二台とも使えなかった我々。

有休を取った4連休の初日、金曜は愛車のレッカー騒ぎで夕方になった。

土日はこどら両親宅へ電車旅をしてきたものの、何だか物足りない。

せっかく休みが取れたのなら、やっぱり自然の中に行きたいのだ。

ということで、最終日の月曜日には、修理の間借りているレンタカーで、富士山ドライブに出かけることにした。

レンタカーはアクア。

アクアユーザーには申し訳ないんだけど、1時間乗っていると身体が痛くなるから心配ではあった。

でもまぁ、自然の中に行きたいし、いざ出発!

酷暑だから水分補給も忘れずに。

9時過ぎに出た割には、久しぶりの東名は普通に流れていた。

いつもは風が涼しくなるはずの山間に来ても、35度、、、

流石に御殿場で降りて山へ登っていくと涼しくなってきた。

気温は26度。

蒸してはいるが草木の香りも心地良いし、

やっぱりドライブは楽しい。

(のだが、、、案の定、しばらく前から腰が痛い、、、。助手席のこどらは 足の付け根が痛い と言っていた。)

水が塚の駐車場は有料になっていて、なんと1000円もするため、その先の駐車場で休憩することにした。

この日の富士山はガスっていたのだが、駐車場からはよく見えた。

雪もなく、緑もないように見えて、いつもの優美な姿ではなく、なんだがとても荒々しく見えた。

トゥルルルルという澄んだ鳥のさえずりや、ヒグラシの鳴き声が聞こえる他は静かで、草木の香りに癒される。

涼しいとまでは行かないが、ムワッとした暑さは流石になかった。

駐車場を後にしようと出口に差し掛かると、熊注意の看板があって驚いた。

こんな場所にまで熊が、、、。

とは言っても充分山の中か、、、。

再び車を走らせると、霧の中に入った。

気温は23度にまで下がったが、湿気は凄い。

今まで澄んで聞こえてきていたヒグラシの鳴き声が、霧に反響して不気味に響いていた。

お昼前に朝霧高原の道の駅に着いた。

ここまでの道のりは順調だったが、朝霧高原は混雑していて、第一駐車場には車を停めることが出来なかった。

フードパークの方へ行くと、朝霧高原のチーズを使った美味しそうな出店が出ていた。

お昼時間だったし、バターチキンカレーとピザを頼んでベンチで食べた。

食後にはやっぱりこれ。

朝霧高原の牛乳ソフト。

必ず食べるからもはや定番の味ながら、何度食べても濃厚で美味しい。

世間は三連休の最終日。
帰りに渋滞にはまらないためにはあまりノンビリもしていられない。

本栖湖へ向かい、湖の周りを一周した。

いつ来ても木漏れ日がキラキラと輝いている、富士五湖の中で我々が一番好きな湖だ。

キャンプ場と反対側はウィンドサーファーだらけで、車道が路駐の車で2/3塞がれているのはいつものことだが。

270度周ると見えてくる富士山も良い。

朝霧高原は曇っていたのだが本栖湖は晴れていて、爽やかな風で涼しく感じたのだが、気温は29度だった。

一周したあとは山中湖へ向かう。

湖畔を抜けて道志道で帰る、いつものドライブコースだ。

道志の道の駅は普段より車もバイクも少なかったが、既に帰路についているのか渋滞が続いていたが、

抜け道を通って帰った。

やっぱり自然に触れるドライブは癒されるし、楽しいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました