狭い道での譲り合い

ブログ

初めて通る狭い道。

すれ違いが出来ない程の狭さなのだが対向車が来てしまった。

こちらは山から狭い道を下ってきてようやく視界が開けたところで、

避けるには人の畑に分け入らなければならなかった。

地元の人らしき対向車は軽トラの老人。

何やら手招きするような合図を送ってきたからとりあえず近づいた。

近づきつつも、こちらはこちらで避ける場所がないかを探していたら、

対向車がバックして、脇の道に避けてくれた。

手で挨拶して脇をすり抜けようとすると

「バックも出来ないくせに来るんじゃねーよ、ボケ‼️」

と暴言が飛んできて、、、唖然、、、。

いや、、、避けられる方が避けるのがマナーの筈では⁉️

我々、結構狭い道を行くことがあり、これまでも日本全国各地の狭い道で沢山の対向車とすれ違ってきた。

こちらが避けることもあれば、対向車が避けてくれるときもあり、

お互いに譲り合い、挨拶しあってすれ違ってきた。

対向車に罵声を浴びせられたのは、これが初めてのことだった。

だったら下がるなよ、こちらは必要ならどこまでもバックで下がれるからさ、

と言いかけたが、

下らない争いはするだけ無駄と思い直してやめておいた。

車を運転する以上、マナーを守り、常に平常心を保って運転したいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました