海外のビールには注意が必要

ブログ

日本の水道は安全だ。

ホテルやたとえ古いような雑居ビルであったとしても、水道水でお腹を壊すことは普通であればないだろう。

先日、出張先の西アフリカのガーナでビールを飲んだ。

瓶ビール。

グラスだと、洗った後の水滴に何がついているかわからないし、

そもそもビール自体、かさを増すために別の何かを混ぜて出される場合もあり得るし、瓶ビールが一番安心だ。

氷入りの飲み物は避ける。

ビールのグラスに氷が入って出てくる場合もあるが、その時には氷を捨ててグラスだけを使うに限る。

水はペットボトルのキャップが開かれていないことを確認してから、なるべく口をつけないように、口の中に水をうまく流し込みながら飲む。

歯磨きのうがいも、ペットボトルの水でするのが一番安心。

地域にもよるが、生野菜や水で洗って出されるカットフルーツでもお腹を壊す場合があるため、ホテル以外では避けた方が無難だ。

自分の身は自分で守るもので、自己責任。
信頼できるか否かは自分の目で確かめる必要がある。

東南アジア、中南米、アフリカなどでは、口に入れるものには注意が必要だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました