2017真夏の草津で車中泊 5 吾妻温泉

2017真夏の草津で車中泊

次の目的地は吾妻温泉。

くるっと回って草津へ戻る途中にある。

道の駅あがつま峡という新し目の道の駅があって、温泉施設の併設された車中泊にも良さそうな場所だ。

駐車場に車を停めて外に出ると、さすが群馬、照りつける日射しの熱いこと。

ここではまず、温泉の前に昼食を食べた。

地元野菜を使った炊き込みご飯、刺身こんにゃく、豚の生姜焼き。

食後には温泉に入った。

アルカリ性のナトリウム塩化物温泉の掛け流しで、小さいけれども新しい施設で、入浴料は一人400円だった。

さっぱりした後で帰路につく。

沼田へ出るか、再び草津方面へ向かって軽井沢から帰るか。

今回もまた、くるっと一周回る旅をすることにして軽井沢を目指す。

北軽井沢辺りで夕立が降って、止んだ。

熱されたアスファルトの上に水が落ちたため、蒸発して霧になった。

キャベツ畑やトウモロコシ畑を通り過ぎて軽井沢へ。

道すがら、軽井沢のアウトレットに立ち寄ったのだが、入道雲の下でも絵になるのがディフェンダーだ。

軽井沢からは高速に乗った。

雨雲が近づき、ゲリラ豪雨に見舞われた。

雨雲レーダーを見ると赤いゾーン。

100mmの大雨だった。

もうすぐ8月。

車中泊にもオープンカーにも向かない季節がやってくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました