温泉マナー向上で楽しい温泉旅を

ブログ

先日行った箱根の共同浴場では、湯守のお婆さんが特徴的な人だった。

口コミには、口煩いとか、無礼だなどと書かれていたのだが、

この年末に旅に出てみてつくづく感じたのは、日本人の温泉マナーの酷さだった。

湯守のお婆さんが注意していたのは、

「湯を汚さないように、まずは石鹸で下半身を良く洗ってから入る」

ということ。

これが、意外にも‼️

出来ていない人に、この旅で沢山遭遇したのだから驚きだ。

今回我々が訪れたのは、東北の、どちらかというと鄙びた、でも人気のある温泉。

(旅の様子は後日アップ予定)

シャワーは無かったり、あっても水量がなかったり。

そんなところだからか、体を洗わずに肩にだけに掛け湯をして湯に入る人が多かった。

こどら曰く女湯も同じ状況だと言うし、

これなら、箱根の湯守のお婆さんから「下半身を洗ったか確認されて嫌な気分になった」口コミ投稿者たちも諦めるより他ないと思う。

他にもよく見かけるマナー違反は、

体を拭かずに浴室を出る人、

おむつの取れていない赤ちゃんを湯船に入れている人、

泳いだり、走ったり、遊んだりしている親子、

タオルを湯船に入れる人、

顔を直接湯につけて洗う人、

などなど、、、

温泉文化の根付く日本人として、これらを目にするのはとても残念なことだ。

最近、温泉でのマナーを促す張り紙をよく目にするから、マナーの低下が目立ってきているのかもしれない。

日本人たるもの、マナーを守って気持ちよく温泉を楽しみたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました