我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

ステイホーム明けのシンガポールをレンタカーで一周 1

2020年6月20日土曜日 朝8時半

シンガポールの自宅を出て、前日に予約しておいたレンタカーを取りに向かった。

この日は朝から雨。

前日の金曜日にようやく新型コロナの外出制限が解かれ、これが初めての土日だというのに生憎の天気だった。

外に出ると丁度雨が止んでいて、

熱帯の蒸し暑い中で歩くのは嫌だから、涼しくてちょうど良かった。


MRTと呼ばれる地下鉄を乗り継ぎ、シンガポールの東側にあるレンタカー屋まで1時間の距離だ。




土曜日の朝早い時間帯で、雨だったこともあり、MRTの車内は空いていた。

サーキットブレーカー期間が終わり、ステイホームが明けても、新型コロナの脅威が払拭されたわけではない。

外出にはマスク着用が必須。

人との適切な距離を保ち、蜜を避けるセーフディスダンシングがニューノーマルと呼ばれ、

街にはスーパーやMRTのホームにも、ハンドサニタイザーが置かれている。




シンガポールのMRTは自動運転で、本数も多く、定時制も保たれている。

我々の住む西側の住宅地エリアは人が多いが、街中に来るといつも空いている。

チャイナタウンからダウンタウンラインに乗り換えて、UBIという駅で降りた。


まずはプリペイドカードにチャージした。




シンガポールでは、高速やすべての有料の駐車場がETC方式になっていて、MRTのプリペイドカードであるEZ-linkカードでもERPマークがついていれば使うことができるからだ。




現在は新型コロナのサーキットブレーカーに伴い、高速道路の料金が無料になっているし、レンタカーもよくわからないがどうやらディスカウント料金になっているようで、タイミングとしてはレンタカードライブに丁度良い時期だった。


レンタカー事情や、レンタカー屋までの道のりなどはシンガポールでレンタカーを借りる方法に書いてあるので割愛させて頂く。


今回借りたのは、日本には入ってきていない、アウディのA3コンバーチブル。




我が家のボロさんことvolvo c70と同じ、黒い幌に白いボディの4シーターオープンだった。


↑我が家のボロ


うちのボロは元はクーペだが、このアウディの元はハッチバックで、一回り小さい。

個人的にはあまりこういう小さな車は好きではないのだが、

予算の関係もあり、今回はこれにした。

次回はマセラティを借りたいと狙っている。





10時半過ぎ、すっかり雨の降り出したシンガポールの街を、レンタカーで走り始めた。




シンガポールは小さな国で、東京の23区ほどの広さだ。

せっかくなので、1周してみることに決めていた。

まずは東側の空港の上にある、ビーチ沿いの公園、チャンギビーチパークへ向かう。


駐車場に車を停め、傘をさして公園へ。




普段ならすぐ頭上を飛行機が飛ぶらしいのだが、今はこのご時世なので残念ながらそれは見られなかった。




自転車の白人さんが多く、5人以上で連れ立ってサイクリングしていたが、あれはいいのだろうか。

(現在シンガポールは集まりが許可されているのは5人以下)


雨のため景色もイマイチで、我々のテンションもイマイチ上がらない。




雨の中釣りをしている人の姿を尻目に退散することにした。


時刻は11時過ぎだったが、2人ともお腹が空いていたため、近くにあるチャンギビレッジホーカーセンターへ行ってみた。

目の前にある駐車場に車をとめると、雨はいつの間にやら止んでいた。

ホーカーセンターというのは屋台村のこと。

周りにも沢山の店が並んでいたし、ホーカー自体も沢山の人で賑わっていたが、もしかするといつもの人出にはまだ戻っていないのかもしれない。

テーブルは人と安全な距離を取って座るようになっていたし、食事をしている人以外は皆がマスクをつけているため安心感はある。

ここは綺麗なホーカーで、シンガポールの屋台には定期的に検査が入って清潔度を示すランク付けがされるのだが、一番良いAの店が多かった。




この屋台でポークカレーを買ったのだが、味も美味しかった。




日本のカレーともインドやタイのカレーとも違い、優しいほんのりとしたカレー風味なのだが、また食べに行きたい味だ。

他にも別の屋台で焼きビーフンを買ったのだが、これまた美味しく、ここのホーカーはなかなかレベルが高いのではないかという気がした。




食後には、こどら待望のビニールパックに入ったシンガポール名物のコピと呼ばれるローカルコーヒーを買った。

ホットコーヒーがビニール袋に入れられていて、ストローで飲むのが斬新だ。




甘くないコンデンスミルが入っているようなのだが、このコーヒーもとても美味しかった。


ここまでのルートは下記。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/06/22(月) 18:24:01|
  2. 飛行機・海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンガポールのデンプシーヒルは高級車のオンパレード

現在住んでいるシンガポールでは、2020年6月19日の金曜日から外出制限が解かれ、モールやショップが再開した。

そんなこの週末に、我々はシンガポールでおしゃれエリアとして知られているデンプシーヒルと呼ばれる場所に出かけてみたのだが、

その駐車場は、さながら高級車の展示会といった雰囲気だった。

日本でいうならば、濃い車が集まるという意味では代官山のTSUTAYAの雰囲気に近いかもしれないが、シンガポールのセレブは桁が違うため、

日本ではあまり見かけないロールスロイスのドーンが駐まっていたり、ベントレーがいたり、、、

我が愛車のディフェンダー仲間も複数いたりとなかなか見応えがあった。


まずはドーン。




白に赤幌、メッキのホイールに別格のオーラが出ていた。


そしてベントレーのベンテイガ。




こちらは紺色で落ち着いていたせいもあり、周りから浮くほどの別格感は感じなかったのだが、それでもシンガポールでは1億円クラスの超高級車だ。

よく両脇に車がいるスペースに普通に駐車出来るものだと思ってしまう。

自分だったらドアパンチを恐れて、遠くても両脇に誰も駐めに来ないような、空いた場所を選んでしまうと思うのだが、、、。


そしてレンジローバー。

べラールにレンジスポーツ。






ディスカバリー4とフライングスパー。




そして、ディフェンダーも2台。

これはたしかどこかの限定車だった気がするが思い出せない。。。




こちらは後部座席に窓のないハードトップタイプ。





気付けば英国車ばかりを写真に撮っていたけれど、その他にも、レクサス、ベンツ、ランボルギーニ、ポルシェと、この空間だけで下手をしたら10億円いくんじゃないかというぐらいの高級車が集まっていた。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/06/21(日) 22:46:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

マツモト物置 設置半年レビュー

去年2019年の台風15号によって吹き飛ばされた我が家の物置、、、

強風と大雨の中、真夜中に必死で押さえ込み、

消防隊の方々にお世話になって、なんとか2次被害は逃れた我が家。

そのときの記事はこちら→台風被害


で、その後釜として新しく購入したのがマツモト物置

当時の記事はこちら→ようやく物置が届いた~マツモト物置購入


質は良いのにデザインがイマイチなのが日本製の残念なところなのだが、

このマツモト物置、日本品質なのにデザインまで良いときている。

おまけにデザイン重視で買った海外の物置より値段まで安かった。


マツモト物置の方曰く、去年の台風被害に遭った話の報告はなく、

むしろ日本製の他のメーカーの物置が被害に遭って乗り換えてくる人が多く、注文が殺到していると言っていた。


今年はまだ台風シーズンにはなっていないけれど、

設置後半年が過ぎたので、設置半年レビューをしてみたいと思う。



まずは外観。

見た目も土台も問題なし。







次に内側。

建て付け、サビなど勿論なし。


↑色が違うためゴールドのネジがサビに見える人がいるかもしれないが、元々の色



天井も壁も異常なし。





建てたあとの劣化もなく、建て付けもしっかりしていて異常もなかった。

まだ半年だし、それはそうか、という気もするが今のところ大満足である。

この後の、梅雨、真夏、台風シーズンでどうなるかも気になるところだ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/06/07(日) 17:56:10|
  2. ガレージハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SCANIA Truck Driving Simulator

前回の記事でも書いたのだが、大型トレーラーを運転したいと常々思っている。

今住んでいるシンガポールではStay Home中でレンタカーですらドライブもできないし、何か気晴らしになるようなことができないかと思って探していて、、、

ついに買ったのがこれ。

SCANIA Truck Driving Simulator


1480円の大型トレーラーシミュレーター。

前から存在は知っていたけれど、実際にやってみると結構リアルで面白い。

そして何より教習所を卒業して以来トレーラー運転ロスになっていたから楽しくて仕方がない‼️

車系ゲームのような速さを競うものではないけれど、車庫入れ一つとっても難しくて楽しい!

スクリーンショット 6

スクリーンショット 3


まだ全然やり込めていないがいろんなシーンが収録されている。

スクリーンショット 5


そしてなぜかレンジが多く登場する。

スクリーンショット 2

スクリーンショット 1
(画像は全てSCANIA Truck Driving Simulatorからのキャプチャ画像です)



パソコンのキーボードでの操作に慣れていないせいもあって、トレーラー特有のバック時の”逆ハン”をいまだに間違える時があるが、それを色々と試しながら進めていくのもまた楽しい。

トレーラーの運転に興味がある人にはおすすめだ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/05/21(木) 22:53:59|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お金に関係なく欲しい車を考えてみた その2

色々と欲しい車を考えていたら、あれもこれもと出てきてしまった。

前回記事で挙げた車に追加して、、、

日産S15シルビア
最後のシルビアで、稀有な小型ハイパワーFRスポーツカー。

5ナンバーサイズでそこそこパワーがある。これの走り屋仕様でドリフトをしてみたい。

今中古車サイトを見ると、状態の良いものは300万前後することに驚いた。

三菱ランエボ4
ランエボ1からの最終進化モデル。

エボ5以降のワイドボディではなく、このエボ4をラリー仕様にして、ラリーやダートラに出たい。

シビックタイプR EK9
名機B16Bを積んだホンダの第3タイプR。

昔少しだけEG6シビックを運転させてもらったことがあるけれど、あのバイクのエンジンのように高回転まで回るエンジンと小型のボディの組み合わせがいい。これでジムカーナに出たい。

フェラーリF 50
フェラーリ50周年のスペチアーレモデル。

NAのV12エンジンと6MTの組み合わせ。どれ程気持ちいいのか体感したい。

NDロードスター
ロードスター最新版。

運転の基本に戻れそうな車。パワーがあるわけではないから、アクセルの全開率も高そうで箱根などを小気味よく走るにはちょうどよさそう。

993型ポルシェ911カレラRS
最後の空冷モデル。

空冷か水冷かにはあまり拘りはないけれど、スタイルが993型が好きである。いかにもマシン的なレーシングカー的な雰囲気のRSに乗ってみたい。

アストンマーチンDBSヴォランテ
アストンマーチンのフラグシップでNAのV12気筒。

スーパーカーの雰囲気とラグジュアリーカーの雰囲気を兼ね備えていて、何よりスタイルが美しい。

100系チェイサー
なんてことはない普通のトヨタの中型セダンだが、エンジンは2.5リッター直6ターボの1JZ GTE。

たまに走り屋系のチェイサーがとんでもなくいい音をさせているのを見かけることがあるが、その音だけでもほしいと思う車。

トヨタの直6エンジンには当時排気量違いで1Jと2Jがあったが、チェイサーに載っていた1JエンジンはYAMAHA製。2Jはマフラーを変えてもそんなに高音が出ているマフラーは聞いたことがないけれど、1Jのあの音は高音かつ軽快な感じで好きである。

大型観光バス
とにかく運転がしたい。運転席が前輪より前にあるために交差点などでハンドルを切るタイミングが独特なのがかっこいい。

10トントラックもしくは大型トレーラー
もうこれは何も言うことなし。街中で見かけてもいつもかっこいいなーと見てしまう。特に大型トレーラーは運転もより難しいところが楽しそうだし、憧れである。




こうやって考えてみても四駆、SUV系が特に思い浮かばないということは、やはりディフェンダーは別格ということなのだろう。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/05/15(金) 13:52:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (70)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (104)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (61)
雑記 (22)
車中泊グッズ (7)
食 (16)
ガレージハウス (43)
まとめ・ランキング (18)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。