我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

全都道府県制覇 沖縄の旅 6 青の洞窟シュノーケリング

部屋に戻り、水着に着替えてロビーで待った。

迎えのバンが来て、まずはクラブハウスに行き、そこでウォーターシューズに履き替えてシュノーケリング用具を借りる。

このツアーの持ち物は防水カメラと飲み物だけ。

後はクラブハウスに置いていく。

海の中に入るため、防水カバーがあったとしても、完全防水のもの以外は持っていかない方が良いという。

迷った末にiPhoneは置いていくことにして、GoProだけ持っていった。


ツアー参加者は我々含み8人で、別グループで香港から来たらしき中華系の観光客が6人と、それからスタッフが3人。

我々の車の方に乗っていたスタッフの1人が、やけに声が通るし話を盛り上げるのがうまいなぁと思っていたら、東京で芸人をしている人だった。

3ヶ月出稼ぎに来ているそうだ。


このツアーは、最初にジャングルを抜けて、青の洞窟のあるビーチまで歩いていく。

石垣にもミニジャングルがあり、数分の短い距離だがバナナの木や椰子の木が生え、木登りトカゲがいた。




ビーチの脇に青の洞窟があり、ふくらはぎまでの深さの浅瀬の岩場を歩いて行く。

海に入ると最初は水が冷たく感じたのだが、慣れると生温い温度だった。




これは干潮だったからで、満潮であれば海は深く、泳いでいくのかもしれない。

この日は強風のため海が荒れていて、干潮だったから青の洞窟に入れたのだが、午前のツアーは満潮だったため、青の洞窟には入れなかったらしい。

満潮時に波が荒いと岩肌に叩きつけられて危険だからだ。


青の洞窟には他にもツアー会社が何社も来ていて人だらけだった。

確かに青いが、海が荒れていなければもっと綺麗だったに違いない。

洞窟の前だけ急に水深が深くなるため、歩いてきた岩場から飛び込んで洞窟内に入り、陸地に上がる。




洞窟といっても完全な洞窟ではなく、ポッカリと口を開けた空洞から空が見えていた。

天井から光が入るから照らされた海の水が青く映り、それ故に青の洞窟になるのだから考えてみれば当然の話だ。


洞窟の壁の窪みにはヤシガニがいた。

ヤシガニはハサミが強力で、挟まれたら大惨事になるため注意が必要だ。

洞窟の壁には他にも見所があり、珊瑚の化石や天然の水晶が埋まっていた。


洞窟から出ると浅い岩場にクマノミがいた。


車にもどり、続いて島随一の滝へ。

道脇すぐの場所にあり、木にロープが吊らされているためターザンごっこできる。

この滝壺は川の水なので冷たかった。


↑翌日ドライブの途中に立ち寄って撮った滝壺の写真


いつもは青の洞窟の辺りの海でシュノーケリングをするらしいのだが、この日は北風を受けて荒れている海でのシュノーケリングは無理で、大崎というビーチに移動してシュノーケリングをした。

それでも十分に波が高く荒れている海を45分泳ぐ。

ライフジャケットを着用しているため浮くが、体力に自信のないコドラは早々に浮き具に捉まらせて貰っていた。


最初は浅瀬を歩き、ブイの手前から泳ぎ出すも浅瀬が続くため泳ぎにくい。

気をつけないと珊瑚礁に擦れて怪我をしそうだった。

それでも歩かずに泳がなければいけないのは、珊瑚を踏むと死んでしまうし、オニオコゼがいる可能性があり、こちらは刺されると猛毒で死亡事故も起きているらしい。

下手をすると怪我しそうに浅い浅瀬をバタ足で乗り切るとようやく少し海が深くなり、青い熱帯魚が泳ぐ姿が見え始めた。

もう少し深くなるにつれ、次々に様々な色や形をした魚に遭遇した。




水の透明度は荒れた天候のせいか、石垣の海に期待していた程は澄んでいなかった。

風のない晴れた日の海の透明度を見てみたかった。

今のところ我々史上最強の透明度の海は、屋久島のウミガメの産卵地になっているビーチだ。

あのミネラルウォーターのような水の感動を超える海に、もしかすると出逢えるかもしれないと思っていたのだが、出逢えなかったのには残念だった。

途中、ウミヘビが三匹もいたが、こちらが何もしなければ噛まないらしく、暴れるのは帰って危険だ。

急に水深が深くなる場所があり、海の色が蒼くなってきれいなのだが、怖くもあった。

たまに見る事もできるというウミガメには残念ながら会えなかった。


海から上がり、びしょ濡れのままバンに乗り込む。

大崎からクラブハウスまではすぐだった。

シャワーを浴びて海水のベタベタを簡単に洗い流し、着替えたらホテルまで送ってくれるのだが、バンの座席は濡れているため、水着を拭いて濡れていないTシャツを着るくらいがちょうどいい。

このツアーの持ち物に着替えの洋服と書かれていないないのが不思議だったのだが、なるほどこれなら要らないわけだ。


ホテルに戻ると6時過ぎだった。

彼此出発してから5時間が経っていた。

自分の部屋でしっかりとシャワー浴びて着替えたら、夕食のために繁華街へ。

フロントにお願いして良さそうな店に予約を入れて貰おうとしたのだがどこも満席。

ブラブラしながら空いている店を見つけた方が良いと言われ、タクシーで街に繰り出した。

ホテルから繁華街まではタクシーで10分くらい、料金は1000円前後だった。


繁華街といっても那覇の国際通りのような派手さは無く、食べ物屋が点在する界隈、という感じ。

店も勧誘などはしていなくて、好きにみつけて空いていれば入る、という落ち着いた雰囲気だ。




実は我々、既に沖縄料理に飽きてきて、パスタが食べたくなっていた。

本格ピザの店のカウンター席が空いていたので入り、ワインとピザなどを堪能した。




↑島唐辛子を使ったピザ


↑ピザ生地を揚げてソースで和えたもので美味しかった




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/09/27(金) 20:37:40|
  2. 旅行(車中泊以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<全都道府県制覇 沖縄の旅 7 石垣ドライブ 前編 | ホーム | 全都道府県制覇 沖縄の旅 5 マングローブカヌー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://garyuwonderfullife.com/tb.php/796-a7018b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (70)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (108)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (62)
雑記 (22)
車中泊グッズ (7)
食 (16)
ガレージハウス (43)
まとめ・ランキング (18)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。