我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

真夏のキャンプ&車中泊 8 五色沼 (完)

山形から福島までは西吾妻スカイバレーを走った。




白布峠ではバイクと車の衝突事故があったようで、警察が来ていた。

この道も山並みが綺麗で、檜原湖が見下ろせた。




山を降りるといよいよ五色沼なのだが、時刻は13時。

数件しかないレストランはどこも行列が出来ていた。

ビジターセンターの無料駐車場に車を停めて一番近いイタリアンレストランに入ったのだが、待ちの順番は6番目で、テーブルに通されるまで45分待ちだった。

なかなか美味しかったがお値段は観光地価格なのか若干高め。

スプーンが用意されていないのと、日本では珍しくかなりのアルデンテであることを考えると、イタリア流なのだろうか。






食後に、五色沼へ向かうべくビジターセンターから遊歩道を歩いて行くと、いつも停める方の五色沼の駐車場へ出た。




初めて人の沢山いる五色沼の光景をみて、我々は正直驚いた。




レストハウスでお昼も食べられるという情報はあったのだが、いつも冬の夕方にばかり来ていたため閑散としていて誰もおらず、、、

レストハウスはすっかり廃れて廃墟になっているようなイメージがあって、並んででもイタリアンレストランに入ったのだが、、、

なんだ、レストハウスがやっているのなら、時短のためにもこちらに来れば良かった。


人で賑わう五色沼で、この日、待望のボートに乗ることが出来た。




見えている範囲はそれ程広くないのだが、湖は奥にも続いている。




五色沼というのは正式には五色沼湖沼群と言い、複数の沼の総称だ。

ここは一番大きい毘沙門沼。

湖によって見える色が異なるというが、この毘沙門沼一つだけをみても場所や光の加減なのか水の色が違う。








ボートは手漕ぎで30分か60分を選べる。

我々は勿論60分にしたので、新しいボートを回してもらえた。

沼が広く、奥まで行ったり、より早く漕げる漕ぎ方の練習をしたりして遊んでいるうちに、あっという間に1時間経ってしまった。

ボートを降りて高い場所から見下ろすと、また水の色が違って見えた。




本当は五色沼の散策路を歩いてみたかったのだが、夕方は熊やアブの活動時間になるし、何より暑いためやめておいた。


レストハウスで五色沼ソフトと桃ソフトのハーフアンドハーフを買った。

五色沼ソフトは塩味で、ソルティさとフルティさとがちょうど良い塩梅で美味しかった。




車に戻り、ナビを入れると自宅まで6時間の距離だった。




時刻は16時だったから充分に帰れる距離だ。

この日は3連休半ばの日曜だったから、この日中に帰れば翌日は1日体を休めることもできるし、どこかであと1泊することもできる。

真夏の車中泊には涼しい場所をみつけなければならないため、とりあえず帰る途中にあるいわきに硫黄泉をみつけたので行ってみることにした。

往路と同じ猪苗代磐梯高原ICから磐越道に乗り、いわき湯本で降りた。

下道を10分くらいの場所にある さはこ湯 が、この旅最後の温泉だ。




駐車場はあるのだがスペースがなく、徒歩6分の場所にある石炭化石館の駐車場も利用できるというのでそちらに車を停めた。




どんなところかよく知らずに駐車すると、建物の方から不気味な音がして驚いた。

古い炭鉱から聞こえているかと想像するから尚更不気味に思えたが、後から調べるとこの施設内の擬似坑道で、それらしい音を再現していたようだ。


さはこ湯の館内には冷房がなくて暑く、建物のレトロな雰囲気と相まって昭和の夏にタイムスリップしたかのようだ。

それでも硫黄泉の源泉掛け流しを230円で堪能できる公衆浴場とあって混み合っていた。

内湯のみの小さい施設で、湯船は2つ。

大きい方は43度くらいで、小さい方は熱かったので45度くらいだろうか。

硫黄泉とはいえ柔らかい湯だった。

旅の最後に熱い硫黄泉に入ることが出来たのは嬉しい。


湯から上がると19時で、すっかり陽が暮れていた。

常磐道で一路東京へ向かう。

ライトの無い暗い高速道路だったが、空いていてストレスフリーだった。


途中のSAで大洗の干物定食をたべて、首都高の夜景を眺めながらの帰路となった。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/20(火) 17:40:33|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の森林浴は長野で-前編 | ホーム | 真夏のキャンプ&車中泊 7 蔵王温泉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://garyuwonderfullife.com/tb.php/779-1db44ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (70)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (104)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (60)
雑記 (22)
車中泊グッズ (7)
食 (16)
ガレージハウス (43)
まとめ・ランキング (18)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。