我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

2016年末 車中泊旅 4 雪の中へ

温泉付き道の駅を探し、夜の雪道を山形を抜けて新潟の関川の道の駅へ。




喜多方の道の駅でもいいかと思ったのだが、まだ時間も早かったし、なんとなく向かった。

気温は氷点下1度。

東京の三度より雪国の氷点下1度の方が良い。

東京の乾燥した寒さは刺々しくてイライラするような寒さだが、雪国の寒さは湿度のせいか柔らかい。

7時に道の駅に着いた。

遅い昼食だったためお腹は減っていなかったし、食べるところもなかったため、この晩は軽くコンビニ晩餐。




小腹を満たした後はお風呂へ。

入浴料1人500円。
柔らかい手触りのナトリウム系硫酸塩泉。
湯は透明で無臭。

施設は新しくないが清潔で、サッパリした。

雪がチラついていたため、露天は雪見風呂だった。

サウナにも入って汗をたくさんかいた湯上りに、生ビールの自販機があるのが嬉しい。
一杯400円だった。

車に戻り就寝。


翌朝はみぞれ雪。



朝6時から開いている町営温泉で朝風呂。
1人100円。



小さくて古いが綺麗に掃除されていた。
熱めのナトリウム塩化物・硫酸塩泉。

体が温まり、サッパリした。

湯から上がり、コドラを待つ間に今日のプランを考える。

日本海に出て海の幸を食べるも良し、北上して秋田の温泉に行くも良し、、、

結局、白濁の雪見風呂を目指して福島に戻ることにした。



山形に入ると雪が深くなり、吹雪いてきた。

白銀の世界だ。



除雪車だ。



大きさは新潟の除雪車の方が大きい気がするが、山形でも何台も出動していた。



お決まりの除雪渋滞。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/12/30(金) 09:50:10|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016年末 車中泊旅 5 福島 高湯温泉 玉子湯 | ホーム | 2016年末 車中泊旅 3 雪の五色沼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://garyuwonderfullife.com/tb.php/408-c3f88b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (70)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (104)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (60)
雑記 (22)
車中泊グッズ (7)
食 (16)
ガレージハウス (43)
まとめ・ランキング (18)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。