我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

白馬旅2019 その3

スキー場を後にして、白馬のおびなたの湯へ向かった。

別荘地を抜け、スキーのジャンプ台を抜け、白馬の外れにある川沿いに、目指す温泉はあった。






時刻は15時半前。

16時が最終受付のため、スキー客で大混雑することはなさそうだった。

天然水素泉の掛け流しで入浴料は1人600円。

入り口には飲泉があった。

pHは11.2で、飲むと滑らかな口当たりだ。




狭いが川が見渡せる野天風呂で内湯はなし。

シャワーはあるが体をさっと流すくらいで湯船に浸かるのがメインという感じ。




外が寒いせいかぬる目で滑らか、透明で無臭。

広くないため、混むシーズンだとどうしてもお湯が汚れるから、オフシーズンが狙い目だ。

我々が湯からあがると、丁度入れ違いで、駆け込みのスキー帰りの一団が入ってきた。


湯から上がると16時前で、日が長くなっているためまだ明るかった。

今回はGoProを引き下げての初めての旅で、まだまだホームビデオを撮っているだけのレベルなのだが、

水の中用の防水ケースも買い込んだため、近くにある「日本有数の透明度」を誇るらしき青木湖へ行ってみることにした。


青木湖は白馬からすぐ南にあり、雪に囲まれていた。




水中を撮るには流石にボートか何かに乗らなければ良い映像は撮れないと思うが、冬季は何もやっていないようで、静まり返っていた。

雪をかき分けて湖畔に出てみたのだが、冬は水が濁るのか、期待していた透明度はイマイチだった。




まさかの「自称」かと疑い掛けたが、真相はまた雪が溶けてからきてみないことにはわからなそうだ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/27(水) 08:14:56|
  2. 甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

白馬旅2019 その2

スキー場の奥にランドローバーとジャガーの特設ブースがあった。




受付を済ませ、コーヒーを飲みながら時間を待つ。




記念品にランドローバーのモバイルケースとジャガーのミニタオルを貰った。




ブースの前にはジャガーのFタイプが展示してあったが、純正のマフラーがチタン製なのか焼き色が入っていて虹色に変色していた。




我々が試乗したのは2019年仕様のレンジスポーツ。




てっきりゲレンデをスキーのように滑り降りる007の映画、スペクターのような試乗を期待して行ったのだが、、、

なんと普通の公道の雪道試乗と、最後に雪で作ったオフロードコースがあるだけだった。

ホームページには

「ゲレンデに特設コースを設定」
「スリリングな体験」

と書いてあったのだが、、、。

まぁせっかく来たので気持ちを切り替えて試乗してみる。

レンジローバーでドライブしたことはあるが、レンジスポーツは初めてだ。

シートは思ったより固めだったが、電子パネルやフロントガラスにヘッドアップディスプレイなどがあり、内装には高級感があった。

試乗車は3リッターV6のスーパーチャージャーで380馬力仕様だった。

8速ATで小気味よく変速していく。

パワー感やフィーリングはディスカバリー4の5リッターV8のほうが良かったが、ランドローバー車に共通する『乗っている間の安心感』は車は違えども健在。

車高も低く、言ってみれば、ランドローバーのマニアックさを少なくして、一般向けに近づけたかんじだろうか。


雪上コースには、雪の山とバンクとモーグルが用意してあった。




レンジスポーツはオンロードよりではあるが、

雪山の下り道では自動で加速を抑えてくれて、

モーグルではアクセルを踏んでさえいれば誰にでも乗り越えられるそうだ。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/24(日) 18:29:49|
  2. 甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白馬旅2019 その1

2019.2.23

晴れ、気温8度。

朝の9時過ぎに、買ったばかりのGoProを携えて家を出た。




中央道で白馬を目指す。

ランドローバーがイベントを開催していて、

ゲレンデの雪上コースでオフロードの試乗ができると聞いたからだ。


道中はスムースに流れていた。

季節はまだまだ真冬だが、陽射しはすっかり春めいている。


お昼前に諏訪湖SAで休憩をした。

風は冷たく、気温は6度だった。






リニューアルされた新しい施設で、諏訪湖が見渡せる。

食堂には信州サーモンや馬刺しを使ったメニューから、おやきや五平餅などのB級グルメが揃っていて、カフェもあった。

諏訪には今コドラの両親がUターンして住んでいるから、ここで車中泊をする必要はあまりないのだが、

温泉はあるし、食べ物も充実しているし(下りの方が充実しているように見える)

旅の移動中の車中泊には最適な気がする。


まだお腹は空いていなかったから、今回はお茶だけ飲んで先に進んだ。


岡谷JCTで長野道へ抜け、安曇野で高速を降りた。

安曇野はワサビが有名なだけあって水が綺麗だ。

今年は暖冬なのか山に雪は少なかったが、流石に立山連邦には雪が積もっているのが見えた。




大町辺りからは道端に雪が積もっていて、点在するスキー場ではスキー客がスキーを楽しんでいる姿があった。




13時半に白馬の道の駅で遅めのランチを摂ることにした。




白馬の地物といえば豚らしく、行者にんにく豚丼とソースカツ丼を頼んだ。




豚丼は炭火なのか香ばしくて、甘さ控えめの甘辛タレ、カツ丼は柔らかくて酸味のあるソース。

どちらもおススメだ。


食事を済ませ、いざゲレンデへ。

白馬のスキー場には白人さんが沢山来ていたが、海外からわざわざ来るほどには雪はないように見えた。




混雑した駐車場に車を停めるのはいつも心配になる。




特にスキー場ではスキーのストックなどを運びながら脇を抜けて行く。

一番端が空いていたので停め直した。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/24(日) 17:17:05|
  2. 甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狭い道での譲り合い

初めて通る狭い道。

すれ違いが出来ない程の狭さなのだが対向車が来てしまった。




こちらは山から狭い道を下ってきてようやく視界が開けたところで、

避けるには人の畑に分け入らなければならなかった。


地元の人らしき対向車は軽トラの老人。

何やら手招きするような合図を送ってきたからとりあえず近づいた。

近づきつつも、こちらはこちらで避ける場所がないかを探していたら、

対向車がバックして、脇の道に避けてくれた。


手で挨拶して脇をすり抜けようとすると

「バックも出来ないくせに来るんじゃねーよ、ボケ‼️」

と暴言が飛んできて、、、唖然、、、。


いや、、、避けられる方が避けるのがマナーの筈では⁉️


我々、結構狭い道を行くことがあり、これまでも日本全国各地の狭い道で沢山の対向車とすれ違ってきた。

こちらが避けることもあれば、対向車が避けてくれるときもあり、

お互いに譲り合い、挨拶しあってすれ違ってきた。


対向車に罵声を浴びせられたのは、これが初めてのことだった。

だったら下がるなよ、こちらは必要ならどこまでもバックで下がれるからさ、

と言いかけたが、

下らない争いはするだけ無駄と思い直してやめておいた。


車を運転する以上、マナーを守り、常に平常心を保って運転したいと思う。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/23(土) 08:36:21|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牽引免許

今、仕事の合間に教習所に通い、牽引免許を取っている。

教習所に通うか、直接免許を取りに行くか迷ったのだが、流石に牽引をしたことがなく、感覚がわからないため教習所に通うことにした。


今の時期は丁度大学生が春休みに入る繁忙期で、

ほとんど予約が取れず、

休みの日には朝から教習所でキャンセル待ちをして講習を受けなければならない。


もともと運転は好きだし、得意だと自負しているのだが、

牽引のバックは、体の反応ではなく、頭で構造や仕組みを考えて操作しなければならないのが難しい。

教習の車は6tトラックなのだが、エアブレーキに慣れず、スムーズに止まるのもなかなか難しい。

いつかはやっぱり、大型トラックも運転したいが、流石にチャンスはないかもしれない。


ともかく牽引(トラック?)の運転が楽しくて、楽しくて、早く運転したくて堪らない。


それにしても最近の若い男は、殆どがオートマ限定免許を取りにきているのが驚きだ。





続きを読む

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/22(金) 09:58:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

我が家のボロさん、ボロさに加速

我が家の2台目の愛車、ボルボC70。

中古で買った時から色々とボロボロで、ついた愛称が「ボロさん」。

最近では内装の木が割れてきていて、ハンドルを切ると手を切りそうになる始末、、、。

と思っていたら、ついにこんなところが割れてしまった。




うーむ、、、どうするか、、、。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/21(木) 07:13:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

GoPro7を買った

ついにGoProを買った。




まだ使い方など勉強中。

今後はブログだけでなく、GoProで撮影した動画があげられるといいなぁ、と思っている。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/20(水) 09:15:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外のビールには注意が必要

日本の水道は安全だ。

ホテルやたとえ古いような雑居ビルであったとしても、水道水でお腹を壊すことは普通であればないだろう。

先日、出張先の西アフリカのガーナでビールを飲んだ。




瓶ビール。


グラスだと、洗った後の水滴に何がついているかわからないし、

そもそもビール自体、かさを増すために別の何かを混ぜて出される場合もあり得るし、瓶ビールが一番安心だ。

氷入りの飲み物は避ける。

ビールのグラスに氷が入って出てくる場合もあるが、その時には氷を捨ててグラスだけを使うに限る。

水はペットボトルのキャップが開かれていないことを確認してから、なるべく口をつけないように、口の中に水をうまく流し込みながら飲む。

歯磨きのうがいも、ペットボトルの水でするのが一番安心。

地域にもよるが、生野菜や水で洗って出されるカットフルーツでもお腹を壊す場合があるため、ホテル以外では避けた方が無難だ。

自分の身は自分で守るもので、自己責任。
信頼できるか否かは自分の目で確かめる必要がある。

東南アジア、中南米、アフリカなどでは、口に入れるものには注意が必要だ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/19(火) 07:52:41|
  2. 飛行機・海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結露を取る道具は車中泊の必須品

冬の車中泊では結露が発生する。

タオルで拭いて絞らなければならない程の酷い結露だ。

ディフェンダーに結露が悪影響を及ぼすことは間違いないし、

カビが生えれば我々の健康にも被害を及ぼす。


そこで、買ってみたのは100均で売っている結露取り。




買ってからはまだ使えていないが、えの部分に結露の水滴を溜めて、捨てられるようになっている。

次回の車中泊で試してみようと思っているが、使い勝手は良さそうだ。

続きを読む

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/16(土) 18:28:18|
  2. 車中泊グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガレージに窓をつけるべきか

車好き、車中心の我が家はガレージハウスだ。

家の中からも、ウッドデッキからも、ガレージの中の車が見える造りだ。




ガレージはショールームのようにしたくて、

自分で調節できる照明以外の外の灯りが入ってこないように敢えて窓をつけなかったのだが、

当たり前だがやっぱり暗い。


窓をつけるべきだったのだろうか、、、。


家というのは建ててみて、実際に住んでみないとわからないものだ。

窓をつけるべきだったのか、つけなかったのは正解だったのか、その答えは実際に窓をつけて比べてみないとわからないのだろう。








スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/16(土) 14:42:35|
  2. ガレージハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。