我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

クリスマスイルミネーション2017 表参道

東京でクリスマスイルミネーションといえば、なんといっても表参道だ。

子供の頃からすでに有名だったから、途中で一時中止になったりもしたが、優に20年以上の長い歴史がある。





表参道ヒルズの灯りもあるから、昔より華やかだ。




ようやくドライブを楽しみながらイルミネーションを堪能出来る場所にきた。












ボンネットにイルミネーションが映り込む。

緑の植え込みでもイルミネーションが輝いている。




点灯時間は日没から夜10時まで。

23日24日の土日には、ここも歩行者天国になってしまうという。

イルミネーションは25日で終了らしいから、調べずにたまたま来たが、ドライブするのはこの日が最後のチャンスだったようだ。








スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/20(水) 07:30:31|
  2. 都内(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイルミネーション2017 けやき坂

けやき坂へ入る前の道には、けやき坂渋滞が起きていた。

渋滞だと、イルミネーションを眺めながらゆっくり進めるから逆にラッキーだね、

と話していたのだが、けやき坂に入るまでが渋滞していただけだった。




こちらには青と白のイルミネーションが広がっている。




振り返るとまた東京タワーが見えた。




いやはや、歩行者天国になっていなくて良かった。

けやき坂自体は空いていたし短いため、通り過ぎてしまってから、少し物足りない気持ちになった。

後ろ髪を引かれながら、次であり、最後の目的地でもある表参道へ向かう。


世に言う パリピ が街に集うのがクリスマス。

普段はさすがにあまり見かけないリムジンが街中を走っていた。

6台程に遭遇した。






青山で、信号待ちのカップルに

「オープンカー寒いだろ!」

と突っ込まれたが、イヤイヤ痩せ我慢じゃないんですよ、オープンカーは冬の乗り物なんでね。

真冬はさすがに辛いが、気温15度なんで全然快適なんです。

逆に真夏が一番キツイんです、はい。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/19(火) 17:20:22|
  2. 都内(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイルミネーション2017 丸の内編

2017年のクリスマスイルミネーションを巡るドライブ。

今年はボルボC70の幌を開けて、頭上のイルミネーションを車の中から堪能することにした。

陽が暮れても気温は15度。割と暖かい。


まずは丸の内、、、

と思ったら、

なんと歩行者天国になっていた。

出鼻を挫かれるとはまさにこのことか、、、


仕方なく東京駅の前を通り過ぎる。






諦めきれずにイルミネーションの通りに入り、歩行者天国手間まで走ってみた。




一番綺麗な場所とは密度が違うが、雰囲気は味わうことが出来た。

本当はあの先が綺麗なんだけどね。




次は六本木のけやき坂へ向かう。

再び東京タワーの袂を通過する。

真上を見上げると、東京タワーが大迫力で聳え立っていた。









スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/19(火) 07:17:07|
  2. 都内(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイルミネーション2017 の前にお台場へ

クリスマスイルミネーションを見に出かけた。

出先から都内に戻ったから、日が暮れるまでには時間があって、お台場へ立ち寄った。


まずは一度訪れてみたかったメガウェブへ。

トヨタの車が展示してあり、試乗ができたりする。

クラッシックカーやレーシングカーも展示してあった。




LFA。




本当は86に乗りたかったのだが、試乗出来る車の中にリストされていなかったため、試乗はしなかった。

メガシアターなるものがあり、ラリーやルマンで助手席に座っているような擬似体感ができるシアターがあったので入ってみた。

座席が揺れて車の揺れを体感しながらスクリーンで映像をみる。

3Dではないが、なかなか楽しかった。


日暮れ時の観覧車に乗ってみた。

列に並んでいるうちに陽が沈んでしまったが、夕焼けの名残りと夜景のコラボレーションを見ることが出来た。

東京タワー、レインボーブリッジ、スカイツリーなどが一望できる。








少し早いが食事をすることにした。

観光地は混むから、早めに行動するに限る。

隣のビーナスタウンにフードコートがあったから行ってみた。

担々麺とインドカレーを食べたが、なかなか美味しかった。






駐車場に戻る途中で花火が上がった。

小さく見えるだけだったが、それでもつい足を止めて見てしまうのが花火というものだ。




レインボーブリッジを渡り、都内へ。

カラフルな電飾の屋形船が出ていた。








東京タワーの脇を通り過ぎて丸の内へ向かう。






やはり東京のシンボルは東京タワーだと思う。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/18(月) 08:20:56|
  2. 都内(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりのヌルヌル温泉

日曜の朝は7時に起床した。気温は6度。晴天。

オープン日和だ。

最近ストレスまみれのコドラが、肌荒れが気になるからヌルヌル温泉に行きたいという。

久しぶりに我々史上1位のヌルヌル度を誇る奈良田の里女帝の湯へ向かうことにした。

高速の前まではオープンで走っていたが、流石に高速は寒かろうと幌を閉めた。

なんだかやで高速に乗ったのは10時過ぎになってしまった。


秋景色なのに道脇に雪が積もっていた。

富士山も雪をかぶり、澄み渡った空に頭を覗かせていた。




南アルプスにも雪。

今年は寒くなりそうだ。




コドラの感覚では、冷夏だった年の秋には台風が沢山来て、冬は大雪になるイメージらしい。


甲府南で降りて豊富の道の駅で運転を変わり、助手席に移動。




早川町のキャンプ場を抜け、早川沿いのくねくね道を1時間半ほど走る。

前に訪れた時も道すがら何度も工事中の片側走行に遭遇したが、今回も何度も工事の信号に引っ掛かった。


奈良田の里は、秘境感漂い、良い感じに寂れてはいるのだが意外と人はいる。

駐車場に車を停めて温泉まで坂道を登る。






階段を上ってようやく到着。






女帝の湯は入浴料一人550円。
小さくて露天はない。
三、四人いると混んでいる感じがしてしまう。

湯はpH8.6、美容液並みのトロトロ具合。
ナトリウム炭酸水素塩泉の源泉掛け流しだ。
無色無臭で、体に小さな気泡がつく。

間違えなく最高ランクのヌルヌル温泉だ。

ただ、もうこの時期でお湯の温度がぬるかったから、真冬は無理かも、、、


脱衣所に源泉を飲める蛇口があり、しばらく出すと適温の温泉水が出てくるはずなのだが、、、

いつまでたっても冷たかった。

味は温泉特有の苦みなどがなくて飲みやすい。




お昼は食堂で山菜そばと天ぷら蕎麦を食べた。




手打ちの田舎蕎麦という感じで薄味。

セルフサービスの水がやけに美味しかった。
入り口にあった水だろうか。

汲んで帰りたいくらいだ。




ささっと食べるわけでなければ、前回立ち寄った古民家レストランがおススメだ。

女帝の湯から少し坂道を上がったところにあり、地元食材を使って、シチューやパスタなどを用意している。


駐車場に戻ると、氷が張っていることに気づいた。




南アルプスの玄関口とはいえ、他には何もない、静かな里だ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/12(火) 08:12:54|
  2. 山梨・長野(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪用ワイパーに交換した

冬になると雪を求めて旅したくなる我々。

いつも雪の中では、ワイパーに氷の塊が付着して大変なことになる。

電熱線は多少効果があるくらい。

定期的に車を止めて氷を溶かし、砕きなどしなければいけない。


ということで、今年は雪用のワイパーをつけてみる。

ディフェンダーはUフックの一般的なものを選ぶ。

長さは340にした。




なんだかしっかりしている。




ツインランドで聞いた通り、取り付けると多少がたつきがあるようだ。


これが普通の。




これが雪用。




効果に期待だ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/11(月) 08:22:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

冬タイヤの交換

先週塗装しておいた冬タイヤのホイール。

少し剥げていたから再度スプレーしたらかなり良い感じになった。




乾いてから交換。

これが夏タイヤ。

サイズにあったものがあるから迫力がある。




タイヤを外すと錆を発見。

ブレーキクリーナーで汚れを落としてから556で錆び止めをした。




タイヤの裏側も錆びている。




冬タイヤは小さめのサイズしかないから、取り付けると少し迫力が落ちる。






落ち着いてていいんじゃない?

とコドラは言うのだが、個人的には夏タイヤ姿の方が好きだ。


ツインランドに持って行って、新しいタイヤに変えて貰った。




流石にいとも簡単に車体が上がり、タイヤが外された。




ウェイトの場所が変わったから、塗りもれの箇所が出来てしまった。




なんとかしないと変かな?このままでもいいかな?




バッテリーも新しいものに変えて貰った。




後はワイパーを雪用に交換して、ウォッシャーを雪国仕様に交換して、内装を変えたら、冬支度の完了だ。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/09(土) 16:58:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ホイールの塗装

そろそろ冬タイヤの季節。

今年で四年目になる。

見た目は平気そうだし、まだ行けるかなとも思ったのだが、冬になれば雪を求めて出掛けたくなる性分だし、

目先のお金をケチって安全を損なっては意味がないから、冬タイヤを変えることにした。

今週末にツインランドに取りに行くことにして、

先週末は、錆びたホイールの塗装をした。


錆びたホイールはこの通り。






まずヤスリをかけて、古い塗装を落とし、塗りをよくする。




綺麗に拭きとったら新聞紙を下に敷いておく。






今回は塗装スプレーを使うことにした。

色は夏タイヤのホイールと同じ艶消しの黒。




タイヤに新聞紙とテープでマスキングして吹き付けるのだが、今回タイヤは交換するためあまり気にせずスプレーした。




液だれするので薄く吹き付け、何度か重ねるのがコツ。


完成版がこちら↓。




冬場は1時間ほど乾かせば出来上がり。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/05(火) 22:31:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

初冬ツーリング珍道中

土曜の朝は5時半に起きてツーリングに出かけた。

天気は晴れ。
気温は4度と寒いがなかなかのバイク日和だ。

会社の仲間 (といっても15歳から20歳くらい歳上だが) がバイクを買ったから、ツーリングに行こうとお誘いがあり、久しぶりのバイク旅となった。

最近風を感じるには、つい快適な方のオープンカードライブに流れがちだったから、

もしかすると一年ぶりくらいかもしれない。

季節はすっかり冬だから、完全防備で着込んで出かけた。




海老名で8時に待ち合わせ。

一人は久しぶりにバイクを買ったリターン組のA橋さん。

もう一人は前日夜中の2時まで飲んで、睡眠時間3時間。メッシュの手袋にジーンズという軽装で参加のB村さん。

まずはコーヒーを飲みながらプランを確認。

初めて一緒に走るから、我々が先導してとりあえず小田厚に入り、二つ目の小田原PAまで走って様子を見ることになった。

寒いが着込んでいるし、太陽のおかげでそれほど寒さはこたえない。

富士山が雲の上に薄っすらと顔を出していた。




ここまでで判明したことは、

A橋さんは安全運転でスピードをあげるとついてこない。

渋滞や、細かに現金を払うような道は嫌い。

B村さんは40分に一回くらいトイレ休憩が必要だという。

そして2人とも道を知らない。

お昼も温泉も行き先も、全て我々にお任せしている感じだ。

この状況かなりウケるね、とコドラ。
「一番年下なのに、まるで引率の先生だね。」
と言って、笑っている。

たしかに引率、、、

こういう旅は新鮮だし、なんだか逆に楽しくなってきた。

2人の希望を聞き、箱根を抜けて伊東に出るルートを選ぶことにした。


箱根は紅葉していた。








秋だね、と言っていたら、山を登るにつれて気温が低下し、真冬の空気に変わった。

箱根の道の駅で休憩した時には2度だった。






続いて伊豆スカイラインへ。

こちらも天気は良いが真冬の寒さだ。




我々はタンデムだったから、ツーリング仲間の走っている姿を撮ったりして、スカイラインを楽しんだ。




亀石峠から伊東に降りた。

途端に暖かくなるが、流石にサーファーは少なかった。

海の色は寒さのせいか、前回訪れた時よりも青さを増していた。




こまめなトイレ休憩と安全運転を守り、お昼過ぎに海女の小屋、与望亭に到着した。

ここで昼食をとる。




ライダーに人気と聞いてきてみたのだがその姿はなく、何故か3、4歳の子供を連れた家族連れが客層の大半を占めていた。

団体ではないが、それぞれが大はしゃぎ。

店員さんに注意されると、親は、

「ほら、店員さんに怒られたから静かにしな」

と一言。

子供が飽きて騒ぐのは仕方ないことだが、

えー、自分の子供に注意するポイントって、そこ❓❓と驚いた。


気を取り直してオススメと人気ナンバーワンの海鮮丼を頼んだ。






食事の後は東伊豆風力発電所へ。






舗装されてはいるものの道は悪くガタガタで、遊園地のアトラクションにでも乗っている気分だ。

山の上のせいか風も強い。


最後の目的地は赤沢日帰り温泉。

湯船から空の先に海が繋がって見える、絶景の湯だ。

入浴料が休日は一人1550円と高め。

貯湯循環で湯は癖なく普通なのだが、この広さとこの設備なら掛け流しは無理そうだ。


夕暮れ時の4時半に帰路に就くと、程なくして日が暮れた。

大きな月が海上を照らして幻想的だった。




海沿いを北上し、鈴廣でお土産買って、小田厚に乗った。

日が暮れると途端に寒くなり、温泉効果が切れると手足が凍えるように冷えた。

今冬はこれで最後かな。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/12/05(火) 07:28:59|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。