我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

シルバーウィーク2017 九州の旅 17 裏見の滝2

慈恩の滝のお蕎麦屋は定休日だったから、次の裏見の滝へ向かう。

時刻は1時過ぎだった。




車窓から流れ込む風は草木の香りが爽やかでひんやりとしていたが、真夏のような強い陽射しだった。

212号線を走っていると街中を抜けた丘の上にレストランを発見。

小国の物産館で、ピラミッドというレストランだ。

車を停めて中へ。




時刻は1時15分。遅めのランチになった。

レストランは混み合っていたが、明らかに回っていない様子で、ほとんどのテーブルに食事が届いていない状態だった。

空いているテーブルについて、忙しそうに動いている店員さんを申し訳なくも呼び止めて注文した。

水が出て来たのはそれから暫くたってからだったから、だいぶん時間が掛かることを覚悟したのだが、15分くらいで料理が出てきた。


阿蘇の赤牛。
焼肉定食とハンバーグにしたが、どちらも美味しかった。






そこから20分ほどだったろうか。

鍋ヶ滝に到着した。

こちらは完全なる観光地になっていて、

見物料の500円払って、階段を下って滝へ降りる。

たくさんの観光客で賑わっていた。




滝の大きさはこちらの方が大きく、滝の後ろ側は洞窟になっていた。






先程とは違って一周することは出来なくて、反対側から眺めて、また滝の後ろを潜って戻る。







スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/30(土) 09:27:02|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 16 裏見の滝

阿蘇に行きたかった理由の一つは
裏見の滝
と呼ばれる、滝の裏側に行くことの出来る滝を見たかったから。

最初の滝はここ。






慈恩の滝は、小さいながらも迫力があった。

普段の写真と見比べても、台風で大量に増水していたわけでもなさそうだ。

滝の脇には小さな道の駅とお蕎麦屋があったが、大々的に観光地化されているわけではなく、それ程混み合っていない、というのも魅力だった。


この滝は時計回りに回ると縁起が良いそうだ。

早速滝の裏側へ行くべく、遊歩道を歩く。




滝の裏側。

水しぶきがすごいが、遊園地のアトラクション並みに楽しい。






滝の裏を通り抜けて反対側に来た。




ふと見ると、家族連れが我々とは反対側から滝に近づいている。

あの人たち、時計回りに回るってしらないのかな⁉️

ん❓ちょっと待てよ⁉️

あ、、、

我々、反時計回りに回っていた、、、。

しかも、時計回りに回ろうとしたコドラを制して反時計回りに回っていたため、2人して大爆笑。

気を取り直し、今度は時計回りに滝を回った。

洋服がびしょびしょになったことは言うまでもない。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/29(金) 19:50:38|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 15 九州へ

下関から高速に乗って、8時半過ぎに壇之浦PAに立ち寄った。




九州が見える。

ここが平家滅亡の合戦の舞台だ。




本当はここで朝定食でも食べようかと思っていたのだが、改装中で売店しか営業していなかった。

フグの棒鮨を買って、食べながらこの先のルートを考える。

棒鮨になってもフグの淡白さはそのままなので、ポン酢と紅葉おろしの味が際立ってはいるが、美味しかった。






さて、お腹も満たされたところで、この先のルートだ。

目的地は、阿蘇、高千穂、湯布院、別府あたり。

あとは博多で鶏皮も食べたいし、長崎は2人で旅に行ったことはないから寄りたいよね。

台風で九州入りが遅れたし、全部回るのは忙しいか。

一番の目的は、前に行った時は増水で乗れなかったから、リベンジで高千穂でボートに乗ること。

20日の夜まではライトアップもしているし。


ということで、今回は博多と長崎は諦めて、熊本と大分に絞ることにした。


どうやって向かう?どんな順番かね?

大分道にするか、博多を回って九州道か、、、

あ、小倉南から一般道で南下すれば真っ直ぐ阿蘇に出られるよ。

阿蘇から今晩高千穂に行ってライトアップを見て、翌朝ボートに乗ればいいね。


それでは、いざ出発! 関門橋を渡る。




九州上陸!




小倉南から一般道に降りて、322号線を南下した。

しばらくは、田んぼの稲が倒れているのが見えたが、川も増水はしていなかったし、台風の爪痕はないように見えた。




九州にはまだ夏の名残があって、潰れかけてはいるものの、入道雲が出ていた。




街道の脇には彼岸花が咲いていた。

植えているというよりは、自生しているのだと思う。




福岡の南部に差し掛かると、台風の痕跡があちらこちらにあった。

崖崩れを防止するために片側通行になっていたり、古い舗装路が崩れて工事をしている場所もあった。




川では木が倒れ、電線が崩れていた。






18号だけの影響ではないかもしれないが。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/29(金) 07:16:32|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 14 角島

角島大橋を渡る。



時刻は6時半、気温22度。

雲の多い晴天。

潮風が心地良い。




角島大橋は角島へ渡るための橋で、強風時には通行止めになるようだから、前日の台風通過時には通行止めだったのかもしれない。

海の上に真っ直ぐに伸びた橋は、見ても良し、渡っても良しのお勧めの場所だ。

朝早くから、同じように島に渡る車やバイクがいたが、混み混みではない、というところが尚良い。


島に渡るとすぐに展望台があった。

木の茂り方なのか、橋を渡っただけで、急に島感が出る。

ミンミン蝉と秋の虫が同時に鳴いていた。






島の食堂では新鮮な魚が食べられるのだが、生憎開店の9時までは時間があり過ぎる。

とりあえず島を一周することにした。

海岸に出る道を進む。




ここはヒーローでキムタクがロケをした場所らしい。




海岸沿いの一本道。

灯台があった。




海岸に出られるようになっていた。




釣り人が2人、腰まで海に浸かって釣り糸を垂らしていた。

鳥居があるので行ってみた。








長閑で、日本ではないような不思議な景色があった。

海岸の草花も見たことがないようなものだったから、余計に異国情緒を盛り上げているのかもしれない。




海岸にはたくさんの昆布が打ち上げられていたが、いつもなのか、台風後のせいなのか。




大きな熊ん蜂のブンブンいう羽音と、波の音だけが聞こえてきて、心地良い海風が髪を揺らす。

日常からの完全なる乖離だ。


車に戻り、再び島を周る。






漁港には人がいなかった。

やはり食堂も空いていない。

まだ朝の7時半だ。致し方あるまい。




再び角島大橋を渡って本土へ戻る。




旅の目的地である九州に向けて191号線を南下する。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/28(木) 17:30:34|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 13 角島大橋

夜中に肌寒かったせいか、5時半に目が覚めた。

夜が明け始めていた。気温22度。




展望台に登ると角島大橋が見えた。




台風一過の快晴を想像していたのだが、雲が多いようだ。




せっかく早起きしたのだからと身支度を整え、いざ、角島大橋へ。

道の駅からはすぐだった。









スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/28(木) 07:15:02|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 12 嵐の後

島根、山口の日本海側の下道を走って角島大橋へ向かった。

国道9号、続いて191号線を走る。

途中海辺にいくつか道の駅があり、夕食を食べられるのであればそこで寝ようと思っていたのだが、営業時間内にも関わらず、台風の影響により、悉く閉まっていた。


山口に入ると陽が射し始めた。




雨も小降りになって来た。

台風を通り過ぎた後には幻想的な景色が広がっていた。

黄金に輝く世界。無加工だ。






途中、道の駅で降りてみると、空に虹がかかっていた。




海辺の方には青空が見えていた。




風は強めだが雨は上がった。

車に戻ると、虹が二重に掛かっていることに気がついた。




結局この日は角島大橋にほど近い道の駅、北浦街道 豊北 で車中泊。

夜8時着。

夕飯はコンビニ晩餐。




台風が抜けたと思ったのに、再び雨が降り出して、しばらくすると止んだ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/28(木) 07:14:17|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 11 湯の川温泉

旧大社駅から真東に30分程戻り、宍道湖の手前にある湯の川温泉が、この日の温泉。




1時前に到着した。

天気予報では昼過ぎから台風の影響が出始めるということだったが、この時点では弱い雨が降っている程度で風はなかった。

旅館は年季が入っているようにも見えたが、離れは新設されたようだった。






家族風呂2000円、入浴料1人1時間500円、2人で計3000円だった。

アルカリ性塩化物泉の掛け流し。

湯はぬる目だった。




庭の紅葉が風にサラサラと揺れるのを眺めながらゆったりと湯を愉しむことが出来た。


さっぱりした後は山口方面へ向かう。

次の目的地は、角島大橋だ。

この晩はどこか途中で車中泊をして、翌朝台風一過の晴天の中で橋を渡る予定だ。

台風はこの日の夕刻に掛けて山陰を通過する予報。

雨風が強くなって来た。
でも幸いなことに、強い勢力の台風というほどではなかった。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/27(水) 08:51:40|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 10 旧大社駅

大鳥居を通り過ぎて旧大社駅へ。




今は使われていない駅舎で、線路に降りることも出来る。




向かいのホームにはデゴイチも展示してあった。




明治時代に作られ、大正時代に改築、平成2年まで使われていた大正浪漫を味わえる場所だ。








出雲大社参拝中に降り出した雨は止んでいた。

車に戻って次の行き先を考える。

温泉に入りたいよね、と、温泉アプリで近くの良さげな温泉を検索した。

先程出雲大社でコドラがおみくじを引き、

旅は延期すべし、吉方位東/凶方位西

と出て、出鼻を挫かれた感が否めなかった我々。

たまたま見つけた良さげな温泉は、朝通ってきた宍道湖手前まで東方向に戻る場所にあって、偶然にも方位除けする形になった。

コドラは、きっと神様か誰かが手助けしてくれたね、と言っていた。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/26(火) 21:02:27|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 9 出雲大社

翌朝目が覚めると、台風が九州に上陸していた。

9月17日、日曜。

山陰は午後から雨の予報。

ゆっくり目にホテルを出て、朝マックをして、松江を出たのは9時半くらいだった。

松江城の前を通り過ぎ、




宍道湖畔を出雲大社方面へ。




気温は22度。雲が多いがまだ雨は降りだしていない。

1時間ほどで出雲大社に着いた。




ポツリポツリと小粒の雨が時折落ちてくるから、傘を持って参道へ向かった。






神話を象った像が出てきた。




因幡の白兎と大国主の命。




大国主大神と幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)。




手を洗い、口を濯いでから境内へ。

拝殿。




大しめ縄、何だか前見た時より小さいような、、、

まあ回ってみよう。


本殿の周りを時計回りに回る。










あれ、終わってしまった。

違和感を感じつつも、まぁこんなものかと気にせず後にした。


後日、東京に戻ってきてから、あの有名な大しめ縄は神楽殿にあり、

その神楽殿は本殿がある敷地から一旦向かって左に出た場所にあることを知った。

わかりずらい、、、ま、いっか 笑

意外と行き忘れる人いるみたいなんで、行かれる方はご注意を。


大社の前には土産物や食事処が並んでいた。

気になる看板を発見。




円が縁になっている。
流石、縁結びの神社前。

せっかくなので、のどぐろ寿司とシジミ汁を堪能した。








スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/26(火) 19:52:05|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク2017 九州の旅 8 松江

大根島の夕暮れを満喫しながら、この先の予定を話し合った。

明日の予定は出雲大社。

もう近くまで来ている。

今晩は松江で美味しい海の幸を堪能しようか、ということになった。

移動しながら松江のビジネスホテルをネット予約して、向かう。

真っ赤な夕焼けが灰色の雲の向こう側に消え、辺りはすっかり真っ暗になった。

松江駅前のビジネスホテルにチェックインをして、これまたネット検索した海鮮問屋 博多へ。

少し遅くなってしまって、夜の8時だった。

お通しは、蟹味噌と、秋刀魚の塩辛、それから多分冬瓜の煮物。




生ビールで乾杯してから、地ビールと地物焼酎の水割りを頼んだ。




生け簀のある居酒屋で、力士の写真が並び、出てくる料理の量も多い店だった。

イカと甘エビの刺身。






透き通ったイカの甘さは格別で、甘エビも美味しかった。

隣の県だが鳥取砂丘のらっきょうは他のらっきょうより断然美味しい。




クロモはもずくより太い海藻。

三杯酢なので味はもずく酢と変わらず、噛みごたえがある感じ。




宍道湖のシジミ蒸し。




島根ブランド牡蠣の焼き牡蠣。




大山地鶏の炭火焼は柔らかくて香ばしい。




コドラが昔修学旅行で訪れた際に食べて感動し、いつかまた食べたいと思っていたというイチヂクの天ぷら。




シメのカニ雑炊は想像より量が多くて食べ切れなかった。



どれも味が濃くはないがしっかり目についていて、大満足。

お会計も12000円くらいで、思ったより安かった。

満腹のお腹を抱え、駅前を散歩してから宿に戻った。





翌日は日曜。

台風18号が九州に上陸の恐れがある日。

松江には雨も風もまだなかった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/09/25(月) 21:12:05|
  2. 九州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。