我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

ドアの建て付けを直した

我がガレージハウス、ガレージの真上が寝室になっており、階段で繋がっている。

寝室の入り口には外用の扉を付けているのだが、建て付けの問題でガレージの空気が寝室に流れ込んでいた。

ハイオクのガソリンを積んでいるバイクは、ガレージに入れるとコドラが
ガソリン臭い
と嫌がるから、現在は外に停めている。

冬になると家を締め切るため、このままでは健康上も安全上も宜しくない。

工務店に連絡すれば治して貰えるのだが、日程調整して時間に縛られるのも面倒なので、自分で直すことにした。

ご覧の通り、枠が少し外側についていた。



ドライバーで緩め、内側にずらして締め直す。





三箇所を付け直し、修理完了。

これで良くなった気がするが、暫く様子を見てまだ駄目なようなら、今度はホームセンターで隙間を埋めるゴムがあるので、それを取り付けようと思う。







スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/30(日) 09:58:43|
  2. ガレージハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウッドデッキの変色具合

我が家のウッドデッキ、五ヶ月経つため、なかなか良い色に変色してきた。

最初は明るい茶色。



三ヶ月程でグレー掛かってくる。



現在はこちら。



自然の素材はこういった風合いの移り変わりを楽しめるのが良い。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/24(月) 10:12:16|
  2. ガレージハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のツーリング3 白根ハイキング

神社があったのでいってみると、その先にハイキングコースがあった。





日光もだが、柵があり、熊に注意と書かれているため、いつも行くのをためらうが、今回はせっかくなので少し歩いてみることにした。

熊よけの鈴を付けていくように書かれていたが、持ち合わせていなかったし、時間もなかったので小回りの道を選んで歩いた。



松の香りが清々しい。



所々で紅葉していたが、まだ時期的には早かったようだ。

景色は、展望台や兆候よしと書かれたスポットで、木の合間から山が見えるくらい。









熊よけの鈴を持って森林浴を楽しむことをお勧めする。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/21(金) 14:13:34|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のツーリング2 白根の紅葉

温泉を後にしてしばらく進むとゴンドラ乗り場が出てきた。

冬はスキー場のようだ。

高原で紅葉がみられるという。

沼田からの道すがら、何度も看板を目にして気になっていた。

日光まで行くのは時間的に無理なので、ここで紅葉を見ようということになった。

地上はまだ草木が青々としていたから、標高の高い高原にいかないと紅葉は見られないだろう。

往復一人2000円もした。

ゴンドラは思いの外勢いよく斜面に沿って釣り上げられ、意外な速さで登っていく。

急勾配だ。





眼下にはアルプスのような景色が広がる。



湖も見えた。



一見頂上に見える分岐点まで登ると、また先に新たに頂上に見える分岐点が出現し、また登る。
そんなことを何度か繰り返しているうちに、周りの景色が秋色に染まり始める。





山が見渡せる高さに到達。



白根山が見えてきた。
今度こそ終点のようだ。



下から見た時には一番手前の分岐点が終点のように見えていたため、2000円は高いと思ったが、実際に乗ってみると見所満載の長い距離を、標高2000mまでゴンドラで運んでくれるため、まぁこのくらいはしても仕方ない気がする。

ゴンドラ乗り場を降りると白根山が綺麗に見えた。





天空の足湯なるものがあり、賑わっていた。









スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/21(金) 10:20:09|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のツーリング1 白根温泉

日曜日は久しぶりにツーリングに出かけることにした。

正直、あまりにオープンカーが快適過ぎて、バイクに乗る機会が減っている。

朝5時に起きて6時には出かけようと思っていたのに、バタバタ用意をして家を出られたのは結局7時45分だった。

秋晴れで空気が澄んでいる。
気温は16度、冬のバイクウェアには丁度良い温度だった。

目的は日光で紅葉を見て、温泉に入ること。

まずは狭山PAでコーヒーとパンで軽く朝食を、、、と思ったら、それは反対のPAで、こちらには食堂と売店があるだけだった。



とはいえこちら側の食堂には美味しい山賊カレーがある。

一つ頼んで半分ずつ食べた。



唐揚げも、タレも、カレーも絶品。
かなりのお勧めだ。

食べながら作戦会議。

奥日光に一つ良さげな温泉を見つけていたが、出遅れたため、その手前にある白根温泉に行ってみることにした。


人気があるのか狭山PAには沢山の車とバスが停まっていて、トイレ待ちの長蛇の列が外まで続いていたため、高坂でトイレに寄り、タリーズのコーヒーを飲みながら休憩した。


高速を沼田で降り、下道を日光方面へ向かう。

道の脇に赤い林檎がなっていた。
気温は20度に上昇した。

行楽シーズンの行楽日和とあって道は混んでいたが、渋滞という程ではなかった。

沼田の先で左に逸れて山道を上がった気がしたが、新しいトンネルが出来ていて、そちらを通った。

お昼前に白根温泉、薬師の湯に到着。



入浴料一人800円。
弱アルカリ性単純温泉の掛け流し。
温度は熱めで湯量が豊富だ。
透明な湯はほぼ無臭で、手触りは軽い。
空いていた。

道を挟んだ向こうには川が流れていて、秋の気配を感じながら寛ぎのひと時を過ごした。

湯から上がると石臼のようなもので温泉卵が作られていた。



お昼時だったし、安かったので蕎麦を食べた。

入浴客とライダーで混んでいたが、温泉と蕎麦屋を二人で回しているようで、手が回っておらず、カリカリしていて商売っ気はないようだった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/20(木) 08:29:39|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試乗 ジャガー F-PACE

実家で使っているディスカバリー4の点検が終わったと、お世話になっているディーラーさんから連絡があったため、ディフェンダーに親を乗せて引き取りに行って来た。

このディーラー、『ジャガー・ランドローバー』として、ジャガーとランドローバーが同じ屋根の下で売られている。

担当さんから「F-PACE試乗してみますか?」と声をかけられた。

もちろん乗りたい!

ということで、試乗させてもらった。



グレードは20d。
180馬力&430Nmの、2リッター4気筒ターボディーゼルエンジンを8ATで走らせる。

車に乗り込むと、まず、全面液晶のメーターパネルが目に入る。
設定でここをナビ画面にしたり色々とカスタマイズ出来る。

解像度も高く見やすい。

エンジンをかけてもディフェンダーのような振動や音は全くしない(当たり前か…)。

空ぶかしをしてもレスポンスはいいし、これがディーゼルだとは気が付かないぐらいに洗練されている。

最新のディーゼルエンジンに衝撃を受けた。

走り出すと、さすがに低回転から大トルクが出ているだけあって、アクセルをふっと踏んだ時に前に出て行く感じが素早い。

ランドローバーと同じで、シフトレバーの根元付近にあるスイッチで走行モードが変えられる。

チェッカーフラッグのマークが、担当者さん曰くのやる気スイッチ。

ダイナミックモードと呼ぶらしいが、押すとメーターが赤くなり、ハンドルなどの手応えが重くなる。

レスポンスも良くなるとのことで、短時間だがアクセルを床まで踏み込んでみた。

踏み込んでみた。。

踏み込んで。。。

遅い … 汗



やっぱりディーゼルは、アクセルを全開にして回転数を上げていくと速さ的には厳しい、ということを体感した結果になった。

高速道路で巡航から追い越しをかけるような状況だといいのかもしれない。


ディスカバリー4は、5リッターNAでアクセルを踏み込むと、らしくない乾いたスポーティーな音を発しながら怖いぐらいに加速して行くのだが、ランドローバーのイメージとは少し違う。

ランドローバーといえば、余裕があって淡々と走り、いざという時は力持ち、だ。

ジャガーの方は軽快にスポーティに走り回るという感じだろうか。

となると、F-PACEにはディーゼルよりガソリンのほうがキャラクター的にはあってるのかもしれない。




レンジローバースポーツのパンフレットをもらってきた。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/17(月) 20:31:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

無防な運転

二週連続でバイクによる無謀運転を見かけた。

一度目は山梨の早川からの帰り道。

山と川に挟まれた一本道が、所々道路工事中だった。

片道一車線の交互通行が必要だったが、土日はお休みなのか人がいないため、工事現場用の信号機が設置してあった。

地方でよく見る光景だ。



赤信号で我々は止まった。
残り時間の表示が出ていて、後2分半の待ち時間があることがわかる。

しばらく待っていると後ろからバイクが一台走ってきて、信号待ちをしている我々の傍をすり抜け、普通の速さで走り抜けて行った。

信号はまだ赤、残り時間わずか1分だ。

我々は驚いて顔を見合わせた。
道の先はカーブになっていて見通しが悪い。

案の定クラクションが二度鳴り響いた。

対向車が二台来ており、たまたま二台とも普通乗用車だったから、なんとかぶつからずに通れたようだった。

こういう道ではよく大きなトラックに行き違う。
現に我々も、その道でその直後にトラックと行き違った。

もしあの信号無視バイクがあの時あのトラックに行き当たっていたら、確実にバイクの運転主は死んでいただろう。

彼がああいう運転を続ける限り、五年後の生存率は限りなくゼロに近いだろうし、今回無事だったのはたまたまで、確率の問題、時間の問題、もしかすると今頃既に死んでいるかもしれない。

何箇所にも信号があってイライラしていたのか、交通ルールを守らないことを破天荒でカッコ良いと勘違いしているのかもわからないが、やっていることは単なる自殺行為であり、自分が対向車だったらはっきりいっていい迷惑だし、事故で道を塞がれたら、他に道がないため大勢の人が実害を被る。


二度目は後でアップするが、昨日ツーリングに出掛けた時の話。

久しぶりの行楽日和で、沼田から日光方面へ向かう下道も混んでいた。

バイクとしては気持ちよく走りたいのに、交通量が多くてイライラしていたのかもしれない。

我々の後ろにいたバイクが我々を追い越し、更に前の車を追い越すために黄色い中央線を越えて追い越しをし、走り抜けていった。

こちらは見通しは良かったので自殺行為とまではいかないが、案の定次の信号ですぐに追いついた。

交通ルールを破ってまで焦って追い越しても、どうせ次の信号で追いつくだけだ。

焦ったところでメリットはなく、身の危険と、減点を喰らうリスクを負っただけである。


現在教習所に通うコドラの教本に書いてあったようだが、あるデータによると全体の二割の人が繰り返し無駄運転を行い事故を起こす人で、交通事故の大半はそういう人が起こしているらしい。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/17(月) 10:44:54|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山梨の車中泊旅 3 古民家カフェとオウムの行列

湯から上がるとお昼の時間になっていた。

この施設も年季が入っていて風情があり、ほうとう、ヤマメ、馬のもつ煮などのメニューがあったが、少し先の階段を上がったところに古民家カフェがあったので、そちらへ行ってみた。







鹿肉のカレーと、鳥とキノコの味噌クリームパスタを頼んだ。





どちらも地元の食材で出来た優しい味だった。

食後にコーヒーと紅茶を頼んだ。

コーヒーは聞きそびれたが、紅茶はやはり地元産で、お茶の葉が焙煎の仕方によって紅茶になっているそうだ。

香りはダージリンから癖をなくしたような優しい香りで、味は飲んだことのない紅茶の味だったが、爽やかで癖がなく、美味しかった。




復路は林道を抜けようかと思ったが閉鎖されていたため、来た道を戻った。

来る時に見掛けて気になっていた吊り橋に行ってみた。



危険なため一人づつ渡るように張り紙がしてあり、お地蔵さんやらお札やらが置いてある。

なんだか不気味だ。



綺麗な渓谷の景色でも見られるかと思ったが、普通だった。



渡り終わっても何もなかった。
道すらなかった。

何のための橋だったのか、謎である。

道の駅に立ち寄り、甲府南から高速へ入る。
勝沼からは渋滞だった。

日が暮れた後、車のテールランプがオウムの行列のように見えた。










スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/14(金) 08:17:18|
  2. 甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山梨の車中泊旅 2 ヌルヌル温泉

朝起きたら珍しく9時になっていて、急いで支度をした。

朝定食を求めて次の境川PAへ。

同じものを自宅で食べても感動はなく、旅館で出てくるとむしろ残念感があるのに、車中泊旅の朝にPAなどで食べると、格段に美味しく感じる。



高速を降りると秋の景色が広がっていた。



稲、すすき、柿、など、秋の色がちらほら目に映る。

オートキャンプ場を通り越して更に進む。





薄曇りの天気で時折晴れ間が見える。
気温は20度前後だっただろうか、長袖一枚では肌寒い。



甲府南ICを降りて1時間半くらいだろうか。
早川のオートキャンプ場抜けて更に40分くらい、南アルプス街道という川沿いの一本道を走ると奈良田の里に到着した。

南アルプスへの玄関口でもあるようで、ここから先はマイカー規制が掛かっていた。





町の駐車場に車を停めてから徒歩で急な坂道を登る。

奈良田の里温泉。





入浴料1人550円。
ナトリウム系炭酸水素塩泉。
湯は透明でぬる目。
仄かな硫黄の香りがする。

特徴は、なんといっても過去最高ランクのヌルヌル具合。

木の湯船に足をつけた途端に滑りそうなほどヌルヌル。

体を湯に浸し、手で確かめるとシャンプーが手についているのかと思うくらいのヌルヌル加減だ。

炭酸水素塩泉なため、細かな気泡が肌を覆い、温泉の注ぎ口の近くでは、細かな気泡が弾けるのが見える。

小さくて露天はないが、視界は開けているし、なにしろ源泉掛け流しだ。

本来は秘湯だったのかもしれないが、人気があるのか入浴客もそこそこいるため秘湯感はない。

肌の調子が悪かったのか、湯上りの肌つる感があまりないのは不思議だが、再訪リストの上位に君臨した。

シャンプーがあったので頭を洗ったが、男湯にドライヤーはなく、女湯には一つだけあったようだ。

湯上りに温泉が飲める。
しばらく出しておいたが温かくならず、冷たいまま飲んだ。







スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/14(金) 08:16:41|
  2. 甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山梨の車中泊旅 1 スモールライトの交換

三連休の日曜日、夕方に教習所までコドラを迎えに行った。

帰りの車中でその日の夕食について話しているうちに、今からどこかへ車中泊に出掛けよう、ということになった。

一旦戻って支度をし、目的地はとりあえず車の中で考えることにした。

ガレージから出ようとスモールを付けると、左側が点かなかった。

仕方ないので工具を持って、まずは近所のカー用品店へ。

駐車場でライトを取り外す。





ワット数とサイズを確認し、替えの電球を買い、取り替えた。






そんなことをしているうちに、コドラが山梨の早川にヌルヌル温泉を見つけたという。

早川はむかしランドローバーが提携していたキャンプ場があり、たまに訪れる場所だ。

目的地をそこに決めて、いざ出発だ。

時刻はすでに七時半。
お腹がすいた。

高速で向かうか下道か迷ったが、高速に乗ることにして、談合坂サービスエリアで夕食を食べることにした。

談合坂がイマイチなのはお互いに承知していたが、他を探すのも面倒だし まぁいっか、という適当な理由でとにかく向かう。

談合坂ではラーメンを食べた。
8時半を過ぎて選択肢が狭まっていたのもあるが、昔ながらの醤油ラーメンに見えて、美味しそうだと思った。

我々は本当にいい加減なようで、いつも食べてから思い出すのだ。

そういえば、前回も、談合坂で食べるのはもうやめようって話したよね、、、と。。。

後悔先に立たず。

今度という今度は、ちゃんと覚えておこうね、とお互いに確認しあったが、またすっかり忘れてしまいそうで、そんな自分の馬鹿さ加減に一抹の不安を覚える。


この日の車中泊は釈迦堂PAにて。夜11時に就寝。














スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/13(木) 19:25:43|
  2. 甲信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。