我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

夏祭りと入道雲

未だ明けない梅雨。
暑かったり寒かったりで体調を壊しがちな季節だ。

土曜日に近所で盆踊りがあった。
町内会の小さな祭だ。

浴衣を着て風情を楽しみに出掛けた。



丁度涼しい気候で、浴衣でも汗だくにならずに済んだ。

盆踊り会場には出店はほとんどなかったが、生ビールを買った。



流れる曲が氷川きよしや妖怪ウォッチやマイムマイムなど、昔ながらの盆踊りとはまた違った趣きだった。


日曜日は良く晴れた。

今年初めての入道雲(?)を見た。



そろそろ本格的な夏の始まりだ。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/27(水) 08:24:25|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一粒のオリーブ

オリーブ屋さんから買ったオリーブの木、5個くらい身がついていたのだが、黒く変色してしまったり、落ちてしまったり。

結局収穫は一粒だけだった。



塩漬けにしようにもたった一粒。

さて、どうしようか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/23(土) 22:06:30|
  2. ガレージハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月の三連休 万座温泉

規制地帯を抜けるとすっかり霧が晴れ、真夏の陽射しが眩しく輝いていた。



目指すは日進館。
老舗の温泉ホテルだ。

日帰り入浴は10時からとなっていたが、9時半頃に聞いてみたら、入ることができた。

入浴料一人千円、源泉掛け流しだ。



まずは露天の極楽湯へ。
ホテルの脇を歩いて少し下った離れにある。



高い位置にあるため、開放的。
湯は白濁しているが、刺激はなく、柔らかくて肌触りも滑らか。
仄かな硫黄の香りがする。

女湯ですら民家から丸見えだというから注意が必要か。

直射日光が肌を刺し、白濁の湯に反射して眩しかった。

いつまでも入っていたくなる衝動を抑え、一度上がる。

続いて内湯の長寿の湯へ。
丁度9時半から清掃だったため、自由に飲める天然水を飲みながら10時を待つ。

時刻ぴったりに向かうとまだ清掃中で、誰もいなかったため、写真を撮らせて頂いた。





貸切状態だった。

浴槽は、中に4つ、デッキに二つ。
苦湯やら姥湯といった5つの源泉があるようだ。
ナトリウム系の酸性硫黄泉と硫酸塩泉。

デッキは露天になっていて、こちらの方が最初に入った離れの露天よりも更に丸見えだった。

道や駐車場にいる人と目があう程。

苦湯は酸性のようで、若干カサカサした感覚があっが、草津の湯ほど強くない。

姥湯は滑らかな感触だったが、離れの露天の湯との違いはよくわからなかった。

洗い場は内湯にしかなく、中で繋がってはいないため、日帰り利用の場合には、内湯にはいってから離れに向かった方が良さそうだ。

我々が着替えを済ませて出ると、入れ違いに入っていく人がいた。

入浴料金1000円は高いと思ったが、堪能してみると納得感がある。


ホテルを後にして帰路に就く。

すぐ側に綺麗な池があった。
遊歩道もあり、一周出来るようだ。







真っ青な空と白い雲、真夏の太陽。
最近の亜熱帯的な夏ではなく、子供の頃の懐かしい夏が、そこにはあった。


浅間白根火山ルートを通った。

緑に囲まれ、風が爽やかだ。
カーブを何度も曲がって暫く下ると、突如聞こえ出した蝉の鳴き声で、標高1000mを切ったのだろうと思った。

ハイウェイ代2000円程掛かるのが煩わしいが、軽井沢までぬけた。

真っ直ぐに続く道などあり、ドライブには快適だ。



嬬恋で朝取れ野菜を購入した。
キャベツと生でも食べられるトウモロコシが各100円と安かった。

トウモロコシを4本頼んだら、小さいからともう4本おまけしてくれた。

家に帰ってから早速生で食べてみたが、フレッシュで甘く、びっくりする程の美味だった。

焼きモロコシも香ばしくて美味しかった。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/21(木) 07:31:21|
  2. 関東
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月の三連休 R292 志賀草津高原ルート

コンビニで朝食を買い込み、早めに高原へ向かった。

霞みがかった晴天で、木漏れ日が清々しい。



志賀草津高原ルートは火山規制のため朝8時から開通。
手前のレストハウスの駐車場で休憩した。

山の中腹まで霧がかかり、硫黄の香りが辺り一面に漂っていた。



8時まで時間があったため、鶯の合唱を聞きながら、のんびりと朝食をとった。



寒かったので鍋焼きうどんを買ってみたが、期待した程の感動はなかった。

我々が到着した時には1.2台だった車が、8時前には10台程に増え、列をなして道路の開通を待っていた。



開通時刻の少し前に巡回車が来てゲートを開けると、列をなしていた車が忙しなく走り去って行った。

一団がいなくなったところで我々も先に進んだ。





いつ来ても霧の印象だが、今回は濃霧ではなく、晴れ間も覗いていた。







硫黄の香りが強くなっていく。

湯釜あたりは駐車場も遊歩道も立ち入り禁止になっていて、火山活動を監視する車を見ながら通過した。










スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/20(水) 08:11:50|
  2. 関東
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月の三連休 草津湯畑

この三連休は所用があったり、建築士さんが図面を届けに来てくれたり、中古車屋さんに行ったりしたため、日曜の夕方から、引越し後初となる車中泊旅に出掛けた。

目的地は、いつか行きたいといいつつ未だに行っていなかった万座温泉。

草津方面に向かいながら、まずは今夜の温泉を探す。
高崎や前橋あたりだと夜遅くまでやっている温泉がいくつかあるが、前橋IC付近にある天神の湯へ立ち寄ることにした。

前にも一度訪れたことがあるが、熱い源泉が気持ち良く、肌がすべすべになる。
源泉かけ流しも嬉しい。

さっぱりした後は下道で再び草津方面へ向かう。

蒸し暑い。
夏の車中泊は暑さとの戦いだ。

途中の道の駅で涼しい場所があればいいと思っていたら、草津に着いてしまった。

せっかくだから夜の湯畑でも見に行こうということになった。

時刻は11時。
お祭りがあったようで、法被を着たほろ酔いの祭り男たちが数人、パラパラと引き上げていくところだった。



夏祭りの活気の名残りと閉められた出店の屋台。古い日本家屋から漏れる薄明るい灯に翠色の湯畑がぼんやりと照らされ、漂う硫黄の香りに情緒が感じられる。

足湯にも入りたかったが、車を停める場所がない。



仕方なく湯畑を一周してから、西の河原駐車場で車中泊をすることにした。

気温は20度。
車中泊には丁度良い気温かと思ったのだが、何も掛けずに寝たところ、夜中に寒くなった。
15度くらいまで下がっていたようだ。

朝は5時半に起床した。



肌寒かったが澄んだ空気に誘われて散歩をした。
夜露が太陽の光を浴びて一斉に蒸発し、緑の香りを放っていた。

久しぶりに来てみたら、綺麗なトイレが出来ていた。



車中泊の車が多かったが、朝早くから出発する車も目立った。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/19(火) 08:38:36|
  2. 関東
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボルボ C70カブリオレ

セカンドカーを購入した。



パールホワイトのボディに黒の幌。
2005年モデルだ。

今から整備をするため、納車は一カ月くらい先になる。

前のオーナーがきちんと整備をして拘って乗っていたようで、状態もいい。

我が家は東京の田舎にあるため、一家に車二台は珍しくないのだが、一生乗り続けるディフェンダーを、買い物やクリーニングなどの度に使うのが忍びなかったということもある。

うちのディフェさん、二年間で既に走行距離が2万8千キロを越えている。

そこでセカンドカー。
どうせ同じお金を出すなら遊べる車にしよう、ということになり、四人乗りの幌のオープンカーを探した結果、この車に白羽の矢を立てた。

夏以外の乗り物であるオープンカー。
急いでいないので冬頃までに、と伝えにいったら、思いがけず二日くらいで良い物が出たと連絡があった。

第一希望は紺か深緑にベージュの幌。
これは第一希望ではなかったが、T5クラッシックは新車販売台数も少ないため出回るのは珍しく、他の年式に比べると馬力もあり、状態もよいというので決めた。

黒の幌も状態が良いため、数年して張り替えが必要になれば、紺色にでも変えようと思う。

日帰りドライブも風を感じて楽しめるから、今から納車が楽しみだ。



珍しいクラッシックカーが置いてあった。










スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/17(日) 19:40:32|
  2. | コメント:0

久しぶりの温泉

土曜に所用があり、諏訪へ向かった。

空気は朝からひんやりとしていて、家を出た時には小降りの雨が降っていた。

中央道脇の山の中腹には霧がかかっていた。



幻想的で墨絵のように見える。

お昼は談合坂SAでハンバーガーとおにぎりを買い込み、車内で。
下りは上りほど充実していない。

夏場はゴザを敷いている。



朝摘んだラベンダーを持ってきていた。
親戚にあげるらしい。



中央道の最高標高地点。



我が新居の周りは東京とは思えないほどの自然に恵まれているため、清々しくて良い所だと思っていたのだが、さすがに信州の自然の量には叶わないことを再認識した。

この日は親戚を訪問してから、コドラ親の家で久しぶりに温泉に入った。

前回排水口の漏れを修復したのだが、調子は良好のようだ。

我が新居では湯船に入りながら窓を開けて空が見えるため、なかなかの開放感があり、かなりの気持ちよさを味わえる。

そのため引っ越し後は、どこでもいいからとりあえず天然温泉に入りたい欲はなくなっていた。

考えてみれば引っ越しをしてから初めての温泉だ。

ふーっと体から力の抜ける寛ぎ、なんとも言えないお湯の気持ち良さ、いつまでも入っていたくなるこの感覚、さすがに温泉はお湯が違う。

上諏訪温泉は無色透明だが、仄かな硫黄臭が心地良い。

湯上がりのノンアルビールの味も格別だ。


夕飯をご馳走になり、8時に帰路についた。

夜の高速のオレンジ色の街灯が好きだ。








スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/13(水) 07:26:16|
  2. 山梨・長野(D)
  3. | コメント:0

バーベキューコンロ

引っ越し前に張り切って買ったバーベキューコンロ、なかなか出番がない。

コストコで買ったアメリカンサイズだ。

実家ではウッドデッキでバーベキューが定番だったため信じて疑わなかったのだが、うちの雰囲気にバーベキューがしっくりこないのだ。

七輪があれば十分かもしれないと話していた矢先、近くのホームセンターでテーブルサイズのコンロを見つけたため、試しに買って使ってみた。



火起こし機で炭を熾して入れた。



そら豆と牛肉を焼いてみた。
そら豆はホクホクで、牛肉は炭火焼きの美味しい味がした。





火加減も問題なく、これで十分なサイズだった。

ただ、テーブルやデッキの木材が異常に熱くなるため、断熱が今後の課題だ。

ということで、コストコのバーベキューコンロは返品した。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/11(月) 07:35:10|
  2. | コメント:0

キャンピングカーショー

先週末にキャンピングカーショーに出掛けた。

毎年開催期間が短く、出張と重なったりしてなかなか行く機会がなかった。

C2トンネルを通って東京ビックサイトへ。





何回か通ったが、とにかく長い。

ここで震災や事故などには遭遇したくないものだ。





トンネルを抜けた後に広がる空はいつもよりも開放感に溢れて見える。

お昼前に到着。

屋外駐車場には沢山の車が停まっていて、チラホラとキャンピングカーも混じっていた。

既に出庫していく車もちらほら見かけた。



車を停めて、外に出る。
真夏の太陽に蒸された海風が潮の香りを運んでくる。





入場料は1人千円。

モーターショーとは違い、一つのホールを更にパーテションで仕切って展示していたため、車が詰まっている印象。



キャンピングカーもあるが、車中泊用にワゴン車を改造したものが多く展示されていた。

我々も自分たちで車中泊仕様にしているが、同じようなことをメーカーさんがやってくれるということらしい。


ベンツのキャンピングカーがあった。




エアストリームのトレーラーを発見。



どの車も、中を見るにはスタッフへ声をかけ、順番待ちをして案内してもらうシステム。
並んではみたものの時間がかかるため、外から中を覗きこんで立ち去った。

4人で悠々といった印象で、我々には大きすぎた。


ルーフテントを発見。





写真にディフェンダーも使われていた。
大荷物の長旅には良さそうだ。


T globeを発見。









こちらはディフェンダーとの組み合わせも良いため、並んで待ち、中を見せてもらった。

シャワーとトイレもついていて、収納もある。
洒落てこじんまりとしていて、身長180の人だと頭がついてしまい、真っ直ぐは立てないだろう。

窓にはブラインドがついていた。

ベッドは2人用。
これまた身長180の人だと足は伸ばせるかギリギリのところだと思う。



キッチンはガスのようだ。



2人でゆったりかけられる椅子とテーブル。



脇にはオーニングもあり、車中泊には最適だ。

社長さんが隣のスタッフさんと盛り上がっていて説明は聞けなかったが、サイズなどを考慮するとこれが一番我々向きだった。

とはいえ、キャンピングカーやトレーラーはかなりの贅沢品。

絶対にこうなりたい、絶対に欲しいと思い続けていればいつか叶う、というのが我が持論ではあるものの、果たして絶対に欲しいと思い続けるべきものかどうか…



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/07/09(土) 12:10:07|
  2. | コメント:0

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。