我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

熊野古道8 帰路 完

朝は7時半に起床し、8時に出発した。

カキツバタにも入りたかったが、用事があったため、またの機会にと先を急ぐ。

伊勢湾岸道が新東名に繋がっていた。
トヨタ東から浜松いなさjctまでが真新しい道だった。



ナビはまだ対応していない。



道が平らで幅も広いため車も揺れず、カーブが少ないため横Gも掛からず、助手席のコドラとしては肩がこらなくて良いらしい。

駿河湾沼津サービスエリアで休憩。





お昼には海の幸たっぷりの海鮮丼を食べた。
新鮮で臭みなく、安定の美味しさだった。



今回の旅、駆け足だったがなかなか充実していた。
伊勢熊野、今度またゆっくり行きたいと思う。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/31(木) 08:26:50|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

熊野古道7 三重路

海へ出て街道を北上した。
すぐに三重県に入る。

しばらく走ると刺身、寿司の文字が見えたため、寄ってみることにした。

海鮮丼と鰤の昆布じめ寿司を頼んだ。
鰤のあらの入った漁師汁つき。





この辺りは秋刀魚寿司が名物らしい。
昆布締めがもっちりしていて美味しかった。

食事の後、同じ三重にある片岡温泉を目指して更に北上した。

10:30に着いた時には強風で、気温は7度と寒かった。

片岡温泉は、様々な分野のデザイナーやプロが集まって出来たデザイナーズ温泉。
入浴料600円。

湯も仄かな硫黄臭と滑り気のあるアルカリ性温泉で、我々のランキングではかなり上位だったのだが、すっかり地元に溶け込んだ普通の温泉になっていた。

前回は細部にまで拘りの行き届いた寛ぎの空間で、建物だけでなく、ライティング、香、ヒーリングミュージックなど、五感に働きかける癒しを感じたが、今回行ってみると、デザイナーズの施設だけをそのまま残し、中身が大衆向けに変わっているような印象を受けた。

受付のスタッフも、たまたまたかもしれないが、前はにこやかでホスピタリティの人達だったのだが、今回は一般的な受付の人だった。

クレームでもあったのか、ヒーリングミュージックも、ホールに薄っすらと漂うアロマの香もなくなっていた。

地元に溶け込んでいるのは良いことなのだろうが、家族連れで賑わうため混雑しており、ほんのりとした温泉の香りは別の匂いで掻き消され、騒がしい話し声で寛ぎの空間ではなくなっていた。

掛け流し湯は変わらず良かったが、なんだか拍子抜けした感があり、残念だった。

今回は空いていなかったため宿泊は出来ず、四日市から高速へ。

日付は既に変わっていて、行きに近くを通った際に続いていた渋滞は解消されていた。

この日も刈谷で車中泊。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/29(火) 10:29:33|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

熊野古道6 千枚田



4時半に熊野古道を後にする。
三連休ではどうして駆け足になってしまう。

311号を進み、国道へ逸れる。



しばらく走ると視界が開け、千枚田の全貌が見渡せる場所へ。

人の手と自然の織り成す芸術という趣だ。



地元の人が再開拓して、棚田を復活させているという。

千枚田の中へ降りていく。



夕暮れ時で西陽が眩しく光る。
カエルの鳴く声とちょろちょろという水音が聞こえる。
田んぼにはおたまじゃくしの姿が。



気温は15度と暖かく、穏やかでほっこりする夕暮れのひと時。

などと寛いでいたら、日の入りまであまり時間がなくなっていた。

道に迷いながら、砂利道を抜けて杖の峰へ駆け足で向かう。



パラグライダー滑走路のある絶景ポイントだ。







急斜面になっていて、車が落ちそうで怖かった。

夕焼けは薄っすらとしか映らなかったが、日の入りには間に合った。

日が傾き、山の上であるため寒い。
そそくさと車に戻った。滞在時間僅か10分程。

真っ暗になる前に国道へ戻る。





進むに連れて行きたい場所が増えてしまい、慌ただしくも充実した日だった。

長い1日はまだ続く。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/28(月) 08:32:29|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

熊野古道5 熊野古道

熊野古道と一口に言っても、ルートが複数ある。

いつも通り大した下調べもなく、勿論ガイドブックを買っているわけもなく、何となく「中心」と書かれていた本宮へ向かった。

1時15分着。



本宮駐車場に車を停めるのにも行列が出来ていて、昼食を摂れる店が3、4軒と極端に少ないため、そこでも行列だった。

角にあるうどん屋の列に並び、しばらく待ったところで後一時間待ちと言われて別の店へ。
食事には不便な場所らしい。
次回はお弁当持参が良いのだろうか。

二人とも関西風のかき揚げうどんにめはり寿司のセットを頼んだ。



伊勢うどんは柔らかいと聞いたことがあるが、熊野のうどんも柔らかかった。
透明のしっかりした味付けの出汁、塩味のきいたかき揚げ、名物のめはり寿司は高菜で包んだおにぎりのことだが、どれもなかなか美味しかった。

食事の後本宮でお参りをすると、2時半になっていた。



アップダウンの少ない初心者コースを歩くことにしたが、既に時間もないため、最初のポイントである三軒茶屋で折り返すことにした。

それでも片道40分、丁度良い運動だ。

ところが、いざ向かおうと思うと、古道への入口がわからない。

地図も出ていないし、ネットで調べても入り口がどこにあるのかは見つけられなかった。

階段を降りたり登ったりして道に迷った末、地元の人に声をかけ、二人目でようやく教えてもらえた。

本宮の手前を右に通り抜け、そのまま一般道を道沿いに歩いて行くと熊野古道だった。

熊野古道と言っても最初の方は舗装された道で、両脇に民家の立ち並ぶ普通の町中に「熊野古道」と書かれた看板が出ているだけだった。



階段を上がり、地元のお墓を通り越すと、ようやく林道に辿り着く。

古道の趣漂う杉林の中の道だった。

杉の清涼な香り、程よいマイナスイオンに囲まれる。







古い石畳が敷かれた場所もあった。



気持ちが良いと深呼吸しながら歩くコドラとは対照的に、花粉症の身にはかなりの試練だ。

マスクをしていても鼻水が止まらずクシャミを連発。
見えない強力な敵と戦いながら歩いていた。

鶯が、不慣れな鳴き声で声援を送ってくれた。

初春の鶯は、久しぶりで慣れていないのか、まだうまく ホーホケキョ と鳴けないのだ。

三軒茶屋に到着すると、おばあちゃんが紀州梅を売っていた。

迷ったのだが買わずに引き返すことにした。

古道の下を一般道が走っている。
杉林の間を歩くのはそろそろ限界なので一般道を歩いて帰った。

田舎の下道はいつも車で通りすぎるだけだから、初めて歩いたような気がする。

杉林が花粉を飛ばす前の茶色い色をしていた。



道端の花を見ながら歩く。



和歌山らしく、川べりに柑橘系の木が自生していた。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/25(金) 18:02:54|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

熊野古道4 日本三美人の湯 龍神温泉

高野山をさっと見学し、後ろ髪を引かれながらも先を急ぐ。

龍神スカイラインへ。
箱根やビーナスラインのような道を想像していたらイメージが違ったが、絶景ではないものの、気持ちの良い道ではある。



ごまさんスカイタワーで停まってみた。



山の上方の木の枝が凍り、白く縁取りが出来ていた。

この道、何故だかやけにロードスターに遭う。

風もあって寒い。
展望台には行かずに通り過ぎた。

日高川は澄んでいて、緑に見える。



吊り橋古いがあったので渡ってみた。



こういう吊橋は揺らしてなんぼだ。

すぐ先にある、こじんまりとした小さな集落に入るとそこが昔ながらの温泉街で、日本三美人の湯、龍神温泉だ。

昨日地図上で日本三美人の湯という文字をみつけてこのルートを選び、立ち寄ることにしたのだ。

一番奥にある日帰り温泉施設、元湯へ。







アルカリ性炭酸水素塩泉の掛け流しで、入浴料700円。

ヌルヌル温泉好きで色々いったが、施設なども考慮すると総合でトップクラス。

晴れていて、川沿いの立地もあり、気持ちが良い。

無色透明、無臭で、美人の湯らしく肌がすべすべになり、湯感触も柔らかい。

温泉を出て再び車を走らせる。
ここでもロードスターを沢山見かけた。

日高川沿い371を南下。
桜の開花宣言はまだなのに、山桜なのか、あちこちで桜が咲き誇っていた。







スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/24(木) 08:28:43|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

熊野古道3 高野山

朝6時半起床。
晴れ、10度。

肌寒いが陽射しは暖かい。
春の訪れを告げるように鶯が鳴いていた。



静かでよく眠ることが出来た。
街外れの川沿いだが空気も良い。
思わず深呼吸する。

7時に出発した。
ここから高野山を抜けるため、朝ご飯は念のためにと、昨晩コンビニでおにぎりを買っておいたのだが、正解だった。

おにぎりの海苔が味のりで驚いた。
そういえば関西は味のりと聞いたことがある。

寝てる間に鼻が詰まっていたのだが、すぐに合点がいった。

和歌山は杉が多い気はしていたが、周りを杉山に囲まれていたのだ。

急いでマスクを着用した。



金剛峰寺付近には8時に着いた。
気温は3度、震える寒さだ。





早春の椿が咲いている傍らには、まだ雪が残っていた。

ここでの修行は厳しいのだろうが、特に真冬は想像を絶する過酷さなのだろう。

平安時代からこの地があると思うせいか、荘厳な趣を感じる。

鮮やかな建物もあるが、質素な方が古さの中に伝統技術が映える気がして好みだ。

























スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/23(水) 10:29:41|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

熊野古道2 刈谷と針



海岸沿いは潮の香りがする。
陽が射して、海面が銀色に輝いていた。

由比のPAで車を停めた。



気温は17度に上がっていて、この辺りのこの時間の天気予報は雨なのに、すっかり晴れている。

車の中がポカポカで眠くなる。

むしろ少し暑いくらいだ。

高速の傍には茶畑が断続的に続いている。
お茶の葉なのか、苦みのある緑の香りがした。



ゆったり走るには新東名より東名が良い。

刈谷のハイウェイオアシスに到着。



こぶしの花や花桃が咲いていた。





久しぶりにカキツバタでこの度一度目の温泉に入る。

820円と高めで混んではいるが、施設が充実していて、綺麗でお湯がいい。

露天の掛け流し湯船に使った後、内湯の天然温泉の炭酸泉に入った。

ph7.8のアルカリ性で、我々が好きなヌルヌル系。湯は柔らかく肌がしっとりツルツルになる。

早めの夕飯にはラーメンを食べた。
これも久しぶりだが刈谷に来るたびの定番だ。

細めのとんこつスープに良く絡む麺も美味しい。



伊勢湾岸道を走りながらルートを考えた。

亀山で降りて、まるで高速のような名阪国道を奈良の針まで進んだ。

風が嵐のように強く、気温は10度まで下がった。
6時半には暗くなり、寒い。

針から一般道を南下するつもりだったのだが、眠くなり、今夜はここで早めに車中泊をして、明け方に再出発することにした。

予定しているルートだと、せっかくの高野山や高野山スカイラインを日が暮れてから通過することになるため、むしろその方が都合も良い。

針の道の駅は昭和の古い施設だった。



9時に就寝。

と思ったら、10.30に目が覚めてしまった。

この場所、実は、地元の走り屋の溜まり場だったようだ。

エンジンをふかし、若者が騒ぐ。

バイクもエンジンを吹かしてやってきてはまた去ってゆく。

車中泊組が何組か避難し始めた。
近くの別の道の駅へ移動したのだろう。

我々もこのままでは寝れそうにないため、移動することにした。

道の駅を出た途端に人里離れた暗い道になった。
賑やかで明るかったのが嘘のようだ。

途中の道に鹿がいた。
さすが奈良、と一瞬思ったが、良く考えたら鹿は日本全国どこにでもいる。

南下して169号を西へ曲がると生活道路になった。

和歌山に入り、柿の郷くどやまという道の駅に到着したのは深夜の一時。

この晩はここで就寝。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/22(火) 21:41:00|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

熊野古道1 出発

三連休に久しぶりの中距離旅をした。
昔から行ってみたかった熊野古道を目指す。

土曜の朝8時発。
タリーズコーヒーで眠気を覚まし、いざ出発。

関係ないが我が家はスタバよりタリーズ派だ。



天候は雨、気温15度。

環八から渋滞し、東名も渋滞。
海老名を通過した辺りで解消されたが、いつもより1.5倍の時間がかかった。

雨が本降りになる。



晴れ女パワーが珍しく効かないね、と言うと、今に晴れるよ、と余裕のコドラ。

言葉通り沼津辺りで晴れ間が見え始めた。



分岐で東名へ進む。
今回は旅情緒を味わうことにした。

お昼前に富士川に到着。



やはり晴れた。

最初はそれでも白い雲が富士山の上にかかっていたが、昼食をとっている間に雲が晴れ、優美な姿を見ることが出来た。



昼食には、レストランでキンメの煮付けとシラス丼を食べた。





どちらも美味しいのだが、静岡のキンメの煮付けはちょっと甘い。

腹ごなしをして、また出発する。



暖かいので窓を開けて走る。

雨上がりで陽を浴びた木の香りが芳しい。
枯れた薄茶色の冬色の景色は、いつの間にか暖かな茶色に移り変わり、緑が増えていた。

木々は芽吹き、花が蕾を開いている。
風が爽やかな春の訪れを感じさせた。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/22(火) 18:49:35|
  2. 近畿・中部
  3. | コメント:0

ガレージハウスの進捗



図面だけではわからない、建ってみないとわからないのが家造り。

我が家がそれを実感したのは、部屋の明るさと天井高だ。

明るくて天井の高い家とリクエストしたものの、人によって感覚に差があるのが原因だ。

明るさは、窓が付いてから気づいたためもう変えることは出来ないが、壁紙が貼られると明るくなるらしい。

天井は板が張られると取り返しが付かないが、木枠の段階で気づいたため、やり直して貰えることになった。



毎週末進捗を見に行くのが楽しみなのだが、その際に天井がやけに下に下げられて張られようとしていて、大工さんに聞いてみたら、実は大工さんも不思議に思っていた、とのことだった。

今時の家は2400や2500、なるべく天井高を確保するもので、我が家はもともと天井が高いのに、わざわざ天井を下げていて、2300弱になっていた。

建築家さんに聞いてみると、平らな天井というのがコンセプトだったらしい。
2300でも昔の家やマンションに比べると天井高だそうで。

配線などの関係もあり、無理なく出来るだけ、ということで、天井を上げて貰えることになった。

行き違いはあれど、こうやって臨機応変に対応して貰えるのは有難い。

その他の工事は順調に進んでいる。

断熱材が入った。



ユニットバスが入った。



屋根がついた。



シャッターがついた。



フローリングが張られた。





フローリングは初め、塗装したものが届くと聞いていたが、階段や梁やカウンターと色を合わせるため、張ってから塗装することになったらしい。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/14(月) 08:55:55|
  2. ガレージハウス
  3. | コメント:0

夜の都会のディフェンダー

先週の土曜日、久しぶりに夜の街に繰り出した。

たまには都会的な洒落た写真でも撮りたいね、ということになったのだ。

まずは新橋と浜松町の間にあるイタリア街へ。
街の一部が石畳になり、周りのビルも石造りでヨーロッパ風になっており、バルもある。

同じように愛車やバイクの撮影に来ている人達もいたが、雰囲気を楽しむには良いのだが、写真を撮るには物足りない。

やはり風は風でしかないのだ。

長い時間をかけて自然に年季が入っているのがヨーロッパの街並みの良さであり、新しい街の中で撮ったところであの雰囲気は出ない。

ただ、モノクロに加工してみると、悪くはなかった。





銀座に抜けてみたが絵になる写真は撮れず、東京駅付近で撮影スポットを探した。





次いで新宿へ回ったが、都会的な絵になる写真が撮れるスポットはなかなか見つからなかった。









スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/03/11(金) 08:43:47|
  2. 都内(D)
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。