我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

車中泊旅2 雪の轍と蝉の渓谷

県道へ戻り、気を取り直して先を進む。

と思ったら、古く固まった雪の轍が氷と化して道を塞いでいた。



こんな道で対向車が来たらどうするのかと心配したが、車の気配すらなく、通り抜け流ことができた。

この道、雪の轍がなくなると松の枝が降り積もり、また雪の轍、という、自然のままの道だった。



抜けてしばらく走ると川に差し掛かった。
何気なく車窓を見ると、見事な岩の渓谷。

駐車場があったので降りてみることにした。



澄んで冷たい空気の中で勢いのある水音が聞こえてくる。

水が透明で綺麗、渓谷の岩が見事だ。



看板があり、読んでみると、ここは蝉の渓谷というらしい。

芭蕉が奥の細道で詠んだ有名な

閑さや岩にしみいる蝉の声

この句の句碑がこの渓谷に望んで建てられたとある。

芭蕉が詠んだのは山形の立石寺だが、この渓谷の情景を想わせる句であるため、後々誰かが建てた、ということなのだろうか。

散策路を歩いて見る。
確かに見事な岩だった。













スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/02/28(日) 19:08:13|
  2. 甲信越
  3. | コメント:0

車中泊旅1 秩父を抜けて

久しぶりに車中泊がしたくて、金曜の夜10時過ぎに出発した。
東京は5度、寒く感じる。

目的地は、入っている最中から肌つるに変化するのがわかるという噂の長野の戸倉温泉で、その他は行き当たりバッタリのいつものスタイル。

まずは下道を秩父を抜けて佐久へ出ることにした。

昼間なら混み合う街道が驚くほど空いていて、一時間ちょいで飯能に差し掛かる。

この辺りは流石に気温が低く、道脇の温度計が氷点下3度を表示していた。

11.30には芦ヶ久保の道の駅へ到着、この日はここで車中泊をすることにした。

鉄道の駅も併設されていて、若者のグリープがどこかへ出掛ける集合場所にしていたのか、エンジンを吹かす音や騒ぐ声で煩かったが、我々は日頃の疲れが出たようですぐに爆睡してしまった。

朝6時半起床。
昨晩の喧騒が嘘のような静けさと、氷点下の冷たい空気が心地良い。



7時に出発、天気は晴れ。

久しぶりに車のヒーターをつけたせいか、化学物質の匂いが鼻につく。

コンビニで朝食を買い込み、国道299号で群馬経由佐久へ。



手持ちのツーリングマップルによるとツーリングにお勧めと書いてあったが、舗装状態はイマイチだし、山間の道で見晴らしが良いわけでもなかった。

早朝のため、薄い黄金色の畑や田んぼに白い霜が降り、それが陽の光に照らされて細かく輝いていた。

こういった薄茶系で変わり映えのしない景色を、子供時代には、退屈でぱっとしない、なんと絵にならないものなのかと思って見ていたのだが、大人になるとほっと癒される優しい景色に見える。

御巣鷹慰霊碑の先辺りで、空の安全を祈りながら県道45号へと曲がり、更なる山道へ車を走らせる。



ぴーひょろろ…と鳥の囀りが聞こえる。

冬場は通行止めになることの多い林道へ、仄かな期待を寄せて向かう。

アスファルトが崩れ、大きな石が散乱していた。
微速前進する。





アスファルトの舗装が終わり、いざ林道、というところで通行止め。



半ば予想はしていたため仕方なく引き返すも、もっと手前の分岐に看板を出しておいて欲しい、と思う。。。涙



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/02/28(日) 18:26:29|
  2. 甲信越
  3. | コメント:0

小春日和ドライブ

日曜日に、久しぶりに自然の中へドライブに出掛けた。

気温は16度、晴れ。
窓から吹き込む爽やかな風はまだ少し冷たい。

今回は道志方面へ向かった。
車窓に緑が増えてくると心が落ち着く。

青根緑の休暇村にあるいやしの湯へ行ってみた。
三時間700円でアルカリ性の掛け流しの湯がたのしめる、こじんまりとした施設。



源泉の湯船は小さく、温度は低い。
湯は透明。
肌触りも普通だった。

乳幼児や刺青お断りではないため、地域密着という感じだった。

道志道の駅で昼食を摂る。



ふるさと蕎麦と道志菜のペペロンチーノを頼んだのだが、こういう場所で食べていいのはうどん、そば、煮込み、カレーという鉄則を再確認する結果となった。

地元野菜売り場で、名産のクレソンと手作り梅漬け、フキの薹を買って帰った。



道の先へ進み、山中湖へ。

途中、雪が残っていた。



富士山の山頂にも雪が。







河口湖方面から中央道で帰路についた。

道の駅で地ビールを購入。



山梨側の富士の方が見慣れているせいか、形が綺麗でしっくりくる。



自宅に着いたのは夕方の早い時間。
買ってきた野菜を調理しつつ、白菜と鶏肉の鍋を肴に地ビールを堪能した。

クレソンは新鮮で風味豊かだった。
梅干しや梅漬けは手作りの酸っぱさが良い。
コドラが作った蕗味噌は、その苦さが白いご飯にも、日本酒にも良く合う。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/02/17(水) 07:59:33|
  2. 富士山(D)
  3. | コメント:0

ディフェンダーのガレージハウス

うちのガレージハウスにはディフェンダーを収容するため、ガレージの天井が高い。





バイクも入れることを考えて、横幅もある。

広い土地ではないため、必然的に人間のいるスペースが狭くなる。

一般的な家の概念とは掛け離れているため、コドラは時折、

やっぱり人間のスペース狭すぎじゃない?
まぁ、ガレージハウスだから仕方ないけど。

と、自問自答を繰り返している。

とはいえ、リビングやウッドデッキからガラス越しに見るガレージは、最高にかっこいい。

土地やお金が沢山あれば別だが、我々一般人は限られた条件の中で、優先順位をつけつつ、自分の理想の家をつくる。



ガラスや窓が入ると、より家としてのイメージが湧いてくる。

南向の家なので、明るい家にしたかったのだが、出来て見ると窓の大きさや位置のせいか、意外と暗い。

3Dにならないとわからない、というより、建ててみないとわからないものらしい。

窓はなるべく大きく、高い位置につけるべし、ということを学んだ。



床は思うような色や素材が見つからず、結局パイン材の塗装にしたのだが、いくつかサンプルを取り寄せてもらい、現地で色を選んだ。



グレーなのだが、やっとイメージに近い色が見つかった。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/02/15(月) 08:54:38|
  2. ガレージハウス
  3. | コメント:0

家造り

建築中の我がガレージハウス、工事は着々と進捗している。

屋根がつき、壁がついた。





家を建てる際、一般的にはこちらの希望を伝え、後は建築家さんにお任せするものらしい。

そんな中で我々は、拘りの強いうるさい客になっているようなのだ。

というのも、業界は違えど物を作るプロジェクトマネージメントの会社に勤めているため、図面や見積もり、契約書を見たり、工程管理や予算管理を仕事としてしているのだ。

基本的には仲介会社と建築家さん、施工会社さんに任せているものの、こちらにとっては一生に一度の一番高価な買い物である。

抜けなどがあればどうしても気づいてしまうし、この業界では契約書は雛形を使用しているため、つまるところ、行き違いのないように後々揉めることのないように、今自分達が気をつけるしかないということなのだ。

ということで、棘の立たないように気をつけながら、良好な関係性を保ちながら、今までやってきた。

リクシルのショールームで内装を選べるかと言われたが好みとは合わず、ADVANやSANWAのショールームを回って探してきたり、

アクセントにする壁紙が、メーカーにはイメージに合うものがなく、東京デザインセンターで輸入物を探してきたりした。





思えば多忙な半年であった。。。


わかってはいたが、業界が違えば常識も違う。

キッチンやユニットバスはリクシルで揃えたのだが、ショールームで指定した内容と見積もりの内容があっているかをチェックする際、もう一度自分たちで行って確認してくるように言われたのには驚いた。

例え内容が違っていても、毎日似たような複数の客を相手にしているのだから仕方ない、後で揉めないようにしたいなら自分の目で確かめるしかない、ということらしい。


そんなこんなで、楽しくも忙しい家造り。
進捗を目の当たりにすると感慨もひとしおだ。

3Dになって初めて気づいたこともあり、なかなか難しいものだ。








スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/02/11(木) 18:48:24|
  2. ガレージハウス
  3. | コメント:0

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。