我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

ベトナム旅行 4 シックスセンシズ

船着場からは客室担当のクラークが、カートで敷地内を案内してくれる。

林の中を進み、ビーチプールビラ12の前で止まった。

ここには4タイプのビラがある。
ヒルトップ、ビーチプール、ロック、ウォーターの順で豪華になる。

最初ビーチプールにしようと思っていたのだが、実際に行った人のブログで、
ビーチプールは良くない、ヒルトップが良かった
と書いてあったため、敢えてヒルトップにしていたのだか、記念日だと伝えていたためビーチプールへアップグレードしてくれていたのだ。

好意を無にするのもと、有り難く受けることにしたのだが、これが大正解だった。

ビーチプールは二階建ての一軒家タイプで、二階にあるリビングと一階にあるバスルームは壁のない半外。



二階からはビーチが望める。



壁にはヤモリがいるのだが、ウーパールーパーみたいでかわいい。





シャワーはバスルームの隣の庭にあった。



一階のベッドルームだけは壁に囲まれ、クーラーが効いていた。



窓の外にはプライベートプールが、その向こうにはプライベートビーチがあった。





早速着替えてビーチへ。



自分のビラの前が、2人だけのプライベートビーチだ。





浅瀬は短く、すぐに海の色が変わっていて、その下にサンゴ礁が広がっている。

我が家のコドラは晴れ女で、幸い我々は雨に降られなかったが、ボートが対岸を離れてから振り返ると、今まで晴れていたニャチャンの街が黒い雲に覆われていた。

その名残で海の向こうが黒く立ち籠め、雲の隙間から光が差していた。



海から上がり、プールサイドへ。
脇に瓶があって、足の砂を水で落としてから上がれるようになっている。

ウェルカムフルーツに大きなマンゴーとドラゴンフルーツが、ウェルカムドリンクにシャンパンが冷やしてあったのだか、それらを部屋から持ち出し、プールでシャンパンを飲んだ。







プールは温水のように温かく、大いにはしゃいでセレブ気分を満喫した。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/29(火) 19:28:34|
  2. 旅行(車中泊以外)
  3. | コメント:0

ベトナム旅行 3 ニャチャンへ

この日のハノイは雨だった。



朝はホテルのレストランで。
ブュッフェは洋食が中心だが、ベトナム料理をメインに取った。



チキンフォーにベトナムサラダ、青パパイヤの酢漬け、ベトナムコーヒー。
どれもサッパリしていて美味しかった。

チェックアウトをし、頼んでいた車で空港へ送って貰う。
雨でも肩からAラインのカッパを着込み、大量のバイクが街を行き交っていた。

空港にはベトナムらしい土産物が並んでいた。





ハノイからニャチャンまでは1時間40分の国内線移動。

ニャチャンはエメラルドグリーンの湾で、砂漠のような土地に空港があった。







空港に到着すると、手荷物受け取りレーンの前に迎えが来ていて、冷たいおしぼりとミネラルウォーターを渡してくれた。



車は12人乗りのバンに2人で乗り込むため、楽々。





ここから陸路を1時間走る。

まるでアリゾナのような乾いた岩肌の崖沿いを進むと海が見えた。



ニャチャンの街にはリゾートホテルが立ち並び、白い砂浜のビーチが続いていた。
車量は多くないものの、やはりここでもバイクが横行していた。



我々はビーチリゾートを通り過ぎて、プライベートの船着場に到着。





このボートも貸し切りだ。

白い水しぶきを上げながら20分海原を行く。





目指すSix Senses Ninh Van Bayシックスセンシズニンバンベイが見えてきた。



プライベートビーチにビラが立ち並ぶリゾートホテルだ。

眩しい太陽の光に思わず目を細める。

白い服に身を包んだ支配人が出迎えてくれた。












スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/27(日) 13:09:16|
  2. 旅行(車中泊以外)
  3. | コメント:0

ベトナム旅行 2 ハノイ

ハノイには昼過ぎに到着した。

ここで一泊し、翌朝旅のメイン目的地であるニャチャンに向かう旅程だ。

ハノイ空港から市内まではホテルに送迎を頼んでいた。

一台往復38ドル。
ドライバーには英語は通じない。

40分の距離だからベトナムにしたら割高かもしれないが、安全性とトラブルを考えれば一番無難な移動手段だろう。



ベトナムは四年ぶりだが、ハノイを訪れたのは初めて。

街に近づくにつれバイクが増える。
二人乗りで奇抜なデザインの布のマスクという、独特なスタイル。

交通ルールはないに等しいが、車は慣れた様子でクラクションを鳴らしながらバイクと並走する。



2時少し前にホテルへ到着。

ホテルは旧市街の湖の近くにある、リーズナブルなホテルを選んだ。
ホテルドットコムで予約した一泊8000円くらいのハノイパールホテルだ。



チェックインを済ませて早速街を散策する。





街の汚さにコドラが驚く。

道は凸凹、信号はなかったり、ついていても関係ないから、車とバイクの間を縫ってタイミング良く横断しなければいけない。

社会主義国の仕組みはよくわからないが、平日昼間でもたくさんの人が露店に座っている。

バイクは自転車のように乗られていて、歩道を走ってくるし、歩道に停めて道を塞いでいた。

みんながクラクションを鳴らしながら走るためうるさい。

排気ガス臭い。

これぞ東南アジア独特の喧騒だ。

低温サウナに入っているかのような蒸し暑さで、歩くと全身にじっとりと汗をかく。

ハノイ大教会。


早めの夕食は地元民にも観光客にも人気という市場村で。





春菊のニンニク炒め、フォー、蒸し春巻き、蒸し海老などを堪能。
ベトナムビールとの相性は間違えない。

値段も3000円くらいとリーズナブルだった。











日が暮れてから、ホテルに戻る前に綺麗目のバーに入った。



ほろ酔いのまま湖べりを散歩した。

北部は中国の影響が強いのか、ライトアップされると更にその雰囲気を増す。








スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/26(土) 10:47:56|
  2. 旅行(車中泊以外)
  3. | コメント:0

ベトナム旅行 1 出発

今年のシルバーウィークには、フライトマイルが貯まっていたためベトナムに出掛けた。

仕事以外で海外へ行くのは、20年ぶりだ。

朝5時半発で羽田に向かう。

まずはラウンジで軽食とビールを楽しむ。
早朝からビールが飲める贅沢を満喫。



仕事がら世界の僻地に頻繁に行くため、ビジネスクラスの特典航空券を余裕で用意出来た。

窓側のソロシートを押さえていたが、真ん中の並び席に移った。



フルフラットシートでハノイまで5時間の空の旅。

昼食は洋食の近江牛のハンバーグとカニのカレーをチョイス。(写真はハンバーグ。)



赤ワインが美味しかった。



普段は一日中飛行機を乗り継ぐため、5時間のフライトはあっと言う間で体も楽だった。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/26(土) 10:09:43|
  2. 旅行(車中泊以外)
  3. | コメント:0

生命大躍進

8月末の雨の日、久しぶりに電車で出掛けた。

用事があったからなのだが、足を延ばして上野へ。

国立科学博物館の生命大躍進展を見学にいった。



40億年前の地球の誕生から、生物の進化の過程がメイン。

小さな生物の太古の化石が沢山展示してあり、CG画像が流れていた。

CGは写真や録画禁止だったが、展示物は写真を撮れるようになっていた。





7つくらいある展示スペースのうち、最後から二つ目くらいにやっと恐竜が現れ、最後の最後に人類誕生、という流れだった。





子供連れの家族で混み合っていたが、見応えがあり、大人である我々も本物の化石の相当量に大興奮だった。

この特別展示のチケット、国立博物館の常設展の入場券にもなっていた。





はやぶさが地球に持ち帰った小惑星イトカワのサンプルも見ることができた。



これが宇宙を漂っていると思うと不思議な気分になる。

博物館を出ると、上野公園の一角に、飛騨高山の物産展が出ていた。

岩魚と地ビールで休憩。
思いがけずの至福のひと時だった。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/14(月) 08:30:26|
  2. 雑記
  3. | コメント:0

豊橋まで

8月某日、豊橋に向かった。

ディフェンダーにヒーターをつけるためだ。

今回は打ち合わせ。


久しぶりに新東名に乗った。



スピードの出ないディフェンダーで、何もない真っ直ぐな道をのんびりと進むのはもどかしい。

新東名は夜中のSAでは大したものは食べられないし、ディフェンダーでの旅は東名に軍配だ。

静岡SAで車中泊。



蒸し暑かった。

朝は外のベンチで地物を。



豊橋には路面電車が通っていた。



打ち合わせの後、昼食を食べてから帰ることにした。

前日の車中泊で蒸し暑くてあまり眠ることのできなかったコドラは、打ち合わせの間ぼーっとしていたくせに、名古屋といえば喫茶店なのだと、ちゃっかり近くの喫茶店を検索していた。

日付変更線という、古くてレトロな喫茶店。



スープオムレツとグラタンを頼んだが、どちらも美味しかった。





帰りは下道でミカンの木の立ち並ぶ街道を抜け、浜名湖へ。





祭による通行止めがあって、遠回りをすることになってしまった。



高速に乗ると御殿場から先が渋滞とのこと。
富士川で早めの夕食をとった。
いつ食べても安定の美味しさだ。



案の定、御殿場の手前から東京インターまで連続して渋滞だった。

















スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/13(日) 18:36:15|
  2. その他(D)
  3. | コメント:0

試乗

縁あって、S63LとG350の試乗に行った。

IMG_2946.jpg

IMG_2945.jpg

さすがメルセデスのフラッグシップだけあって立派だ。

この車にはAMGパフォーマンスパッケージのオプションが付いており、ハンドルには一部アルカンターラが使われている。

fc2blog_2015090222362748d.jpg


車両の設定は全てモニターを通して行うがシートにマッサージ機能までついている。



カーブでは、体の傾く方のシートが自動で出てきて支えてくれる。

室内照明も色が選べた。



5.5LのV8ツインターボは585馬力、トルクは90kg以上ある。5m以上の巨体があっという間に加速していく。
車体が重いのか安定しすぎているのか、どこに飛んでいくのかわからないような危うさはまったく無く、むしろ気付かないくらいに静かだ。

その点、以前試乗したフェラーリの458やF12のほうが、少しアクセルを踏むだけで狂ったような加速を感じられた。


さて次はGクラス。3LのV6ディーゼルのG350である。



室内はそこそこ豪華だけれど、先ほどのSクラスと比べると、全てがこじんまりとまとまっている感じだった。
ドアの鍵がガシャンとすごい音を立てて閉まる。



乗り味はディフェンダーに比べるとだいぶ柔らかい。
ディフェンダーとディスカバリー4の中間ぐらいか。
フレームに前後リジッドサスという共通点からか全体的にはディフェンダーと似たような感じであったが、室内が狭いせいか、小さい車に乗っているような感がした。

さすがに3Lターボはディフェンダーよりもパワフルだけれど、オートマが少しだるく感じた。

ディーラーの方々もディフェンダーに興味津々で、覗き込んだりして観察していた。

IMG_2954.jpg

なかなか貴重な機会だったけれど、結論は(増車して)S63Lはすごく欲しい!






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2015/09/02(水) 22:40:49|
  2. | コメント:0

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。