我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

2014夏 北海道旅行記16

★2014/9/17 夜 旭川

この日のうちに青い池まで行こうと思っていたのだが、大雪山で思いがけず時間を取られたため、明日の朝に延期することにした。

取り敢えずはお腹もすいてきたことだし、通り道にある旭川でラーメンでも食べようということになった。

旭川ラーメン村を一周し、天金という店に入った。
野菜ラーメン醤油800円、焼き餃子、山わさびご飯を頼んだ。
野菜を焦がした香ばしい味が、しっかりとした味の醤油スープにマッチしていた。
油っぽいのだが野菜たっぷりなのでさっぱりと食べることが出来た。
ただ、こればかりは好みになるが、個人的には前に行った加藤ラーメンの方が好みだった。

HS-AS4.jpg

今日の夜は十勝岳温泉に行こうと思っていたのだが、これまた時間的に間に合わず、手前にある白金温泉観光旅館へ立ち寄った。
1000円と高めで修学旅行生とバッティングだったのだが、丁度入れ替わりで、生徒が全員上がってしまうと逆に貸切状態になった。
硫化塩泉でエメラルドグリーンに近い白濁したお湯だった。
白樺の林に囲まれた岩風呂が貸切で寛げたが、1メートル先が暗闇という静けさの中に一人でいると、熊でも出そうな気がして落ちつかなかった。

お湯から上がって、今夜の車中泊スポットをどこにしようかと話し合い、結局美瑛の道の駅まで戻って就寝することにした。
夜道には街燈がないため、動物の飛び出しに注意して運転する必要があった。
結果的に次の目的地である青い池の前を一往復することになってしまった。

美瑛の道の駅は、鉄道の駅と併設されていて駐車している車も多く、街中であるためあまり車中泊向きではない。
我々は線路脇の暗めの駐車スペースに車を停めた。


ちなみに今回外付けで取り付けたナビがこちら。

HS-AS2.jpg

ディスカバリー4のナビは、一体何キロで走ればこの時間に到着するのかという感じで、到着時間が当てにならなかったのだが、今回のものは大よそ予定時刻に到着するため助かっている。

内装は基本収納がないのだが、助手席の前には棚があり、そのまん中には掴まるための手すりがついている。

さすがディフェンダーはアドベンチャー仕様だ。

棚のスペースは広いが、仕切りがないためデッドスペースになってしまう。
そこで飛行機に搭乗した時にもらえるアメニティーの入っていたポーチをIT袋として活用し、手すりの上のスペースにはめ込んで使っている。

HS-AS_20141130213406187.jpg


このIT袋の中には携帯の充電機などをまとめて入れてある。

携帯は、このように100Vを取り出して車内で充電出来るようにしている。

HS-AS3.jpg






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/30(日) 21:39:44|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記15

★2014/9/17 昼 大雪山

次の目的地は大雪山だ。
日本一早い紅葉を見に行く。

どこに行けば写真のような綺麗な紅葉が広がっているのか、はっきりとしたことはわからないまま、取り敢えず大雪山方面を目指した。

釧路のホテルで朝支度をしている際に、テレビで丁度、前の日に降った大雪山の初雪を報道していたから、もしかすると雪化粧をまとった紅葉の山が見られるのではないかと期待が高まった。

途中の道の駅でパンフレットがあったので見てみると、マイカー規制をしていることがわかった。
臨時駐車場でバスに乗り換えねば近づけないらしい。
おまけに最終バスの発車時刻が3時15分と早かった。
間に合うかどうか。。。というところだったが、とにかく先を急いだ。

道すがらの木々が、所々で紅葉し始めていた。
霧雨が降ったり止んだりしていたが、太陽は顔を覗かせていた。

目的地には、結局20分程余裕をもって到着することが出来た。
駐車場代は200円だが、バスは一人往復1000円とお高めだった。

HS-TS2.jpg

持ってきた中でも一番の厚着をしてバスに乗り込んだ。
既に寒かった。

古くなった路線バスを臨時で使っているようだったが、隙間風を防ぐためだろうか、窓枠にガムテープが貼り付けてあった。
道は舗装されていない狭い砂利の一本道で、バスが壊れるのではないかと思うほどガタガタと揺れた。
特定の数カ所でしか対向車とすれ違うことが出来ないため、マイカー規制は仕方がないとわかった。

30分くらい走ってバスが到着したが、展望台もなければそれらしく紅葉した山も見えない。
うろうろしていると、バスの運転手さんが「向こうだよ」と教えてくれた。
少し山道を上がると登山口らしきものがあり、そのあたりから木の合間に雪山と、遠くに紅葉の一部が見えただけだった。

もしかすると山道をもっと入っていけば景色が開けるのかもしれないが、案内もなく、避難できるような場所もなく、とにかく寒い。
外気に曝されていられるのは10分が限界だった。

HS-TS3.jpg HS-TS_201411300707253c4.jpg

お金と時間がかかっただけのような気もするが、日本一早い紅葉と初雪を見られた「経験」ということで、よしにしようと思う。

いやー、ともかく、寒かった。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/30(日) 07:08:17|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記14

★2014/9/17 昼 美幌峠

青い空、緑の牧草地、ひんやりとした風。
白樺の香りが車窓から流れ込む。

今度は一路、大雪山を目指す。
6時間の長旅だ。

ここにきて、さすがに旅の疲れが溜まっていたのか、それとも如何にも心地よい天候のせいなのか、美幌峠まであと少しというところで眠くなった。

道の脇に展望スペースがあったため車を停め、窓を開けたまま昼寝をした。

風がさらさらと笹を揺らし、沢の音が聞こえていた。
最高の昼寝日和だった。

HS-BI.jpg


30分くらい寝るとすっきりしたため、峠へ移動した。

この日の美幌峠は晴天。

風もさほど強くなく、太陽が近いせいか、鋭い日差しのせいで厚着の我々には暑いくらいだった。
何度か訪れているが、今までで一番良い時期だった。

峠からの景色は絶景の一言。
屈斜路湖が綺麗に見渡せた。


HS-BI2.jpg


ここで昼食。

豚丼や海鮮ラーメンなども食べたことはあるが、この日は旬の、サンマの蒲焼700円と、ホッケの煮つけ定食1100円を注文した。

蒲焼には、見た目ほど濃くない豚丼のタレがかかり、焦げ目の具合とノンアルビールが絶妙だ。

ホッケの煮つけは薄味だったが、あっさりしていて美味しかった。

HS-BI3.jpg HS-BI4.jpg


食事をしている間にいつの間にか雲行きが怪しくなっていた。

HS-BI5.jpg


山の天気は変わりやすい。
案の定、山を降りる途中で雨になり、北見手前でまた晴れた。

ここで給油。燃費11.13.

この時期、街道沿いには色とりどりの花が綺麗に植えられて咲いていた。

畑のあちこちには収穫されたジャガイモが箱に入れられ、その上に青やオレンジのビニールが掛けられていた。

HS-BI7.jpg HS-BI6.jpg





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/28(金) 08:20:17|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記13

★2014/9/17 朝 釧路湿原

朝五時半起床。ホテルを六時半に出た。
途中で朝マックを買い込み、湿原へ向かった。
秋色の草木で覆われた湿原の一本道は凸凹でひどく揺れ、あちこちに水たまりが出来ていた。
頭上には青い空が広がり、開け放した窓からは、湿り気のあるひんやりとした空気が入り込んできた。
出喰わした鹿の親子が、きょとんとした表情でこちらを見つめていた。

想像していた、湿原のあちこちから朝靄が立ち登る光景は見ることが出来なかったが、その名残は感じられた。

川べりに椅子とテーブルを出して、買ってきた朝マックで朝食をとった。
温かいコーヒーがいつもより美味しく感じられた。
辺りには我々の他には誰もおらず、川の流れる音だけが聞こえていた。

思わず伸びをしたくなる解放感と爽快感。

だが、すぐに体が冷えてしまい、そそくさと車の中へ避難した。

HS-KU2.jpg

HS-KU3.jpg

展望台へ上がった。
聞こえてくるのは風が木の葉を揺らす音だけ。
深呼吸をしても、新緑や夏の間に感じるような草木の香りはない。
鳥も虫も動物も、気配すらない。
五感で静けさを楽しんでいるような感覚だった。

冬に訪れた時には雪で覆われ、まるで宇宙から見る地球のように見えていた湿原の、本来の姿を見ることが出来た。

HS-KU4.jpg HS-KU.jpg

展望台から降りてまじまじと見てみると、先ほどの凸凹道の水たまりのせいで、車はすっかり泥だけになっていた。
初泥。

HS-KU5.jpg

この後、美幌峠に向かう。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/25(火) 09:13:48|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記12

★2014/9/16 夜 釧路

次の目的地は釧路湿原だ。釧路までの道のりは二時間だった。

途中、夕立が降り始めたのだが、真っ赤な夕焼けの中で大粒の雨が勢い良く降っているのは不思議な光景だった。

HS-K.jpg


山には雲海のような雲がかかっていて、そこに夕陽が射して数本の光の線を描いていた。

朱色に染まった空には山が影絵のように映し出され、赤い夕陽は、山の向こう側へ沈む直前に薄い金色に色を変えた。

我々にとっては初めて目にする種類の夕焼けの姿だったのだが、この北の大地ではよく見かける景色なのだろうか。

薄暗いので撮影は出来なかったのだが、やはりこういう時に備えてちゃんとしたカメラを購入するべきなのだろうか。。。

夕焼けにはもう間に合わないから、早朝の湿原を見に行くことにした。

とすると、今日のミッションは後3つだ。

温泉、美味しい地のもの、車中泊スポット。

一番のネックになるのは車中泊スポットだった。

市内に車中泊出来る場所があるのかよくわからないため、釧路には何度か来たことはあるものの、いつも泊まらずに通過している。

ネット検索するも、市内の公園には駐車場がないようだったし、何より土地勘がない。

取り敢えず、まずは湿原の中にある、かや沼という古い温泉施設を目指すことにした。
以前冬に訪れたことがあるのだが、体の良く温まる塩化物泉で、入浴料450円の源泉掛け流しだ。

日はとっぷりと暮れ、小雨の降る中、静かな露天風呂に入った。

聞こえてくるのはお湯が湯船に流れ込むちょろちょろという音だけだったから、溢れたお湯が溜まって排水溝へ吸い込まれるときに、ゴーっと大きな音を立てるのに驚いた。

お湯から上り、待合室で、釧路名物の炉端焼きを食べに行こうと決めた。

前に行ったことのある美味しい回転寿司も候補に挙がったが、さすがに生もの続きで胃が冷たくなっているような気がして、温かいものを食べることにした。

そうなると、やはり飲みたいし、煙臭くなるから車中泊はしたくない。

炉端焼きのお店が集まる辺りのホテルを検索すると、洒落ていて落ち着けそうなホテルがあったため泊まることにした。

炉端焼きはせっかくなので雰囲気を味わえるように、綺麗にライトアップされた沢山の船が停めてあるすぐ横に、ビニールを張って作ってある岸壁炉端というお店へ行ってみた。

HS-K2.jpg


厚岸の牡蠣、海老、つぶ、鮭のはらす、砂肝、とまと、ジャガバタを買ってきて目の前の網に乗せ、炭火で焼いて食べた。

この晩のお供はハイボールだ。

店に入ったのは閉店一時間前の9時だったのだが、9時半にはラストオーダーとなって一斉に片づけが始まったため、あまりゆっくりは出来ずに雰囲気だけを味わった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/23(日) 04:45:54|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記11

★2014/9/16 昼 知床散策

食事の後、もう一つの目玉である、知床五湖へ向かった。

道すがらの景色も絶景だった。
知床連山が見渡せる山道や、白樺に囲まれた真っ直ぐな道をドライブするのは最高だ。

HS-SR2.jpg

HS-SR.jpg


我々は地上散策はまたの機会にし、今回は気軽に行ける、高架木道の散策を選んだ。

HS-SR4.jpg

HS-SR3.jpg


風が気持ちよく吹き抜ける散策路は、高架だけあって、空の上を歩いているようだった。

日の光が眩しく照らしつけるため、帽子とサングラスは必須だ。


知床横断道路は日本で一番通行可能な時期が短い道路らしい。

白樺の林の真ん中の一本道は、晴れていたこともあってドライブには最適の道だった。

ただ、ヒグマの生息地のど真ん中を通行しているわけで、キタキツネと鹿は道路の脇まで来ていたし、ここは本来彼らの場所だということを弁えて、人間は邪魔にならないよう、通らせてもらっていると思うべきなのだろう。


知床岬は寒くて、羅臼岳には丁度大きな雲がかかっていた。

HS-SR8.jpg

HS-SR9.jpg


峠からは北方領土が見えるらしいのだが、海上が曇っていてよく見えず、羅臼の町まで下ると薄くその影が見える程度だった。

HS-SR5.jpg HS-SR6.jpg

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/21(金) 09:04:25|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記10

★2014/9/16 昼 知床クルーズ

今日のアクティビティは知床クルーズだ。

平日だったため予約はせず、到着時間に一番近い時間に船が出るゴジラ岩観光へ向かった。

時間も値段も一番手ごろな3300円のコースを選んだ。

カムイワッカの滝で折り返す、一時間のクルーズだ。

観光事務所からは歩いて船に向かうのだが、港の脇に、ゴジラの形をした岩があった。

HS-SC7.jpg


港から小さな船に乗り込むと、安全のために救命ベストが配られた。

我々は風に当たるのが好きなので、客室には入らずにデッキに座った。

海は真っ青で、これぞまさにマリンブルー。
天気が良く、風が強くて船は揺れたものの、爽快で解放的、気持ち良さはこの上ない。

HS-SC.jpg

HS-SC2.jpg


断崖絶壁を海面から見上げ、少し沖に出ると知床連山が見渡せる。

水が透明で感動するほど綺麗だった。

カムイワッカの滝の付近は、流れ込む温泉成分で海の色がエメラルドグリーンになっていた。

乙女の涙や象の形をした岩など、見どころになると船の速度を落として紹介してくれるアナウンスが、まるで綾小路きみまろのような名調子で楽しかった。

我々は見所になると席を立ったり座ったりしながら、沢山の写真を撮った。

HS-SC3.jpg

HS-SC4.jpg


このクルーズで見ることのできる野生動物のうち、大鷲はいたのだが、ヒグマには遭遇しなかった。

実は最初、乗ろうかどうか迷っていたクルーズだったのだが、乗ってみて大正解だった。

我々が思わず「しれとこうじきみまろ」と命名した船長さんの軽快なアナウンスは是非聞いて欲しいし、何より、このクルーズをテレビの映像で見たことはあったが、実物の断崖絶壁の迫力は比にならないからだ。


お昼は近くの道の駅でオホーツクの海鮮丼1800円と、幻と言われる希少なぶどう海老二尾で2000円を食べた。

しっかりとした歯ごたえがあり、濃い海老の味がした。

海鮮も新鮮で、ご飯も甘く、美味しい香の物が食べ放題だった。

HS-SC5.jpg HS-SC6.jpg


道の駅にはひぐま遭遇への注意だけでなく、観光客が無責任に餌を与えた結果クマが街に降りてきてしまうため、餌やり禁止の注意喚起もあった。

言うまでもなく、地元の人も危険だし、里に降りてきたクマも殺されてしまう。

我々観光客だって危険だし、北海道でキャンプが楽しめなくなってしまう。

よく旅の恥はかき捨てなどと言うが、一人の大人として己の行動には責任を持ちたいものだ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/18(火) 07:46:49|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記9

★2014/9/16 朝 早朝ドライブ

六時起床。晴天。

道の駅で身支度をし、コンビニで朝食を買い込んで一路知床へ。

朝靄に霞むサロマ湖を通り越し、白樺に囲まれた緑の多い道や、ところどころに出現する牧草地を横目にひた進む。

道端にはあずみが咲き、畑のトウモロコシの穂が紫に変色していることも、秋の気配を感じさせる。

湿り気のある爽やかな朝の風が、全面に開け放した窓から入ってきた。

ふと空を見上げると、悠々と鷲が飛んでいた。

気温は21度と暖かかった。

HS-SL.jpg


オホーツク海では海辺に一定の距離を置いて何台もの4WDが停まっていて、各々が何本もの竿を砂浜につき立てて釣りをしている光景を見かけた。

HS-SL3.jpg


知床に近づくにつれ、海の色が真っ青に変わった。

流氷ドラフトの真っ青な色は、まさにこの知床の海の色そのものだ。

こんなに真っ青な海は見たことがないから、自然とテンションが上がった。

HS-SL4.jpg


知床に向かう途中、オシンコシンの滝の傍を通った。

HS-SL5.jpg

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/17(月) 02:39:58|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記8

★2014/9/15 PM 日本最北端

HS-SY3.jpg


道道106号を抜けるとお昼時だった。

ガイドブックに載っていて美味しそうだった無敵のうに丼を食べに、納沙布岬の近くにある樺太食堂に行ってみた。

生うに三色丼3150円と、生うに丼2415円。

HS-NS2.jpg

HS-NS3.jpg


無敵と豪語するだけあって、まさしく最強。

うにの濃厚な甘みといくらのぷりぷり感が、最高に美味だった。

いくらに味がついているので、それ以外の食材に醤油をかけるように言われたが、いくらの塩分でうにの甘さを堪能できるから、醤油はいらないくらいだった。


食後に納沙布岬に寄ってはみたが、特に珍しいものはなかった。

それでもこの地のうにやいくらは最強だから、食べに来るだけでも十分に価値がある。


夕方前に日本最北端の宗谷岬に到着した。

空は徐々に曇ってきて、確実に寒さが増していた。

海の薄い緑も、空の水色も、すっかりグレーがかっていて、海の向こうのサハリンは目を凝らしてようやく、うっすらと見える程度だった。

HS-SY.jpg


10分くらい滞在して、先を急いだ。

道すがら、街道沿いの民家の前に、野生の鹿が二頭、普通に歩いていて驚かされた。

木の生い茂る辺りではキタキツネにも遭遇した。

今回の旅では観光地を回ったためか、季節柄か、夜中に移動しなかったせいか、いつもの旅に比べると野生動物との遭遇は少なかったし、鶯の声も聞けなかった。

牛舎の脇を通った時の強烈な匂いの他には、春ほどではないがたまに肥料の匂いがした。
空気は完全に澄みきっていて、新緑や夏の時期のような草木の匂いは、ほとんど感じられなかった。


この日の車中泊スポットは、前にも立ち寄ったことのある温泉つき道の駅、かみゆうべつ温泉チューリップの湯。
食堂は8時まで、温泉は9時までだ。

宗谷岬から海沿いをひたすら東へ三時間半。

今回は行きたいところを詰め込み過ぎたためか、道の駅の食堂の、早い閉店時間に合わせて移動しているせいか、何だか忙しない気もした。

帰国時の長旅に重ねて連日の運転疲れが出たのか、風邪気味なのか、左脇腹がチクチク痛んだ。
後から花粉症だと気付くのだが、鼻と喉の調子も悪かった。

気がつくと、この日の運転時間が11時間を過ぎていた。

道の駅手間で給油し、道の駅に到着したのは夜の7時で、気温は14度になっていた。
燃費は11.18だった。

この道の駅の食堂には、地元サロマ湖の名物であるホタテをふんだんに使用した、ホタテ焼き定食850円と、地ビールの中で我々が一番好きな流氷ドラフトがある。

HS-KY2.jpg

HS-KY.jpg


ここで食べるホタテは身が締まっていてぷりぷりしていて甘く、臭みを一切感じない。

焼きホタテの触感までもがぷりぷりだ。

今まで食べたホタテの中で、ここで食べるホタテが間違えなく一番美味しいと思う。

北海道の米は甘く、蕎麦も歯ごたえがあって美味しかった。


食事を満喫した後で温泉に入った。

入浴料は一人500円。
炭酸水素塩の弱アルカリ温泉だ。

露天はお湯がぬるぬるするのだが塩素のような匂いがして、内湯は匂いは気にならないがぬるぬる度も低い気がした。

美味しいお酒と料理、温かい温泉、そしてそのまま愛車の中で安心して眠る幸福感は堪らない。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/15(土) 16:39:21|
  2. 北海道
  3. | コメント:0

2014夏 北海道旅行記7

★2014/9/15 AM 道道106号線

朝六時半起床。晴れ。

早朝の空気は爽やかで気持ちがよいが、寒かった。

見たことのない尾の長い小鳥が、駐車場の車の間を結構な速さで駆け抜けていった。

荷物の整理をしていたら八時になってしまった。

途中のセブンで朝食を買って、車の中で食べたのだが、温かいお味噌汁とコーヒーが、冷えた体を温めてくれた。

この日は、風車の脇を走り抜けることのできる絶景の道をドライブし、日本最北端の地を訪れ、以前に泊まったことのあるかみゆうべつの道の駅を目指す予定で、この旅一番の移動距離だ。

まずは石狩平野をひたすらまっすぐ北上する。

広い道路がまっすぐに伸び、脇に拡がる田んぼでは、米の収穫が始まったところだった。

畑には何の作物なのか、土から顔を覗かせている葉が、一様に黄色く色付いていた。

石狩地方の印象は、素朴な生活感に溢れる場所、という感じだろうか。

窓ガラスに沢山の虫がぶつかり跡になっていて、燃料も減っていたため給油をした。
ここまでの燃費9.65。

HS-O.jpg


街道は、小平町から日本海へ出た。

曇りがちの晴れだったから、雲と空の境界線が曖昧で、なんだか寂しい光景に見えた。
気温は少しずつ上昇して、19度になった。

時折、日が眩しく射すと海が透けて、浅瀬に黒いうにのとげとげしているのが見えた。

それにしても日本海は寒い。
写真を取るために助手席の窓が開くと、途端に冷たい空気が入り込んでくる。

HS-I2.jpg


北上するにつれて目に映る色のせいか秋の深まりを感じ、海の色も青の濃さを増していった。

海沿いの真っ直ぐな道にも、北海道らしい情緒を感じた。

交通量の多くない北海道の街道を走っていると、頻繁にバイクとすれ違う。

バイク旅をしていると、すれ違い様に手を振ったり、合図をしたりするのが楽しいものだ。

HS-O2.jpg


道の駅てしおの手前を左折し、次の目的地である道道106号線に入った。

景色は一変し、右手にサロベツ原野、左手に日本海が広がる。
道の両脇には秋色のススキが風に揺れていて、遠くに風車が見えてくると、自ずとテンションが上がる。

広い空の下に白い風車が一列に並んでいる景色は清々しい。

電線を避けて脇道へ車を停めると、、、なんとも絵になる。

HS-O4.jpg


風車群を抜けると、何もない海沿いの真っ直ぐな道が30分(ほどだろうか?)続いた。

昼間でも感動するほど爽快なのだが、夕焼けはさぞかし綺麗なことだろう。

だだっ広さと、どこまでも拡がってゆくような雄大な地平線に、これほどの迫力があるとは知らなかった。

旅の疲れも、日々のストレスも、一気に吹き飛ぶような気がした。

晴れていれば利尻富士が望めるらしいが、この日は雲に隠れて薄く影が見えただけだった。

途中から電線がなくなり、

これぞ北海道ドライブ!

という時間を十分に満喫した。

HS-O3.jpg

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2014/11/10(月) 04:21:42|
  2. 北海道
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。