我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

強風の伊豆車中泊 3 (完)

食事を終えると晴れ間が出ていた。

長居するつもりはなかったが真っ直ぐ帰るのも物足りなくて、近くにある一碧湖に寄ってみることにした。

丁度紅葉している頃かもしれない。

駐車場に車を停めて湖を1周してみることにした。




湖畔の入り口にはカヌー教室のカヌーが置いてあり、テラス付きの今時のこ洒落たカフェもあった。




湖を覗くと小さな魚がいて、錦鯉も沢山泳いでいた。




皆が餌をあげるのか人に慣れていて、立ち止まっていると寄ってくる。

遊歩道は土の道で、雨上がりでぬかるんでいたが、木々は期待通り紅葉していた。




反対側に開けた場所があったので行ってみると鴨やアヒルが泳いでいて、鴨が陸に上がるために歩いていた。




アヒルが歩くのは見たことがあるが、鴨が歩く姿はあまり目にしたことがなく、新鮮だった。


この湖は、海から来るには山を上がるのだが、全くの自然の中にあるわけではなく、景観の中に建物が見えるため、昔住んでいた練馬にある石神井公園に似ている気がした。

後半には湖畔から少し上がった林の中を歩くことになる。




紅葉の中に神社があり、




もみじは紅く色付いていた。






遊歩道の林の木の合間から、湖上に佇む鳥居が見えて、木が揺れたと思ったら、リスが枝を走り抜けていった。




遊歩道脇に生えている木々がやけに真っ直ぐ上に伸びていると思ったら、さるすべりだった。




遠くには大室山が見えていたり、一周1時間程と丁度良い散歩になった。


帰りはスカイラインを通りたかったのだが、台風による災害通行止めで十国峠を箱根へ抜けられないという。

仕方なく、行きに通った海沿いの道を戻ったのだが、高波で熱海ビーチラインが通行止めになっていて、大渋滞になっていた。

高波のせいで辺りに霧がかかっている場所があり、




昔はなかった気がしたのだが、津波想定地域に標識が出ていて、東日本大震災の後に東北の海沿いを走った際にかけられていた標識と同じに見えた。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/12/05(木) 07:11:35|
  2. 伊豆・富士山・静岡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強風の伊豆車中泊 2

翌朝は小雨。夜中に降り出した雨が残っていた。

台風から変わった熱帯低気圧が南風を運んできて、気温の割に車中泊の車内が暑く、寝苦しかった。




何度か目を覚ましたせいで寝過ごして、起き出した頃には8時を回っていた。

海にはあいかわらず冬の日本海さながらの白波が立ち、岩に当たっては勢いよく砕け散っていた。




いつも朝は道の駅併設の温泉施設で入浴して朝ごはんを食べるのだが、この日は趣向を変えて、別の場所で朝ごはんを食べることにした。

朝9時から朝ごはんを食べられる食堂をみつけたため行ってみた。

宇佐美にあるふしみ食堂。




小さな食堂は既に満席で、名前を書いて待つのだが、待ち時間は30分だという。

せっかくだから待つことにして、道を挟んで目の前に広がる海岸へ行ってみた。

高波と満潮により階段を降りたところにある砂浜にまで波が届き、砂浜がほとんどなくなっていたのだが、わずかなスペースにサーファーが3人座って休んでいた。




この荒れた海でサーフィンをしていたようだが、他人事ながら大丈夫なのかと心配になった。

程なくして2巡目でテーブルに座ることが出来たのだが、店内は狭く、小さな4人テーブルが3つあるだけだった。

勿論相席で狭いため横並びのため、前に知らない人が座ることになり、目のやり場に困る。

気にしないようにして、刺身盛りとあじの開きの定食を頼んだ。






味は普通に感じたのだが、周りは皆美味しいと言って喜んで食べていたため、もしや我々、地物ばかりを食べ歩いているうちに、少々贅沢になり過ぎているのかもしれない。

干物は大きく、食べ応えがあった。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/12/03(火) 07:14:37|
  2. 伊豆・富士山・静岡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強風の伊豆車中泊 1

2019年11月23日。

朝から雨の降る日だったが、気温は15度と寒くはなかった。

お昼過ぎに久しぶりの車中泊に出かけた。

行き先は迷った末に近場の伊豆に決めたため、出発を急がなかったこともある。

次第に雨は止んだのだが、高速が激混みだった。

陽気が良いわけでもない土曜日の午後に高速下りがこんなに混むなんて⁉️と不思議に思っていたら、事故だったようだ。

海に抜ける出口も渋滞していたが、ここは週末には混むため珍しいことではない。




しばらくは海沿いの道を渋滞の中少しずつ進み、そのうちに日が落ちた。

今年の冬至は12月22日。

一年で一番日が短い季節になってきた。

17時半前に熱海に到着した頃には夜景が見えていた。




この日は温泉に入りたくて共同湯を探し、熱海にある日航亭大湯に行ってみた。

大湯は間欠泉横を進んだ神社の先にある。

7台停めることができる駐車場は神社の手前にあるのだが満車で、我々は近くにある有料の駐車場に停めたのだが、1時間200円と安かった。

徒歩5分くらいで大湯に戻ると、先程は満車だった駐車場が空いていた。


日航亭大湯は昔JALの保養所だったらしく、名前に名残が残っている。

徳川家康が入ったと言われていることから出世の湯とも呼ばれる有名な歴史ある温泉で、建物もレトロだった。




入浴料は1000円。

ロビーと待合室を通り越して離れにある浴場へ。




塩化物泉の掛け流しで、共同風呂としたら広めで露天まである。

湯は透明で少し白濁してみえたのだが、女湯は薄緑がかって見えたらしいから、きのせいかもしれない。

源泉は熱いが湯船はそれほどでもなく肌感覚41度くらいだろうか。

普段ぬるい湯に入っている人にとっては熱いようだ。

匂いは分からなかったがまったりした湯で、よく温まる。

特徴は薄いのだが、伊豆一般的な何の特徴もない湯とは少し違った。

あまり似たような類の泉質を他でも見たことはない気がする。


湯から上がり、伊東まで移動してこの晩は車中泊だ。

伊東マリンタウンという車中泊のメッカでもある道の駅には19時過ぎに着いた。

この日の伊豆は、沖縄に近づいている台風の影響で、冬の日本海のような白波の立つ高波で風が強く、そのためか車が少なかった。




いつも立ち寄る寿司屋は空き空きだった。

地魚の握り、ぶりのあらの定食、あじの叩き、むつっこ唐揚げなどを頼んで地酒を嗜んだ。




刺身に揚げ物、煮付けと、調理法がバラエティに富むとより美味しいものだ。

食べ始めてすぐに店内には我々しかいなくなり、営業時間は20時半までだったのだが、我々が20時過ぎに出るとすぐに店を閉めていた。


車に戻り、21時過ぎには就寝したのだが、

風はビュービューと吹き荒れ、

ヨットハーバーはギーギーと金属が擦れ合う音を発し、

車体も一晩中、何度も揺れた。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/12/02(月) 09:13:26|
  2. 伊豆・富士山・静岡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の伊豆旅行 7 大室山から羽田へ 完

雲行きが怪しくなってきた。

空一面が薄暗い雲で覆われ、いつ雨が降り出してもおかしくない。

この後は大室山の絶景を見せに連れて行くつもりだったのだが、天気がどうだろう。


友達夫婦はこの晩の深夜便でシンガポールへ帰るため、10時までに羽田まで送り届けることになっていた。

伊豆から羽田までは3時間から3時間半くらい。

夕飯を食べてから向かうにしても、やはりまだ時間がある。


ということで、大室山ツアーを決行することにした。




リフトは5時までで、4時半に着いた。

幸い雨は大丈夫そうだが風はある。

おまけに頂上は寒そうだ。

日本にいると今の季節は冬が終わり、徐々に暖かくなってきたところだが、

南国のシンガポールから来た友人夫妻にとってはただでさえ今の気候は寒いという。

しっかりと上着を着込んでリフトに乗り込んだ。


想像通り頂上は寒かった。

以前訪れたときのような強風ではなかったが、この日は曇っていて絶景の全貌を見ることは出来なかった。




山の向こうに沈みつつある夕焼けの光が、雲の合間から少しだけ射していた。




山頂の遊歩道を、写真を取りつつも足早に一周回った。








下りのリフトに乗り込んでいる間に、登りのリフトが終了した。

ウォーリーを探せのようになっているが、眼下に小さく愛車が見えた。




いつも思うがディフェさんは我々の旅の相棒だから、遠くから姿が見えたり、しばらく離れて戻る時には「お待たせ」と言いたくなる。



その後は伊東へ北上し、マリンタウン手間の開福丸という磯料理屋さんへ。

鯵のたたきやキスのフライのついた御膳を頼んだが、フライはサクサクで、鯵のたたきが新鮮で絶品だった。




18時過ぎに羽田へ向かい、到着したのは21時過ぎだった。

渋滞にも掛からず、予定通りだった。






友達夫婦も日本を大満喫して喜んで帰っていったし、伊豆は誰かを案内するにも良い場所だった。





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/04/28(日) 08:05:26|
  2. 伊豆・富士山・静岡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の伊豆旅行 6 弓ヶ浜と石廊崎

続いて弓ヶ浜海岸へ。




駐車場は海岸の目の前にあった。


潮風がまだ肌寒いが、白い砂浜と椰子の木は南国ハワイを彷彿させる。




暖かい国から来たシンガポール人の2人は、

「生まれて初めて寒いビーチにきた」

と言っていた。


ここは浜の形が弓の形をしているため弓ヶ浜だ。




美しいビーチで、波打ち際の浅瀬の海面には、時折山が写っていた。




帰りにビーチ沿いを一頻り走ってから道に出ようとしたら、車一台が通れるくらいの狭い道に出てしまった。

幸い対向車に出会わずに抜けられたが、元来た道を戻るのが得策だったようだ。


シンガポール人の友達は、この旅で、日本人のドライバーのマナーの良さに驚いていた。


次に向かったのは石廊崎。

昔は海岸近くにある地元の駐車場に車を停めて、長々と山を登っていったのだが、

今は山の上の方にもジオパークができていた。

どちらも有料で500円だったから、歩く距離が短いジオパークに停めた。




ジオパークの綺麗な建物を抜けると白亜の灯台まではすぐだった。




断崖絶壁の狭い遊歩道を海を見下ろしながら歩く。




この断崖には神社があり、遊歩道の脇の木には御神籤が結びつけてあった。




眼下で岩肌にうちつける波には迫力がある。




視界が開けると、その先が岬の先端だ。




急な階段を降りると神社がある。











石室神社といい、海上安全と学問や産業の神様を祀っている。

岬の本当の先端にも小さな社があって、そちらは縁結びの神様だ。


帰りに先ほど降ってきた階段を下から見上げると、本当に急だということがよくわかる。




ジオパークへ戻って、塩ソフトを食べた。




道すがらにも塩アイスという看板があって気になっていたのだが、

ジオパークの塩ソフトは、ソフトクリームに温泉100パーセントの塩を振りかけて食べるというものだった。

下田にある塩泉から作られた塩らしい。

濃厚なミルクの甘さと塩味がベストマッチの、下田に来たら是非味わってほしい味だった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/04/27(土) 09:02:10|
  2. 伊豆・富士山・静岡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。