我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

シルバーウィーク旅行25 帰路

滋賀で大雨に降られた。
台風より酷く、滝のような雨で前が見えない。

ただでさえ関西の車は強引な割り込みをしてきたりするのでこんな雨ではさらなる注意が必要だ。

愛知に入ると一旦止み、また降り出し、を繰り返した。

赤塚PAで車中泊をした。

寝ている間が酷かった。
近距離からホースの水をあてられているような音がしていた。

朝8時前に起きて支度をしている間に雨が止んだ。
浜名湖SAでスタバのコーヒーと焼きたてパンで軽い朝食をとる。

小降りの雨が、降ったり止んだりしていた。

11時前に富士川SAに到着。
我々が西に行った際には必ずと言っていいほど寄る場所だ。

富士山は濃い霧の向こうに隠れて見えなかった。
今年の秋は雨だらけだ。

観覧車があり、二人して一瞬沸き立つ。
こんな場所にあっただろうか。





近づいてみるとまだ工事中で、来年の春から動くそうだ。

駿河の海の幸で早めの昼食にした。





富士川も増水していた。
鳴門での給油で東京まで辿り着くだろう。

御殿場を過ぎたあたりで装甲車が4、5台走っていた。

写真を撮ってよいものかわからなかったので撮らなかったが、後でネットで調べたところ、87式偵察警戒車と思われる。

実弾を入れる場所や機関砲がついていた。
100kmの速度まで出るようだ。

日本で装甲車を見たのは初めてだった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/09/28(水) 07:49:10|
  2. 四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク旅行24 びんびと観覧車

びんび家にまた来た。



木曜の夜だが連休中のせいか大繁盛だった。少し待って席に通された。

びんびとは徳島の方言で魚という意味らしい。

明石海峡大橋から四国に入り、海沿いを少し走るとあるため、関西へ来た際に足を伸ばしたり、中国地方や九州へ行く途中にも立ち寄ることがある。

いつもコドラが頼む鯛飯は1000円。
釜飯とわかめのお味噌汁が出て来た。
前はもう少し何かついていたような気もするが、記憶違いかもしれない。



わさび醬油を回しかけ、混ぜてから頂くと、鯛の風味もよく、全体的にまろやかな味わいになる。

もう一つは豪華に3500円のびんび定食を頼んでみた。
定食の中では一番高いものだが、旅の最後の締めくくりだ。

伊勢海老とわかめのお味噌汁、刺身盛り、天ぷら。わかめ酢もコリコリと新鮮。



いつ来ても美味しいが、正解はいつものように、刺身盛り定食と鯛飯に、単品で食べたいものを追加することだと思った。

食事の後、給油をして、鳴門ICから鳴門大橋を渡った。
淡路島は思いの外大きな島だ。
本州に一番近い淡路SAまでの距離が55kmだったから、東京駅から高尾駅より長いことになる。

観覧車に乗ってから帰ることにした。

上りから観覧車のある下りに出るのは複雑で、みんな迷っていた。
まず上りのSAからハイウェイオアシスに行き、そこからようやく下りのSAへ出ることが出来る。



神戸の夜景も綺麗に見える。



観覧車は一人600円。

スケルトンもあったのだが、下が見えなくても怖いから普通でいい、とコドラ。

下を見ると駐車場に愛車がみえた。
真ん中の右手にある黒い車だ。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/09/27(火) 07:14:48|
  2. 四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク旅行23 439酷道

酷道と名高い439国道を東へ向かい、剣山の傍を抜けて徳島へ向かう。

どんな酷道なのかと半ば楽しみでもある。



所々で車一台かやっとの狭さ。
道もガタガタ。
古い民家が両側にギリギリまで立ち並ぶ狭い場所もあるのだが、国道のせいか県道よりも多くの車に行き交うから厄介だ。
おまけに携帯の圏外である。

しばらく走ると奥租谷のかずら橋というのが出てきた。
男橋と女橋があって、夫婦橋とも呼ばれているらしい。

先程渡ったかずら橋より小ぶりのようだが、こちらも良さそうだ。
今回は時間の関係で残念ながら通り過ぎた。

剣山を抜けて438号線に入っても悪路具合は大して変わらず、天候も悪化して濃霧になった。



それにしても今回の旅は、なんとも霧に好かれる旅だ。

前日と違うのは、霧に光が射し、真っ白く輝いていることだった。

霧の濃さはこの日の方が濃いのだが、明るさのお陰で運転しずらさはそこまででもない。

落石注意の看板どおり、小石が散乱している。

国道なのに葛折りでヘアピンカーブも連続している。



三時間くらいで徳島へ入った。
ようやく国道らしくなる。



徳島は台風の影響で道が泥だらけ、田んぼの稲も倒れていた。

438号は冠水していたようだ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/09/26(月) 07:48:39|
  2. 四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク旅行22 租谷のかずら橋

かずら橋を訪れた。

駐車場に車を停め、徒歩数分。
もっと山奥に入って行くのかと思っていたら、車道のすぐ脇にある。



カズラというつる植物で結わえられた橋だ。



階段を下るとすぐに料金所がある。
橋の通行料は550円だ。





下を見ると丸太の間からシースルーで谷底が見える。



雨で足下が滑りやすいため、ゆっくりつかまりながら渡る。

始めはビデオや写真を撮りつつ渡ろうかと思ったが、iPhoneを落としそうなのでやめた。

今度は首からぶら下げるなどして落下防止対策をした上で渡りたい。

渡った後はお土産屋さんですだちサイダーを買って喉を潤した。

爽やかで甘すぎず、美味しかった。










スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/09/25(日) 19:19:41|
  2. 四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィーク旅行21 崖の上の租谷蕎麦

かずら橋の少し前に、断崖の上に建つ雰囲気の良い蕎麦屋あり。



展望テラス席が景色が良くて気持ち良いが、展望台から崖の下を覗くと足が竦む。



油揚げの乗ったぼけ揚げ蕎麦が名物のようだったので頼んだ。850円。



澄んだスープはさっぱりしているが出汁がきいており、大きなお揚げがそのスープをたっぷりすってコクを出している。

まさに絶品だった。

あめごと鮎の塩焼きも頼んだ。
一匹550円。



鮎は淡白でふっくら、あめごはマスのようなしっかりした味だった。どちらも香ばしくて美味。





通り掛かりだったが、入って大正解だった。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/09/25(日) 13:18:46|
  2. 四国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。