我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

年越し北海道車中泊旅行 20 復路の長野にて 完

2018年1月4日、午後5時に銀山温泉を出た。

13号を南下して天童市方面へ。

手前にある道の駅むらやまで夕食を食べることにした。




お正月で閉店が早かったようで、6時までのところを10分前に滑り込んだ形になった。

前に一度肘折温泉に来た際に食べて、美味しかった生姜焼きと、今回始めて食べる山形牛を頼んだ。






生姜焼きは柔らかく、安定の美味しさだった。

山形牛も柔らかくて、さっぱりした脂の甘さでかなりの美味。

前回食べたご当地グルメの鳥そばといい、この道の駅は外さない。


朝は8時から朝定食もやっているようだった。

メニューも豊富で、納豆定食、焼き魚定食、魚フライ定食、そば定食に、鯖味噌定食まで揃っていた。

今度は朝にも来てみたい。

東根ICから山形中央道に乗って、上山からは13号を行った。

その後は113号線で新潟に入り、関川の道の駅で車中泊をした。

なんだか見覚えのある場所だったのだが、過去のブログで探してみたら、前にも車中泊をしたことのある道の駅だった。

今回は温泉には入らず、9時半に就寝。


2018年1月5日。朝7時半起床。




少し南下して、中条から日本海東北道に乗った。

気温は零度で、雲の合間から太陽が顔を覗かせていた。

新潟市内に入ると雪がなくなった。




最初の黒崎PAに朝ご飯を食べるために立ち寄ると、栃尾油揚げの名産地だったようで、焼き油揚げ定食と豚汁定食を食べた。






ボリューム満点で食べ切れなかったが、美味しかった。


上越から18号を南下し、小布施で穴観音の湯に立ち寄った。

入浴料600円の硫黄泉の掛け流しだ。

露天は透明なグリーンで、内湯は緑がかった白濁の湯。

どちらも同じ源泉なのだが、露天の方が時間をかけて空気に触れるため透明度が高いそうだ。

硫黄の香りがして、泉質が良い。

肌ツル系ではないのだが、気持ち良さこの上なく、もしかするとこの旅一かもしれなかった。


この後はコドラの両親宅で一泊したのだが、諏訪は東京と同じ乾燥してピリピリした嫌な寒さ。

明け方の気温はマイナス7度だったから、北海道旅行中より寒く、家の中で寝ているのに、頭が冷たすぎて痛くなる程だった。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/17(水) 07:21:31|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越し北海道車中泊旅行 20 銀山温泉

銀山温泉には2018年1月4日の午後3時に着いた。




一度銀山温泉まで車で乗り入れてしまったのだが、公共駐車場は街の手前500mの場所にあると言うから戻った。

坂を上り、注意深く見ていると小さな標識が出ていたが、この標識は目立たないし、来るときには反対側を向いていて読めないため、これでは気づかないわけだった。

本当の駐車場は冬だから閉鎖されていたのか、どう見てもアパートの前の住民用の駐車場にしか見えない場所が、どうやら公共の駐車場のようだった。

全部で8台ほどのスペースしかない。

こういうところは泊まりで来るのがいいのだろう。

ホテルの駐車場は広かったし、駐車場からホテル前まで送迎も出ていた。


氷点下2度の雪降る中、今度は雪道を徒歩で下って銀山温泉へ。




10分ほど歩いた。




町は小さく、川沿いにホテルやら土産物屋やら食事処やらが、ずらっと立ち並んでいる。

小さな町を一頻り散策した後でしろがね湯に行った。




共同浴場は3つあるようだが、

一箇所は貸切で2000円、もう一箇所は公衆トイレがついた古びた家のお風呂のような感じでイマイチ、、、

しろがね湯には受付の人がいた。

1階が男湯、2階が女湯で、5人入るとギュウギュウという狭さだが、綺麗だった。

銀山温泉には色んな泉質の温泉があるが、ここは硫酸塩泉だった。

入浴料は500円で掛け流しだ。

硫黄の香りがして、湯が良かった。

我々が入った時には入れ違いで貸切状態だったのだが、上がる頃に1人、出たときに中国人の家族連れが4人、その後に日本人の友達グループが来て、一気に混みあっていた。


湯上りに、豆腐屋さんで生揚げと湯豆腐を買い、目の前にある東屋で食べた。






どちらも200円で、めちゃくちゃ美味しかった。

湯豆腐はふわふわで大豆の味が楽しめるのだが、生揚げがおススメだ。

香ばしくて病みつきになる味だ。


食べている間に雪が沢山降ってきた。

夕方4時半からガス燈が点灯するというが、まだ1時間も時間があった。

寒いから外では待てないし、東屋に陣取っていては迷惑になるからカフェに入った。

古い古民家風のカフェで、二階の窓際からは町が見下ろせた。

そば粉の白玉クリームぜんざいをコーヒーセットで、アップルジンジャーティーを単品で頼んだ。






温かいぜんざいとクリームが別に出てきたから乗せて食べたのだが甘過ぎず、白玉も美味しいし、小豆も何だかモチモチしていて、過去一の美味しさだ。

(甘いものは普段食べつけないから比較の対象範囲はかなり狭いものの)


窓の外で灯がともり始めた。




店を出ると、夕暮れの白い町並みに、温かみのある橙色の燈が色を添えていた。







スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/16(火) 15:15:28|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越し北海道車中泊旅行 19 東北路

2018年1月4日。
八戸には定刻の午前4時45分に着いた。

この区間のフェリーの乗船時には、同乗者は車から降りて歩いて行かなければならないのだが、

下船の際には車に同乗して一緒に降りることが出来る。

八戸の気温は1度だった。

5時15分を回った頃に、はちのへ温泉に着いた。

フェリーに乗る前に見つけておいた、朝5時から開いている町の共同浴場だ。




駐車場は薄っすらと雪をかぶっていたが、しっとりしていて滑らなかった。

入浴料450円。
鉄分の多い茶褐色の塩化物泉掛け流し。

シャンプーなどの備えつけはなく、露天もなかったが、泉質が良く、苫小牧フェリーを利用する際には是非また来たいと思った。

湯から上がると時刻は6時15分。

シャンプーを買って頭を洗い、ゆっくり湯に浸かったため意外に長風呂になっていたようだ。

それでも外はまだ暗かった。

八戸icから八戸道へ。




お腹がすいたため朝定食でも食べたいと思ったのだが八戸道にはSAやPAはなく、東北道の岩手山SAまで進んだ。

朝が早かったせいか眠かったので仮眠を取って目が覚めたら9時半になっていた。

食堂で朝定食を食べたのだが、美味しかった。




お腹が満たされたところで再出発。

晴天で太陽が眩しかった。


銀山温泉には、秋田の湯沢で高速を降りて下道を行く。

岩手も暖かく、途中気温が6度の場所もあったのだが、秋田に入って気温が零度になると雪が降り出した。

景色も如何にも雪国らしくなり、ようやく雪国に来たという感じがした。




道の駅おがちに立ち寄った。




ここは稲庭うどんが有名な地区で、お土産として切れ端が大きな袋に入って売られていた。




地酒や稲庭うどんをお土産に買い込み、お腹はすいていなかったのだが美味しそうだったから、稲庭生うどんのぶっかけをお昼ご飯として食べた。




ねぎとおかかが掛かっていて、美味しくてびっくり。

香川のうどんより稲庭うどんの方が好きかもしれない。

この道の駅にはジェラートも売っていたし、レストランもあり、なかなか充実していた。

ここからは13号を南西へ下り、347号線を抜けた。



秋田、山形と、ようやく雪国風情を存分に堪能出来た気がした。

冬に北に来たのであれば、こうでなければ拍子抜けだ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/15(月) 23:42:21|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越し北海道車中泊旅行 18 苫小牧へ

2018年1月3日午後1時、富良野から復路のフェリーに乗る苫小牧へと向かう。

占冠から274号線を通った。

夕張に入ると国道なのに道路に穴が空き、ぼこぼこだった。

今まで通った国道の中で一番荒れている気がした。

市の財政破綻の影響は国道にも出るのだろうか。


途中、夕焼けが二つに割れて見えた。




今晩はフェリー泊になるため北海道の温泉に入るなら苫小牧に着くまでがラストチャンスだ。

結局、新千歳空港近くのながぬま温泉に立ち寄った。




施設は広いが札幌に近いせいか混み混みだった。

泉質はこの度2度目にして人生2度目の強塩泉。

モール泉に色と香りが似ているような気もするが、強塩泉の方が好みだ。

滑りがあり、首筋につけるとヒリヒリした。


337号で夕暮れの千歳の地を通り抜ける。

千歳から先は、車道に雪はなかった。


苫小牧のフェリーターミナルには夕方の5時半に着いた。

ターミナル内を見て歩き、先にチェックインを済ませようと思ったのだが、受付開始が6時からだったため、先に給油と食事を済ませてから戻ることにした。

出航の1時間半前に行けば良いというから、まだ2時間はある。


苫小牧の街を走っていると、前方の月がやけに大きく見えた。

そうだ、前日の2日はスーパームーンだった。




苫小牧は北寄貝の水揚げが日本一。

美味しい魚介も食べられる筈なのだが、朝からお昼までで閉まってしまうため、魚介を食べたければ、夜は飲み屋か回転寿司になる。

飲まないのに飲み屋に行くのも何なので、ネットで比較的評判の良かった旬楽という回転寿司に入った。

1/3の席が空いていたのだが1時間待ちと言われ、不思議に思いながらもとりあえず待つことにした。

席は空いているのだが、何故だか一組呼ぶ度に5分程の間隔が空く。

そりゃあ時間がかかるわけだが、不思議なシステムだ。

その間ホールに人はいるが何をするでもなくウロウロ、、、

そんな状況だからか番号を呼びだしても半分以上のお客さんは既に諦めて帰ってしまい、いなかった。

飛ばして次の番号を呼ぶのにも3分くらいの間隔を開けたりもする。

経営が大丈夫なのか、他人事ながら心配になってきたころ、順番を呼ばれた。

結局1時間は待たなかったが25分程待たされた。

味は回転寿司にしては美味しかったのだが、活ツブ、活タコ、活ホッキなど、活のつくものは全て売り切れで残念だった。

期待のホッキはボイルしかなかったが、普通に美味しかった。




珍しいおひょいという魚を始めて食べた。




今度は苫小牧の朝に来たいと思う。


フェリーターミナルには締め切り時間に少し遅れて到着したものの、並んでいたため余裕だった。

船内は日にち柄か混み合っていた。

長旅の我々は体を休めたかったため、少し贅沢をして特等室を予約していた。

見間違いや勘違いでなければ、二段ベッドの1等室と1500円しか変わらない。

室内は広く、バスとトイレもついていた。




晩酌をして、テレビで放送されていた007を見てから寝た。




八戸までは7時間半の船旅だ。

この先はコドラの両親の住む諏訪に寄ってから帰路に就くのだが、その前に銀山温泉に寄ることにした。

もう少し長い車旅は続く。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/15(月) 15:28:44|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越し北海道車中泊旅行 17 美瑛

美瑛の丘には10時前に着いた。

前回より雪は少ないが、流石に北海道らしい景色が広がっている。




昨晩の車中泊候補として、ネットでお勧めされていたため迷っていた新栄の丘公園に行ってみることにしたのだが、

冬は道があちこちで除雪されずに行き止まりが多発していて、まるで迷路のようだった。






新栄の丘にようやくたどり着いてみると、駐車場は除雪されておらず、入れなかった。

来なくて良かった。

夏に気持ちの良い千代田の丘にも行けなかった。

クリスマスツリーの木というのがあると聞いたから初めて行ってみたのだが、綺麗だった。




真っ白な雪の道が空に向かって伸びているように見える。




アジア人観光客が団体で来ているためどこも人集りになっていたから、他はセブンスターの木だけを見て帰った。




美瑛の丘でも氷点下3度。

富良野の大通りには雪は残っておらず、車の屋根の雪が氷になっていたのだが、暖かさで溶けた塊が次々にボンネットに落ちてきた。


富良野駅近くの唯我独尊というカレー屋さんに行ってみた。

お正月明けで、ちょうどこの日(3日)から営業していた。

オムソーセージカレーとコーヒーを注文した。




カレーは辛いがかなりの美味しさだった。

ルーが少なかったのだが、カウンターにお皿を持っていき「ルールルルー」と言うと追加してくれる。

行きたい気もしたが、我々は二階にいたため、お皿を持って急で幅の狭い階段を下りるのも大変そうだったから、足りるように食べた。

コーヒーも美味しく、また来たいお店だ。

混んでいて、基本相席になるシステムのようで狭かったが、味がいい。







スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2018/01/15(月) 07:27:45|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。