我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

シンガポール街歩き~ハジレーンを散策してみた

新型コロナがヨーロッパやアメリカにまで拡大され、なかなか収束しない昨今、、、

シンガポールも外国人の実質入国拒否の対象国を、中国、韓国、イランに加え、イタリア(北部から全土へ拡大)、フランス、スペイン、ドイツへと拡大した。

これまでは感染者の増加数が緩やかだったシンガポールだったのだが、先週は珍しく1日に10人位の勢いで増えていくと思ったら、ヨーロッパやアメリカからの帰国者が発症するケースが多かったようで、そういう実態を受けての措置だったようだ。


我が家は引越しやらなんやかんやで、しばらく街歩きをしていなかったのだが、昨日は久しぶりに街中に出てみた。


まずは、シンガポール人の友達曰く、めっきり人の減った中心部、オーチャードでランチ。

マンダリンオーチャードの2階にある、オーストラリア人オーナーが経営するカフェに入った。

The Providore Mandarin Gallery

頼んだのは、サンドイッチと、リコッタチーズパンケーキ。






具沢山のサンドイッチはトマトソースが少し甘めだったが美味。

リコッタチーズのパンケーキはフワフワで、ほんのり香るリコッタチーズの風味が絶品だった。


このビルも、今は入り口を一つだけに絞っていて、入館前に体温チェックがあった。


食事の後は、コドラがどうしても行きたいというため、ハジレーン(Haji Lane)に寄って帰ることにした。

ハジレーンは、アラブストリートの傍にある、若手ファッションデザイナーが店を構える小さなストリートで、ウォールアートのカラフルなカフェが立ち並ぶエリアだ。


中心部からハジレーンに行くには、7番か175番のバスに乗る。

ところが、7番のバスが立て続けに2本通り過ぎてしまい、20分くらい待ちぼうけ、、、

なんだかおかしいと思ったら、ナント、バス停を間違えていた。

正しいバス停へ移動し、ようよくバスに乗り込むことができた。


乗っている時間は15分くらいで、ブギス(Bugis)駅を越した次の停留所で降りた。

地下鉄で行く場合はブギス駅から5分から10分くらい歩くことになるようだ。


バスを降りて、来た道を1ブロック引き返し、横断歩道を渡るのだが、信号待ちをしていると、またまたディフェンダーに遭遇した。




東京23区ほどの狭い国土で、自家用車を持つためにはバカ高い税金を取られるシンガポールは、世界でも最も車の購入価格が高い国の一つだという。

なのにディフェンダーと遭遇する確率の高さは東京以上だ。

中古のディフェンダー110でも、1200~1300万円くらいが相場のようだ。

いかにセレブが多い、ということなのだろうか。


大通りを渡り、更に1ブロック歩くと、サルタン・モスク(Masjid Sultan)の裏側が見えた。




モスクらしいモスクを初めて見たコドラのテンションが上がる。

正面に回ってみると、青い空の下に、白い壁と黄金色の丸い屋根が眩しく光っていた。




乾季に入るはずの3月になってから、しばらく天気がわるかったのだが、この日は久しぶりに太陽がギラギラと照りつける真夏の陽気。

本当は中に入って見学もしてみたかったのだが、暑さもあり、コロナもあるし、あまり気乗りしなかったため今回は通り過ぎるだけにした。

落ちついたら今度は中を見たいと思うが、立派な建物だというから楽しみだ。


モスクの正面にはカラフルなトルコ料理のカフェやレストランが並んでいた。




振り返ると、立派なモスクがまるで絵のように佇んでいた。





モスクを後にして右手に曲がり、車通りを1本渡るとハジレーンになる。

カラフルなウォールアートが出迎えてくれた。




ハジレーンは全長250m程の短くて狭い通り。

背の低いカラフルなショップハウスが立ち並んでいる。

我々は通りの真ん中から入ってきたため、まずは右側に広がる、洋服屋やアクセサリー、カフェなどのエリアを散策した。




リゾート向けのワンピースやカバン、帽子などが、比較的安い値段で売られていた。






コドラが買ったのはこのバック。

35ドル、日本円にして約2800円だった。




若い女性のショッピングには最適の場所で、今はコロナの影響で全体的に人が減っているため、土日でも見物しやすかった。


先程通りに入ってきたあたりまで引き返し、今度は左側に進むと、こちらはバーやレストランエリアになっている。






カラフルな通りを通り抜け、地下鉄ブギス駅まで歩いて戻った。

オーチャードからモスクまでのバスルートは下記👇


今回の街歩きルートは下記👇





スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/03/15(日) 11:03:46|
  2. 飛行機・海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンガポールで一番高い橋と森林浴 後編

せっかくなので、マウントフェーバーで公式マーライオンを見ていくことにした。

しばらくはまたアスファルトの道が続き、喉の渇きが増していく。




T字路に差し掛かったら、右手の坂を上がるとマーライオンのいるフェーバーポイント(faber point)になる。

手前には売店があり、ここでようやく飲み物を買うことができた。




有難いことに、砂糖の入っていない緑茶があった。

シンガポールでうかつにお茶を買うと、砂糖が入っていて、甘くてまずいため要注意だ。




一気に飲み干したが、緑茶がこれほどまでに美味しく感じたことはあっただろうか。


一息ついた後は脇の坂道を上がり、




階段を上がると丘の上に出た。




ん⁉️ あった‼️
政府公認5体のうちの一つのマーライオンの頭が見えている。




近づくと、海の見える景色をバックにマーライオンが静かに佇んでいた。




正面に回るとこんな感じだ。




辺りには人もなく、のんびりした雰囲気を味わえたのだが、丘の上は暑かったので先を急ぐことにした。

先程のT字路まで引き返し、そのまま真っ直ぐ進むとセントーサ島へ向かうロープウェイの駅があった。

一般的にはセントーサ島へ行くにはハーバーフロント駅からロープウェイに乗るのだが、ここが始発駅のようだ。








トイレがあったので寄ってみたのだが、ガラス張りの、景色の良い綺麗なトイレだった。




ロープウェイの駅から地下鉄のハーバーフロント駅(harbour front MRT station)までは、坂道を少し降ったところにある長い階段を降りていく。






この階段、降りても降りてもまだ下るため、逆回りで行くのはお勧めしない。


地下鉄の路線図を見ると、スタート地点のラブラドールパーク駅から2駅分を、遠回りして歩いてきたことがわかる。




11時に出発して13時過ぎ、2時間ちょっとのトレッキングだった。

良い運動にはなったのだが、洋服が汗で濡れていて、コドラ曰く「ホットヨガをした後みたい」だったらしい。



今回のルートは下記

ラブラドールパーク駅⇨Alexandra Arch pedestrian bridge(アレクサンドラアーク)⇨ forest walk(フォレストウォーク)⇨ Henderson Waves(ヘンダーソンウェーブ)⇨ Faber Point(フェーバーポイント)⇨ハーバーフロント駅



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/02/28(金) 09:38:56|
  2. 飛行機・海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンガポールで一番高い橋と森林浴 前編

世界中で広がりを見せている新型コロナ。

ここシンガポールでは、政府により洗い出しや検査が徹底されている。

風邪などの体調不良でなく、例えば全く関係ない産婦人科専門クリニックなどであっても、医療機関にかかるとまずはコロナの問診票を書かされる。

早い段階で危険レベルを引き上げ、公表している患者数も他国に比べて多かったが、患者数を洗い出して把握し、管理できているところが凄いところだ。

1日に数件患者数が増える日もあり、2020年2月27日朝の時点では93件、内62件は完治、死者はゼロ。

この状況下では、なるべく室内の人の密集した場所は避けたいもの。


ということで、2月のある日曜日、運動も兼ねて公園を散歩することにした。

日本でも海外でも行きあたりばったり旅の我々。

ネットで検索して、シンガポールで一番高い橋なるものを見つけ、フォレストウォークもできるようなので行ってみることにした。


まずは地下鉄ラブラドール駅(Labrador Park MRT Station)で下車。




この駅からはラブラドール自然保護区 (Labrador Nature Reserve)がすぐなのだが、今回はパスして反対側へ歩道橋を進み、フォレストウォークの始点となる アレキサンドラアークAlexandra Arch pedestrian bridgeへ向かう。




駅から橋まではバスもあるが、10分少々の道のりなので歩いてみたが、程なくして橋が見えて来る。




アレクサンドラアークはいわゆる街中にある歩道橋なのだが、80mもあり、渡り終わるまでに5分もかかる。




橋からは、前に見かけて、いくら地震がないとはいえ、積み木を重ねただけのような構造が怖いと思っていた建物が見えた。




この橋を更に少しだけ進むと、次第に景色が街中から熱帯雨林の森へと変わる。






橋も、コンクリートのしっかりしたものから、鉄格子の下が透けて見えるものに変わるのだが、高いところでは18mあるため、高所恐怖症の人は下を見ずに歩こう。




歩き出してすぐに、バタバタと大きな鳥が飛んできて高い木の枝に止まった。


↑赤い枠線の中にいるのがくちばしが大きな鳥。オオハシだろうか。


どうやら近くに巣があるようだった。


こんなに森が広がっているのに、すぐ脇は民家の立ち並ぶ住宅地なのも面白い。




フォレストウォークとは、この橋の上を散策しながら、熱帯の木や花や生き物たちを観ることができる遊歩道のことだった。


橋のすぐ脇には熱帯のバンブーがあり、落書きがされていた。




日本の竹は細やかで涼やかな美しさがあるが、熱帯のバンブーは太くて荒々しい自然味に溢れている。

日本の竹の原種はアマゾンだというから元は同じなのかもしれないが。


何度も書くが、シンガポールは熱帯なので蒸し暑い。

街中であれば、風も強めのため日陰は涼しいのだが、熱帯雨林の森の中は、陽射しがなくても充分に蒸し暑い。

水は売っていないため、持参は必須だ。
(※ちなみに我々は水を持っていかないという、最悪のミスを犯していた。)

日本では聞いたことのない、なんとも変わったセミの泣き声がした。

最初、セミなのか確信が持てなかったのだが、遊歩道にセミの説明書きが貼ってあったので確認できた。




同じように鳥や花についての説明書きもあったので、それをガイドに探してみるのも楽しいかもしれない。








他にも熱帯の植物で、見たことがなかったものが沢山あった。






熱帯の植物図鑑が欲しいくらいだ。

フォレストウォークは1.3kmの距離があり、徒歩20分程で抜けた。

ランニングしている人、家族連れなど、沢山の人がフォレストウォークを楽しんでいた。


その後はしばらく公園の敷地内の舗装された道を歩く。

喉が渇けど水はない、、、。


ようやくシンガポールで一番高い橋~ヘンダーソンウェーブ(Henderson Waves) に到着した。




シンガポール一とはいえ、たかが地上36m、されど高い。

こちらも下が微妙に透けて見えるし、充分に怖かった。




↑360度カメラで撮った橋の上空3mからの写真


最初のアレクサンドラアークも、このヘンダーソンウェーブも、夜間にはライトアップされるそうだ。


橋を渡ると、我々が歩いてきたのはトレッキングコースの途中からだったことがわかった。




この先は、シンガポールにある政府公認のマーライオン5体のうち、1体があるマウントフェーバー公園(mount faber park)に続いていた。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/02/27(木) 08:57:15|
  2. 飛行機・海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンガポールリバークルーズとポルシェ

先週末に用事があって街の中心部に行った。

お昼には、またかと思われるだろうが、ソンファバクデーを食べた。

今回行ったのはショッピングモールの中にある店舗で、入店前には熱を計られ、サニタイザーで手を洗うように促されてから席についた。

シンガポールは予防に徹底していると感じるが、それでも広がるのがウイルスだ。


ランチの後そのまま帰るのも物足りない。

かといって新型コロナの影響もあるし、人混みを避けると行く場所が限られてくる。

こんな状況下じゃあ仕方がない、ということで、またまたシンガポールリバーサイドを少しだけ散歩してから帰ることにした。


この日は快晴。

シンガポールリバーへ向かう道は、いかにもシンガポールらしい。

多民族国家であるシンガポールは、信仰する宗教も多種あり、街には教会、モスク、寺院、と色々な宗教施設があるのだが、この日通り過ぎたのは儒教の建物だった。




その先には背の低いテラスハウ(日本でいう長屋のような住居)が並び、ポルシェがとまっていた。




シンガポールはカーレス社会を目指しているそうで、車両販売価格以上に高い所有権の値段が上乗せされ、世界一車が高い国といえるらしい。

プリウスが1500万円くらいする、車好きには厳しい国だ。

このポルシェは、新車なら5000万円弱するとみていいと思う。


そのままリバーサイドへ出ると、辺りはシンガポール1洗練されたエリアとも言われているロバートソンキー/Robertson Quayになる。

この辺りには高級レストランが立ち並び、夜に賑わう。




リバーサイドまで歩くと喉が渇いた。

シンガポールのあちこちにある、オレンジジュース販売機をご存知だろうか。

この日も通りすがりに見かけたので飲むことにした。




2ドルを入れてボタンを押すと、バレンシアオレンジを贅沢に3個その場で絞り、シーリングまでして出てくる優れもの。




右側にある口からストローを取り出し、蓋にプスっとさして飲む。

少し飲んでしまった後だが、中はこんな感じで、絞りたての美味しいオレンジジュースだ。




喉を潤して歩いていると、シンガポールリバークルーズの乗り場があり、今まさに船が出ようとしていた。

ふと見ると、乗っている人がほとんどいなくてガラガラだった。

夜はナイトショーがあるため混むかもしれないが、コロナの影響なのか、昼間はかなり空いているようだ。

心なしか街全体的に人がいつもより少なめに見えたし、アジア人の姿はあまりなかった。

コドラはずっとシンガポールリバークルーズに乗りたがっていたのだが、コロナの状況が落ち着いてからにしようと言っていた。

でもこんなにガラガラだと、逆に安全な気がしてきて、乗ってみることにした。




1人25ドル/約2000円。

我々が乗り込んだ船もガラガラで、屋根のある船内には我々ともう1組、デッキに2組と4組だけだった。




船内も窓は全開で、風を感じながらの心地良いクルーズに出発だ。




歩いて散策するのと、川の上から眺めるのでは景色が違う。

道に生えている木の根が川まで伸びていた。

石垣で教えてもらったマングローブだ。




船は程なくマリーナ湾に出た。




右手にマーライオンが近づいてきた。




こころなしかマーライオン広場も空いているように見えた。


船は旋回し、今度はマリーナベイサンズに近づいてから川へ引き返す。






シンガポールでは、直射日光さえ遮られると風が強いため爽やかに感じられる。

船内には、英語ではあるが見所についてのアナウンスも流れていて、ずっとなんだろうと思っていた川沿いの建物が警察署だったことがわかった。




約45分のクルーズはなかなか優雅で、是非また乗りたいと思う。


船を降りた後には、リバーサイドに見えていたレストランへ向かった。




川沿いには様々なレストランやバーなどが立ち並び、リバーサイドにも席がある。

まずは冷たい飲み物で喉を潤した。




看板メニューらしきハンバーガーに惹かれて注文したのだが、アルアルではあるもののハンバーガーの厚みが違った。






シンガポールについて以来、何かとアジア系のものを食べることが多かったコドラは喜んでハンバーガーを頬張っていた。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/02/21(金) 18:16:41|
  2. 飛行機・海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜のシンガポールの見所 スーパーツリーグローブショー

先日昼間に訪れたガーデンズバイザベイのスーパーツリーグローブ

昼間のガーデンバイザベイの記事はこちら

ここでは毎晩、19時45分と20時45分から約10分間、音楽に合わせたライトアップのショーがあり、なんと、誰でも無料で観ることができる。


我々が訪れたのは2月8日。

シンガポール保健省から、新型コロナの感染症危険レベルが、4段階中上から2番目のオレンジに引き上げられた翌日のこと。

シンガポールの一部の市民がパニックを起こして買いだめに走ったと報道されていたが、我々の周りでは普段通りの日常が流れていたし、

この晩のガーデンバイザベイは、新型コロナの影響など微塵も感じさせない程の大盛況だった。

(シンガポールの現在の日常識についてはコドラが始めたばかりのブログに新型コロナウイルスの影響:シンガポールの日常という記事をアップしているのでご参考まで)


ツリーの足元の広場には大勢の観光客が集まり、暮れかかる空の前でショーの開始を待っていた。




ショーの前にもツリーはライトアップされていて、定期的か不定期かはわからないが色が変わる。




19時45分。

場内アナウンスがショーの始まりを告げた。

何やらアジアのイメージのショーのようで、中華系の音楽が始まると同時にツリーが一斉に赤く染まった。




次いで緑、その後は青、その次は紫、と、流れる音楽に合わせて色を変えていく。










音楽にしても、1曲1曲は短めで、日本の音楽、インド系の音楽など、アジア各国の音楽が次々と流れていた。

日本の曲では坂本九の上を向いて歩こうや、坂本龍一の戦場のメリークリスマスなど、世界的にも有名な曲がかけられていた。

観光客は、寝転んだり、座り込んだり、立ったまま、思い思いに空を見上げていた。


コロナの現状を考えるとこの人集りの中で歩くのはなるべく避けたいため、ショーが終わる前に帰路の方向へ移動を開始した我々だったのだが、

座って見ている人の合間をぬって視野を遮って歩くのも申し訳ないため、結局最後までツリーの下でショーを堪能することになった。


帰りはマリーナベイサンズの方向へ歩いて地下鉄に乗るのだが、

橋からは、昼間訪れたときには少々グロテスクにも思えた虫の卵のような球体が、綺麗にライトアップされているのが見えた。




柔らかな月の光と、その下で人口的に光る卵、、、




こちらについてはセンスがいいのやら悪いのやら、、、。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2020/02/20(木) 13:55:16|
  2. 飛行機・海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (70)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (99)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (55)
雑記 (17)
車中泊グッズ (7)
食 (16)
ガレージハウス (42)
まとめ・ランキング (17)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。