我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

富士山で腰切塚散策とサイクリング

沖縄から戻ってきた翌日は、世間的には3連休の初日だった。

旅行の片付けをして、11時に東名に乗った。

戻ったその足で車中泊旅行に出かける案もあったのだが、それはあまりに落ち着きがないし、飛行機旅は体力を奪われるため、思っている以上に疲れているだろうからやめておいた。

その代わりに近場にドライブに行くことにしたのだ。

温泉に入りたかったから、最初は箱根の仙石原へススキを見に行こうと家を出たのだが、お決まりの旅の始まりであるガソリンスタンドで給油しつつドトールでコーヒーをのんでいる間に、行き先を水が塚・朝霧高原コースへ変更することにした。

秋の空気の中でサイクリングをしようと自転車を積んでいて、朝霧高原辺りに良さそうなサイクリングロードを紹介しているブログ記事を見つけたからだ。




水ヶ塚に到着すると、駐車場が無料に戻っていた。

富士山登山シーズンだけ混み合うため、登山客のみ有料にしているのかもしれない。

気温は13度。
分厚い雲に覆われた曇りの天気で、歩いても暑くないし、寒くもない、丁度良い気候だった。

今回ここに立ち寄ったのは、前回行こうか迷って、軽装だったために行くのを諦めた腰切塚へ行ってみるためだ。

今回は長袖長ズボンで来たし、虫除けもしたから完璧だ。

駐車場から腰切塚までは散策路を上がってすぐだった。




森の中なので気持が良い。

曇っていたため富士山は見えなかったが、晴れた日には絶景に違いない。




くるっと周り道をすると、写真を撮ったりして、全部で40分程の散策になる。




腰切塚には火口があるのだが、火口というより小さな窪地だった。




散策路は森の中のため、途中で道を間違えると、一瞬道がわからなくなった。




この前バトミントンをした広場でお弁当を食べてから、朝霧高原へ。




道の駅の隣のフードパークの駐車場に着いたのは15時くらいで、時間帯のせいなのか空いていた。

我々、ここで旅の疲れが出て、しばしお昼寝。

再び起きて、自転車を下ろしたりと準備をして、16.30前にサイクリングに出発した。

駐車場脇の道を漕ぎ出すと、晴れていたらさぞかし絶景なのだろうと思う見晴らしの良い場所に出た。




ただこの道、両脇に牛舎が続き、とにかく牛の匂いが強烈だった。

帰りが怖くなるほど長く緩やかな下り坂が続く。

折り返すと今度は予想通り、長く緩やかな登り坂だ。




途中からいつも車で通る国道に出て、更に坂道。上がった。

半分バテているコドラの背中を押したりしながら
ようやく車に戻った頃には陽が暮れていて、さすがにもう誰もいなかった。




時刻は17時55分で、彼此1時間半もサイクリングをしていたことになる。

汗はかいたが気候は丁度良く、でもあの道は臭いし地味に疲れるため、果たして良いサイクリングコースだったのだろうか、、、。

ふもとっぱらキャンプ場には大量のキャンプ客が集っているようで、明るく、まるで夜景のように見えていた。

いつもと違う道で水ヶ塚を通らずに南下し、489号で御殿場へ抜けたのだが、明るければ良い景色の道のような気がした。

東名は空いていて渋滞もなく、スイスイ進んで家まで辿り着いた。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/10/04(金) 20:10:25|
  2. 富士山(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早朝バトミントンドライブ

日曜の朝は5時に起きて6時に家を出た。

この朝の気温は22度で、秋の気配を感じさせる涼しさだった。

前日に運動のために買った真新しいバトミントンを持って出かけることにした。

どこか空気の良い高原でバトミントンをするためのドライブだ。

本当は我が家のバイク、ブラックバードのクロスケ(コドラ命名)でツーリングに出かけたいと思っていたのだが、

真夏のバイクは体力を奪われるため、もう少し涼しくなってからにしよう、と言うことになり、この日はボルボでオープンカードライブだ。

高速に乗る前の時点で寒いくらいで、この日がバイク日和だったことを痛感し、バイクで来なかったことを後悔し始めるのだが、、、


旅の始まりはいつものガソリンスタンドで給油をして、ドトールのコーヒーを飲みながら。




コドラは寒いと言って、膝掛けを使い、温かいコーヒーを飲んでいた。

東名に乗ったのは6時半過ぎで、曇っていた空はいつの間にやら晴れていて、見上げると青い空に薄い雲がかかっていた。




太陽が顔を出すと一気に気温が上がる。

寒すぎるかもしれないと心配した山間部でもちょうど心地良い温度だった。




この日も富士山は雲に隠れていて、向かう先が霧で曇っていたためもしや豪雨でも降っているのかと雨雲を調べてみたのだが、富士山付近に雨雲はなかった。




途中足柄SAでお昼用にパンを買い込み、御殿場で高速を降りて水ヶ塚へ。

確か広場があった気がするから、バトミントンくらいはできるはずだ。

無料滞在は1時間までだが、軽く運動をして早めに切り上げるには丁度良い。


自衛隊と米軍基地の間の道を登っていくと、ちょうど射撃の大会か何かがあるようだった。




水ヶ塚は富士山の2合目。

今の時期は2合目から5合目にマイカー規制が敷かれていて、富士山登山客はここでマイカーからバスに乗り換えることができる。

これから富士山に登るらしき登山客が沢山いたし車も満車に近かったが、肝心の富士山は、この日ここからも、厚い雲に覆われていて見えなかった。




水ヶ塚は何度も訪れたことがあるが駐車場から出たことはなく、広場があるのは知っていたが、実際に来たのは初めてだった。




早速バトミントンをした。




遊びに近いユルイ感じでも、10分もすれば汗をかくし、良い運動になる。

途中、早めのランチ休憩で足柄SAで買ってきたカレーパンを食べた。

パン生地もサクサクで美味しいし、中のカレーも美味しい。




一休みしたらまたバトミントンを再開。

30分ちょっとはしただろうか。


広場の周りにはトレッキングコースがあり、森林浴をしたがら歩いたり走ったり出来るようになっている。




今まで全然知らずにいたが、腰切塚という展望台もあり、そこからの富士山も綺麗だという。

展望台までは片道15分から20分らしいが、行っていると1時間を大幅に超えてしまうし、山道に入る服装をしてきていなかった。




また今度、富士山が晴れている時に出直すことにして、この日は水ヶ塚を後にした。

御殿場へ引き返す下り道には自転車の若者がいて、風の抵抗を避けるために低姿勢になったり、下りカーブでは曲がる方向の膝を曲げ、横45度に足を開いた姿勢をキープしながら走ったりと、独特な走り方で60kmくらいのスピードで駆け下りていた。






水ヶ塚から御殿場へ一気に降りると、ペットボトルが気圧のせいで凹んでいた。




高速に乗ったのは10時半過ぎで、下りの混雑が始まっていたが、上りは空いていて快適だった。

お昼前には自宅に着いたから午後は丸々時間が出来たし、やっぱり早朝ドライブは最高だ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/27(火) 08:05:57|
  2. 富士山(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

レンタカーで富士山一周してみた

久しぶりに休みの取れた連休に、車が二台とも使えなかった我々。

有休を取った4連休の初日、金曜は愛車のレッカー騒ぎで夕方になった。

土日はコドラ両親宅へ電車旅をしてきたものの、何だか物足りない。

せっかく休みが取れたのなら、やっぱり自然の中に行きたいのだ。


ということで、最終日の月曜日には、修理の間借りているレンタカーで、富士山ドライブに出かけることにした。

レンタカーはアクア。

アクアユーザーには申し訳ないんだけど、1時間乗っていると身体が痛くなるから心配ではあった。

でもまぁ、自然の中に行きたいし、いざ出発!

酷暑だから水分補給も忘れずに。




9時過ぎに出た割には、久しぶりの東名は普通に流れていた。

いつもは風が涼しくなるはずの山間に来ても、35度、、、




流石に御殿場で降りて山へ登っていくと涼しくなってきた。




気温は26度。

蒸してはいるが草木の香りも心地良いし、

やっぱりドライブは楽しい。


(のだが、、、案の定、しばらく前から腰が痛い、、、。助手席のコドラは 足の付け根が痛い と言っていた。)


水が塚の駐車場は有料になっていて、なんと1000円もするため、その先の駐車場で休憩することにした。

この日の富士山はガスっていたのだが、駐車場からはよく見えた。

雪もなく、緑もないように見えて、いつもの優美な姿ではなく、なんだがとても荒々しく見えた。




トゥルルルルという澄んだ鳥のさえずりや、ヒグラシの鳴き声が聞こえる他は静かで、草木の香りに癒される。

涼しいとまでは行かないが、ムワッとした暑さは流石になかった。


駐車場を後にしようと出口に差し掛かると、熊注意の看板があって驚いた。




こんな場所にまで熊が、、、。

とは言っても充分山の中か、、、。


再び車を走らせると、霧の中に入った。








気温は23度にまで下がったが、湿気は凄い。

今まで澄んで聞こえてきていたヒグラシの鳴き声が、霧に反響して不気味に響いていた。


お昼前に朝霧高原の道の駅に着いた。

ここまでの道のりは順調だったが、朝霧高原は混雑していて、第一駐車場には車を停めることが出来なかった。

フードパークの方へ行くと、朝霧高原のチーズを使った美味しそうな出店が出ていた。

お昼時間だったし、バターチキンカレーとピザを頼んでベンチで食べた。






食後にはやっぱりこれ。

朝霧高原の牛乳ソフト。




必ず食べるからもはや定番の味ながら、何度食べても濃厚で美味しい。


世間は三連休の最終日。
帰りに渋滞にはまらないためにはあまりノンビリもしていられない。

本栖湖へ向かい、湖の周りを一周した。

いつ来ても木漏れ日がキラキラと輝いている、富士五湖の中で我々が一番好きな湖だ。




キャンプ場と反対側はウィンドサーファーだらけで、車道が路駐の車で2/3塞がれているのはいつものことだが。

270度周ると見えてくる富士山も良い。






朝霧高原は曇っていたのだが本栖湖は晴れていて、爽やかな風で涼しく感じたのだが、気温は29度だった。


一周したあとは山中湖へ向かう。

湖畔を抜けて道志道で帰る、いつものドライブコースだ。




道志の道の駅は普段より車もバイクも少なかったが、既に帰路についているのか渋滞が続いていたが、

抜け道を通って帰った。




やっぱり自然に触れるドライブは癒されるし、楽しいものだ。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2018/07/20(金) 07:48:34|
  2. 富士山(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山中湖サイクリング

10月初めの日曜日に、サイクリングに出かけた。
行き先は山中湖。

前日から直前まで悩んだ末に、寝坊したこともあって近場に決めた。

道志を通ればコドラの運転の練習もできる。
この日は秋晴れの25度。
風が心地よく、オープンドライブとサイクリング日和だ。

前日実家でバーベキューをして夜遅くなったため、起床は9時。
ゆで卵とコーヒーだけ持って出発した。
道志の山道は運転レベル高め。車やバイク、自転車も多い、狭い山道のワインディング。

コドラの運転は、速度とハンドル操作があっていなくて破茶滅茶だった。

途中で運転を代わることにして道脇に停めたら、30台くらいの車やバイクが我々を追い越して行ってびっくりした。

狭い山道のワインディングだから、数台後までしか見えていないのだが、まさかの大渋滞を引き起こしていた。

この道はよく遅い車で渋滞するが、自分たちがまさかその原因になっていたかと思うと申し訳ない気持ちになった。
撃沈しているコドラと運転を代わった。



道志の気温は16度。風が冷たくて清々しい。





山中湖畔に出ると、空いていた。
日曜日の1時を過ぎているから、一般的には帰路についている時間なのだろう。



富士山は雲の向こうに隠れていて、裾野が少しだけ見えていた。





湖畔の駐車場に車を停めてサイクリングを開始。





すすきや赤く色づいた葉、落ち葉に秋の始まりを感じる。薄手のパーカー1枚は寒かった。風が冷たい。

波が穏やかに打ち寄せる音と、草や甘い花の香りに癒される。

何処からか焚き火の香りがした。



木道で休憩を取りながら、ゆで卵を食べ、コーヒーを飲んだ。
この辺りにシートを敷いてゆっくり寛ぎたいくらいだ。








3時に車に戻り、我々も帰路につく。
雨がパラついたがすぐに晴れた。
富士山近辺は良い温泉がないのがネックだ。道志の湯に入るかとも思ったのだが、一度も行ったことのない紅椿の湯に寄って見た。



入浴料は1人1000円。
古い施設だが、受付に芸能人のサインが沢山飾ってあった。
有名な若手女優さんたちのものだったが、来たのだろうか。

源泉を加温しているようだ。循環併用。
「ここでしか入れないグリンティーのような湯」と賞賛している口コミを見て、半信半疑、一度くらいは行ってみるかと来てみたのだが、
湯は無色透明、、、可もなく不可もない。
同じ無色透明の湯であるなら、半額で入ることのできる道志の湯で我々はいいかも。
ただ、広いせいか人気のようで流行っているし、体はポカポカと温まった。

帰りも車やバイクが多く、時速20kmくらいでしか進まない大渋滞だった。
「まさかコドラが運転してるんじゃない?」
と笑っていると、遅いスクーターが二台。
追い抜くと流れがスムーズになったのだが、またすぐに渋滞。
暫くするとまた流れ出し、道脇に車が一台避けてくれていた。
普通に運転に慣れていそうなおじさん世代だった。
遅いのに避けてくれない車は何なのだろかと毎回不思議に思っていたのだが、
カーブで後ろが見えていないから、まさか大渋滞を引き起こしているとは気づいていないのだろうことが、今回でわかった。

この道は若葉マークのコドラでなくとも渋滞を引き起こすメッカだ。
道志みちで後ろに車が数台続いていたら、迷わず避けよう。
その数台の車の後ろから、渋滞が発生しているのだから。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/10/13(金) 08:55:27|
  2. 富士山(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下道で 甲府まで

三連休中日に長野の諏訪で法事があった。

せっかくだし、ただ向かうのも面白くないから、途中まで下道で行くことにした。

11時半に自宅を出発。

30度超えの真夏日だ。


まずは道志を抜ける。




入道雲が真夏を感じさせる。

猛暑だ。


三連休のためか道が混んでいて、抜けるまでにかなりの時間が掛かった。

緑の中を颯爽と駆け抜けるイメージをしていたが、想像とは違った。


ようやく山中湖へ。




道はそれ程混んでいないが、流れが遅かった。


先日訪れた富士急ハイランドを横目に (新装開店したばかりのドドンパが途中で止まったという、、、) 樹海を抜けて本栖湖へ。


蝉が鳴き小鳥が囀り、空気が一段ひんやりとする。






三連休のせいか、いつもより多めの車が道の片側に停まっていて、沢山のウィンドサーファーが湖面に出ていた。


本栖湖の脇を抜け、トンネルを出るとヘアピンカーブとワインディング。




途中道の駅でトイレ休憩したくらいで、後はノンストップだったのに、既に陽が傾き始めていた。


増穂ICから中部横断道に乗った。



これで一気に北上。

双葉JCTに出て、そこからは中央道に乗った。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2017/07/19(水) 07:05:30|
  2. 富士山(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。