我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

立入禁止が解除になった箱根の大涌谷に黒玉子を食べに行った

閉鎖されていた大涌谷が11月15日から立ち入り禁止解除になっていたことを知った我々、

日曜日に早速黒玉子を食べに箱根へ向かった。

箱根は雪道になるし路面も凍結するため、道が気になりはしたが、この日のドライブは冬タイヤを履いていないボルボC70と。

最近、山梨でも静岡でも、富士山は雲に隠れていて見えないことが続いていたが、この日は久しぶりに顔を覗かせていた。




山頂までは見えなかったが、雪化粧を施した荘厳な美しさだ。


仙石原のススキは見頃を終えていて、一面狐色に染まり、観光客の姿もほとんどなかった。




大涌谷へ向かう道を曲がり、ゲートがあった場所を超え、駐車場まであと600mというところで渋滞になっていた。




全盛期であればもっと長い列が出来ていたので、空いている方だと思う。

ただ、立入禁止が解除になったとはいえ、火山ガスの濃度は濃いようで、健康に不安がある人はまだ行かない方が無難のようだ。

遊歩道も閉鎖されていた。




駐車場は案内で時間がかかっていたが、満車ではなかったため微速ながらもコンスタントに進み、車を停めた。


曇りの天気に小雨がパラつき、山の下から霧が上がって来ていた。




売店から先は依然として立入禁止。




火山ガスが活発に白い煙りをあげていて、飛行機が頭上の近い場所を飛んでいるようなゴーゴーという音が響いていた。




売店では黒玉子が売り切れていたが、くろたまご館の方ではまだ販売していて、待望の黒玉子を食べることができた。

5つで500円。久しぶりの再会だ。




真っ黒な殻を剥くと、中は普通の白い茹で卵。

温かい。


↑光の加減で茶色っぽく写っているが、真っ白。


ついている塩をふりかえて頂くと、白身はフワフワ、黄身の旨みも濃厚で美味。

1つ食べると7年寿命が延びるとも言われている。


箱根に来ても黒玉子が食べたいのに食べられない時期が続いていて、いつかまた食べられる日を待ち遠しく思っていたから、有り難い気持ちで美味しく頂いた。


売店横から階段を上がると神社がある。






人が立ち入れなかった時期にも、この場所に残されてひっそりと佇んでいたかと思うと何だか寂しい気がした。


火山ガスの濃度が濃くなったため、気分の悪い人は名乗り出るようにというアナウンスを聞きながら大涌谷を後にした時には、辺りは濃い霧に包まれていた。




まだ不安定な状態が続いているようだ。


この日は最後に温泉に入ってから帰ることにして、宮ノ下にある地元のための自治体がやっている共同浴場、太閤の湯へ行ってみた。




駐車場は数台あるが無断駐車は1万円取られるため、車で訪れた場合には受付に知らせる必要あり。

受付のおばあさんは個性的で、いくつかのルールを守る必要があった。

入浴料は500円で、1000円札以上の紙幣は使えない。

石鹸は必ず持参し、入浴の前にきちんと体を洗うこと。

荷物は纏めて籠に入れ、棚に仕舞うこと。


男風呂は先客があって熱いとはいえ入れる温度になっていたが、女湯の方は水を入れ始めたばかりで人の入れる熱さではなく、湯船に浮いていた温度計は48度を指していたそうだ。

熱い湯の好きなコドラでも入る事はできない温度で、掛け湯をして出てきたらしい。

源泉掛け流しの塩化物泉。
無色透明な湯は温泉の独特な匂いがして、箱根では一番良い湯の気がした。

しっかり湯につかった自分自身も、掛け湯だけのコドラも、2~3時間は体がポカポカで暑いくらいだった。

内湯のみで湯船は小さい。

あくまで地元の人のための自宅のお風呂代わりで、観光客向けではないため一見さんには厳しい対応だが、

コドラの両親の実家がある長野の上諏訪温泉では、同じように昔から各自治体に共同浴場があるが、地元で月額を払っている人以外はそもそも入ることは出来ないし、

自治体の共同浴場に入れて貰えるだけ良い気がする。

ただ、湯加減を聞かれて、48度はあまりに熱すぎてさすがに入れなかったと話したコドラに、

受付のおばあさんは

「温度計が壊れてるんだよ。私たちなんかは普段もっと熱い湯に入るよ」

と言ったらしく、

「あたしが入れなかったんだから絶対48度あったよ。45~6度なら入れるもん」

と苦笑いのコドラだった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/12/24(火) 08:28:19|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根仙石原のススキ

10月の第一日曜日のこと。

朝、思い立って箱根の仙石原へススキを見に行ってみることにした。

天気は曇り時々晴れ。少し肌寒い、最高のオープンカー日和だった。


この日は西湘バイパスを通って箱根へ向かった。






パーキングには、朝の8時前だというのに沢山のバイク乗り達が集っていた。


(この後来た台風19号でぐちゃぐちゃになってしまった映像を見たが、早く全区間開通できることを願っている。

前にも書いたかもしれないが、自然の猛威は一瞬にして人間の作ったものを破壊してしまうけど、それをまたコツコツと作り直し、修復する人間の力や逞しさは素晴らしいと思う。

このコツコツを、発展と同時に環境保護の方向にむけて行くこともきっと可能な筈だ。)


海沿いを走って熱海で休憩。




この日は風が強く、朝の時間帯だからか、遊歩道には人の姿はなかった。




熱海からは伊豆箱根スカイラインへ登ったが、富士山は愚か景色は雲に遮られていた。




仙石原に着いたのは10時前。

既に多くの観光客で賑わっていた。

ススキはまだ色づき始めたばかりだったが、淡い日の光を浴びると輝いていた。






遊歩道の脇にはランタンが並んでいたが、夜にはライトアップされているのだろうか。




遊歩道は丘の中腹まで続き、折り返して戻ってくるのだが、帰り道に行き交う人の数は次第に増えていった。

ちょうど混み合うギリギリのところで見てくることができた。


温泉に入りたかったのだが、箱根にはなかなか良い日帰り温泉をみつけられていないのが正直なところだ。

我々、無臭のさらっとした単純温泉ではもう満足出来なくなっている。

仙石原の近くでは、前に大涌谷から源泉をひいている温泉に行ったことはあるのだが、なぜ客商売をしているのか不思議なところで、上から目線な貼り紙に気分が悪くなるため行かなくなった。

湯はいいため、対応は我慢してまた言ってみるかと話していたのだが、最近の口コミを確認しても、やはり対応の悪さについて書かれていた。


迷った末にそちらに行くのは止めて、近くにあるかま屋という釜飯屋にも温泉があり、大涌谷からの源泉掛け流しだというからそちらに行ってみることにした。




ここは面白いシステムで、釜飯を頼んでから出来るまでに45分かかり、その間に奥にある温泉に入って待つことができる。

釜飯は1500円前後で、入浴する場合は別料金で700円。

メニューは釜飯のみだ。

店は古く、温泉も古びていて狭い。

女湯はかつて扉があったところにベニヤ板がはめ込まれていたが、隙間が開いていて、押したら外れそうだったため気分的にあまりゆっくり出来なかったみたいだったが、

湯は茶色掛かった熱めの湯でほんのり硫黄の香りがした。


釜飯は控えめな出汁がほんのりきいていて丁度良く、美味しかった。




珍しい店で面白いし、釜飯は美味しいし、一度は訪れてみるのも楽しいと思う。

我々もまた来たいね、と言って店を後にした。


旅の締めに、いつも通ってはいるが入ったことのなかったふじみ茶屋で和スイーツを食べて帰ることにした。

138号線を強羅方面から御殿場へ降る途中にあり、晴れていれば目の前に富士山が見える。

店の脇には湧き水があり、飲むと冷たくて美味しかった。




白玉ぜんざいとコーヒーを頼んだが、餡は甘過ぎず白玉はモチモチで美味しかったし、コーヒーも湧き水を使っているのかはわからないが美味しいコーヒーだった。




台風19号で箱根の雨量は未曾有。被害も大きい。

ボランティアや寄付などは出来なくても、観光で訪れることも地元経済を回す重要な応援になる。

行く予定にしていた人は情報収集の上、復旧の状況を見つつ、可能であればなるべく行くことをお勧めしたい。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/10/20(日) 11:53:52|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真夏の伊豆の夕陽ドライブ

猛暑の最近、今のシーズンの車中泊は難しい。

8月最初の土曜日は、お昼ご飯を食べてから、午後の3時前に東名に乗った。

温泉に入って、新鮮な海鮮を食べに行く。

海鮮は、我々がよく行く三島の回転寿司に行くことにして、温泉はあまり行ったことのない西伊豆に行ってみることにした。


この日の東名は入ってすぐに事故で渋滞していた。

反対車線は定番の渋滞時刻で、長い車の列が伸びていた。

御殿場からは新東名に入り、沼津から伊豆横断道路を走る。




抜けるとすぐに海に出た。




山道は緑が鮮やかで木漏れ日が眩しい。




気温が下がればオープンにも出来るのだが、高いとはいえ海沿いの道で、風は生暖かかった。




夕方前に戸田の道の駅に着いた。

この日の温泉は、この新しい道の駅の中にある、壱の湯という源泉掛け流しの温泉だ。




入浴料500円の硫酸塩泉。

施設は新しくて綺麗だが、小さい。

場所と季節がら海水浴帰りの家族連れで混んでいた。

脱衣所の床は砂でジャリジャリで、浴室は小さな子供を連れた大家族で一杯だった。

湯には特徴はなく、至って普通。

無臭、透明にして、熱くもなければぬるくもなかった。

流石に湯上りの肌はスベスベにはなったが、オール3と言った評価だった。


戸田の町には何もなく、漁港に釣り糸を垂れる釣り客がいるだけだった。

陽が傾き始めていて、ヒグラシが鳴いていた。




海の水は透明というわけでもなかったが、青い熱帯魚のような、綺麗で小さな魚が泳いでいた。




西伊豆は夕陽の名所だ。

煌めきの丘という展望スペースがあったので寄ってみた。




この日は富士山が雲に隠れていて見えなかったが、沈みかけた夕陽の筋が海面をキラキラと照らしていた。




土曜日の夕食時刻というと、三島の流れ鮨はいつも混雑している。

19時を過ぎてしまったため、相当な時間待つことになるだろうと覚悟して行ったのだが、空いていて、5分くらいで席に通された。

暑過ぎて海鮮人気も落ちているのかもしれない。

この流れ鮨、何を食べても間違えないし、ネタが大きい。




この日は、本日のオススメのシマアジが、特にトロトロで美味しかった。

食事の後、帰路についたが渋滞もなく、スイスイと進んで21時半には自宅に戻った。

夕方前に出るドライブもなかなか良いものだ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/06(火) 14:14:17|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の箱根ドライブ

先週日曜日、梅雨に入ってすぐのこと。

GW以来遊び過ぎていたため、外出は自粛しようと思っていた。

土曜日に家のことをしたり、体を休めていたのだが、予想外の晴れ間が広がったことで出かけたい欲求がうずうずし始め、、、

結局、日曜日は近場にドライブに行くことにした。


朝は5時に起きて、早朝箱根ドライブに出かけた。

天気は雨、気温は17度。

足柄SAで眠気覚ましのコーヒーを買い込み、御殿場から下道を箱根へ向かう。


箱根といえば大涌谷の黒たまごなのだが、果たして売っているのだろうか。

というのも、ご存知の方も多いと思うが大涌谷は今閉鎖中。

前回行ったときには駐車場までは行けて、黒たまごも売っていたのだが、

今はネットで調べても、どこまで行けるのか、詳しくはよく分からなかった。


とりあえず最初に向かったのは仙石原。

霧掛かった幻想的な景色が見られるかもしれないと思ったのだが、、、






確かに霧は掛かっていたが、幻想的には程遠かった。

駐車場も当然ながらガラガラで、500円支払って、雨でびしょ濡れになっただけだった。




傘をさしていたにもかかわらず、あまりにずぶ濡れになって寒かったから、温泉に入って帰ろうということになった。

箱根湯寮という貸切風呂もある日帰り温泉をみつけたのだが、時間が早くてまだ電話も繋がらない。

とりあえず駅に向かって山を下ることにした。


ついでに、途中にある大涌谷にも行ってみることにした。

いつも思うが地元の地名を書かれて「◯◯から先通行止め」という案内は不親切だ。

箱根によく来る我々だって、地元の地名まではわからない。

「大涌谷駐車場には行けません」とか、観光場所を基準に書いて欲しいものだと思う。


結果としては駐車場には行くことが出来ず、途中にゲートが出来ていて閉鎖されていた。




迂回するといつもは通らない道を通ったのだが、

『この場所は駐車禁止』と書かれていて、危険なガスが発生しているらしかった。




近くには別荘なのか自宅なのか家もあったが、閑散としていた。

早くまた大涌谷の黒たまごが食べられる日が来るといいのだが、

阿蘇も白根山も磐梯吾妻スカイラインも、日本全国で立ち入り禁止が続いているのが気がかりだ。


駅に下る途中で、富士屋ホテルのパン屋さんに立ち寄った。




りんごのパンとカレーパンを買ったのだが、どちらも昔ながらの懐かしいパンの味がした。






パン屋を出て向かう途中でようやく箱根湯寮に電話が通じ、貸切風呂を予約することが出来た。

その温泉施設は箱根湯元の駅の脇の急坂を登った、フォレストアドベンチャーの隣にあった。






大浴場と貸切風呂があり、大浴場は一人1500円。

19室もある貸切風呂は一室一時間4300円から。

この雨のせいか空いていて、10時半過ぎに着いたのだが、我々が通された部屋には先客がおらず、一番風呂だった。






単純温泉で循環貯湯。

湯の温度は40度、透明で無臭だった。

伊豆や箱根は値段が高く、湯に特徴がないところが多いのがたまにキズだが、

湯船が広くてぬる目のため、ゆっくりと寛いで入ることが出来た。


復路は箱根ICから入ろうと思ったのだが工事中で入ることができず、車一台がかろうじて通れるような狭い道を迂回して荻窪ICから小田厚道に乗った。




お昼は大磯PAでしらす丼とラーメンを食べた。

生しらすの漬けの乗ったしらす丼は他とは一味違う美味しさだった。




東京で生まれ育った我々にとってのラーメンといえば、なんてことはない昔ながらの醤油ラーメンが嬉しい。

煮干しが主張していないやつだ。




この日の高速には目立った渋滞もなく、お昼過ぎには家に着いた。

早朝ドライブは午後の早い時間に戻ってこれて、時間を有効に使えるのが良い。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/06/14(金) 20:04:19|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の夜の夢のごとし~伊豆ドライブ

先週の土曜日、教習所で検定試験を受けたあと、4時に自宅を出発して車中泊に出かけた。

行き先はまたかと言われそうだが伊豆。

どうしても美味しい海鮮が食べたかったから、たまに行く三島の回転寿司へ向かった。

今回は買ったばかりのGoProもあるし、何か楽しい映像を撮りたいという、ぼんやりとした目的もあった。

まずは足柄SAで高速の映像を撮るため、車体にGoProを取り付けることにした。




少し撮るだけですぐに充電切れになるためバッテリーを変えた。




念のため防水カバーをつけて、サクションキャップという吸盤を取り付ける。




車体に貼り付けて、カメラの位置を確認。




運転席から見るとこんな感じ。




後は携帯からリモートで操作できる。

取り付けている最中も、取り付けたまま信号などで止まっている間も、色んな人からガン見されるのが若干恥ずかしい。


目的地はたまに行く沼津魚がし鮨。

ネタが大きくて新鮮。

お値段は普通にするが満足感があるし、我々が行く週末には行列が出来ている。

この日も18時過ぎについたのだが既に店の中には順番を待つ沢山のお客さんの姿が。

何より駐車場が満車で、誰かが出てこないと車も停められない状態だった。

結局30分ちょい待って席につけた。

この日のおすすめは、かつお、活きホッキ貝、銀ダラ、寒ブリ、おしつけ、シマアジなどなど。






銀ダラはこりこりで甘く、寒ブリには脂が乗っていて、シマアジはトロトロだった。

おしつけというのは初めて食べたが、脂の乗った白身魚でアブラボウズともいうらしい。

食感はこりこりに近いのだが銀ダラよりは弱く、脂も乗っているのだが寒ブリより弱い。

出てくるタイミングは選べないから仕方ないが、おしつけを先に食べたら旨みを堪能できたのではないかと思う。

そのほかにも地物や定番を注文して大満足。


食事の後、長岡にある共同浴場に向かった。

駐車場がないため市役所に停めろと書いてあったのだが、その市役所まではかなりの距離があった。

しかも営業は21時までなのだが入館は20時までという噂もあった。

すでに時刻は20時を15分ほど過ぎていたから、立ち寄るのは諦めて、この晩車中泊をするつもりでいた、伊豆のへそ道の駅へ向かった。




河津桜とミモザと思しき木が、夜空にカラフルな花を満開に咲かせていた。




明るいし車中泊の車も結構いて、どこに停めようかと迷っていると、ふと翌日が雨だということに気がついた。

日曜に降られると、濡れたままガレージに車を入れることになり、月曜からまた仕事が忙しくなるため、しばらく洗車できなくなる可能性があることに思い当たった。


で、結局、車中泊をとりやめて帰ることにした。

夜景が見えるかもしれないからと伊豆スカイラインを通ってみたが、街灯もない山道は想像以上に真っ暗だった。




しばらくして眼下に夜景が見えたが、車外に出て夜景をカメラに収めている間に、野犬でも出そうだ。




時間的には21時過ぎと、夜中ではなかったため、まだ走り屋はいなかったし、意外と他の車とも行き違った。


箱根から御殿場へ抜けて高速に乗り、足柄SAでさしみかまぼこと田丸屋のわさび漬けを買い込み、日付をまたいだ午前0時過ぎに自宅に着いた。

白ワインを開けてささやかな自宅晩酌。




さしみかまぼこは蒟蒻に近い食感で瑞々しく、

ほんのりとかまぼこの風味がして、桜の葉の塩漬けとアオサの香りが、主張し過ぎず丁度良かった。

一足早い春の味覚だ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/03/08(金) 07:16:08|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (70)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (99)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (55)
雑記 (17)
車中泊グッズ (7)
食 (16)
ガレージハウス (42)
まとめ・ランキング (17)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。