我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

真夏のハプニング続きのドライブで日光へ 3(完)

この日2回目の湯の湖までは、道端に目を凝らしながらの道中だった。

窓を全開にしていたから、帽子が車内から飛んでいった可能性もゼロではないためだ。

湯の湖まで辿り着き、湖畔の道を進むと、脇道に帽子を発見した‼️




誰かが地面に枝を突き指して、帽子を引っ掛けて置いておいてくれていた。

知らない誰かの小さな親切に、結構感動しながら取りに向かう。






きっと道に落ちていた帽子が轢かれてしまわないようにしてくれたのだと思うが、

どなたか、本当にありがとうございました‼️


やはり、コドラが推理したように、幌の上に帽子を置いたまま走り出していたようだ。

今度からは幌の上に物を置かないように気をつけねばならない。


この日は丸沼と湯の湖の間を行ったり来たりしたから、復路は中禅寺湖を抜けることにした。

早めに帰るつもりでいたが、ハプニング続きで遅くなってしまったために諦めていた。

戦場ヶ原のあたりは涼しくて、オープンカーも多く見かけた。




真夏の雲が高く広がり、避暑地の爽やかな夏があった。




中禅寺湖には郵便局があったので、町営駐車場に車をとめて、ここでようやくお金を下ろすことができた。




暑かったため喉が乾き、湖畔にある洒落たテラスのある喫茶店に入ってアイスコーヒーを頼んだ。




テラスからの眺めは良かったのだが、接客態度がびっくりするくらい悪く、、、

空いているのに15分待たされた挙句に、確認すると注文を忘れていたようで聞き直され、、、

そのあとはすぐに出てきたのだが、おそらくペットボトルのキーコーヒーを入れているだけなのに550円も取られた。

支払いは一万円を出したら文句を言われそうな雰囲気だったから、二人のお財布から小銭をかき集めた。

おばあさんが二人だったのだが接客係の方に問題があり、、、もう二度と行かないと思う。


そんなこんなで喫茶店で時間を取られて16時を少し過ぎてしまい、お陰で乗ろうと思っていたボートの貸し出し時間を過ぎてしまって乗り損ねた。

これがこの日5つ目のハプニングといえばハプニングだろうか。


仕方なく湖畔を散歩したあと、駐車場に戻る途中のお店で、天然氷のかき氷とやまめの塩焼きを食べた。






天然氷は冷たくてそれだけでも美味しかったし、期間限定の地元のイチゴを使ったサッパリしたシロップがかかっていた。


中禅寺湖の傍から既に渋滞が始まっていて、いろは坂にはずらりと車が並んでいた。




走り始めてすぐにまた、クーラントのランプが点灯していた。

足尾銅山の脇を抜け、北関東自動車道に乗る手前の伊勢崎のコメリでクーラント液を買った。

関越に乗ると夕焼け空が広がっていた。




案の定、上里から渋滞になった。

嵐山では渋滞のために混み合ったことで食堂の厨房が軽いパニック状態になったようで、食券の購入機が一時休止していた。

我々はここでなんとかクーラント液を足すことができた。

高坂で20時を過ぎたため夕食を済ませ、今度は圏央道の渋滞に突入した。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/09(金) 11:28:34|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真夏のハプニング続きのドライブで日光へ 2

自転車を取り付け直し、今度こそ幌を開けてオープンにした。

風が冷たく気持ち良いと思ったら、気温は22度で少し肌寒いくらいだった。

行き交う車の中にもオープンにして走るオープンカーが目立った。

皆考えることは似たようなもので、涼しい場所にオープンカードライブに来たに違いなかった。


この日のお昼は菅沼のレストハウスで早めに食べた。




舞茸ざる蕎麦を頼んだのだが、スーパーに売っている蕎麦を茹でた感じで、、、

正直イマイチだった。




舞茸天丼にするか、よくよく考えたらここは群馬なのだから、舞茸ざるうどんにすれば良かったのだと思う。


菅沼は湖畔入り口とキャンプ村が一緒になっていて、入場料を払わなければ湖畔に出られそうになかった。

入場料は1人70円だったのだが、混んでいたし、ちょっと覗きに行くためにわざわざお金を払うのも煩わしいため通り過ぎた。

というのも我々、、、

現金の持ち合わせがほとんどなく、お金をおろせるような場所もなく、、、

節約が必要な状況だったのだ。

これがこの日二つ目のハプニングだった。



湯の湖に近づくと目の前の景色が一気に開け、温泉の香りが漂ってくる。




湯の湖は静かで好きなのだが、この日は湖近くの駐車場が一杯で空いていなかった。

車が何台も順番待ちをしていて、我々は諦めてくるっと周り、奥の派出所の前にある駐車場に車を停めた。


積んできた自転車を降ろして湯の湖の町を散策する。

トンボが沢山いて、自転車に4.5匹とまってきた。

今年はトンボが大量発生でもしているのだろうか。




所持金が2000円しかなかったため、まずはともあれATMを探したのだが、残念なことに見当たらなかった。

諦めて、とりあえず温泉に入りに行くことにした。

温泉寺という、お寺のお風呂に500円で入ることができる。




含硫黄の硫酸塩・炭酸水素塩泉の掛け流しだ。

白濁の激アツの湯、、、のはずだったが、加水したようで熱くはなかった。

お風呂は狭くて、4.5人で一杯になってしまう大きさだったが、硫黄の香りがよく、泉質が最高だった。

冬の空いている時期にまた来たいと思う。


湯から上がった後に湖畔までいってみた。




途中でトンボが何匹も道にとまっていて、自転車で轢きそうになっては焦った。

陽射しが強く、温泉で温まった体からは汗が滲んだが、硫黄の香りとサッパリとした湯上り感があり、嫌な感じはしなかった。

水際には腰まで水に浸かって釣りを楽しむ人たちがいた。


湯の湖から帰ろうとエンジンをかけると、クーラントのランプが点いた。

この日3つ目のハプニングだ。

最近、我が家のボロさんことvolvo c70はクーラント液が漏れて足りなくなる間隔が短くなっている。

土曜日にクーラント液の替えを使い切ってしまい、絶対に必要になるため買わねばならないのはわかっていたのだが、

あまりの暑さにカー用品店に寄るのも面倒で、とりあえず空の容器に水道水を詰めておいた。

いつもクーラント液の予備(この日は水道水)を入れているのはトランクなのだが、

この日は自転車を積んでいるためトランクを開けるのは相当面倒だ。

そのまま走り出してから、お昼を食べた菅沼のレストハウスに水道があったため、そこに寄って飲み終わったペットボトルを使って水を足すことにした。

菅沼に着き、水道水は確保できたのだが、圧が上がっていて入れられない。



仕方なく、帰りに立ち寄ろうといっていた丸沼まで進むことにした。

湖畔を散歩しながら圧が抜けるのを待つしかないだろう。


ところがその丸沼で、この日4つ目のハプニングが待っていた。

先程までかぶっていた筈の帽子がないことに気がついたのだ。

普通は「2度あることは3度ある」とか、「3度目の正直」などと言い、繰り返すことは大抵3度までと相場が決まっているというのに、、、

お金やクーラント液の件は

「まぁ、、、当然そうなるよね」

という必然でもあり、想定内のことではあったのだが、帽子がなくなるということは考えもしなかった。

とりあえず帽子なしで湖畔へ向かった。






前に来たときはまだ寒かったからか、水の綺麗さに驚かされたのだが、この日は水辺に洗剤の泡が大量に集まってきていて汚かった。

こうやって、綺麗な筈の自然を人間が汚しているのを目の当たりにすると、考えさせられるものがある。

湖の脇の湧き水だけは綺麗で、手を入れてみると冷たかった。




しばらく水辺を散策してから車へ戻り、先程用意してあった水道水をクーラント液の代わりに入れてから、湯の湖へ帽子を探しに戻ることにした。




コドラの予想としては、帽子を幌の上に置いた可能性が大で、湯の湖の駐車場辺りに落ちているのではないか、と言うからだ。

幌の上に色んなものを乗せる癖がある、と指摘された。


我が家にはよく、

「あれ?○○がないんだけど知らない?」

「自分でどこに置いたか覚えてないの?」

「覚えてない」

「もー、うーん、、、あ、あそこは見た?」

という会話があり、大抵コドラに言われた場所を見ると探し物がみつかるのだから不思議だ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/08(木) 13:19:05|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真夏のハプニング続きのドライブで日光へ 1

8月最初の日曜日は朝5時に起きた。

前日の土曜日に夕方前から伊豆へドライブへ出かけた翌日のことだ。

起きてみると、この日は意外にも涼しかった。

気温は27度。昔の夏みたいで心地よかった。

支度をして自転車を積み込み、出発したのは6時半前。

目的地は涼しそうな気がする湯の湖にした。

硫黄の香りのする温泉にも入りたい。


関越は朝早くに出た割には車量が多くて、花園辺りで「8km先立入者あり」の注意を促す表示が出ていて驚いた。

前に何度か「逆走車あり」は見たことがあったが、人が高速に立ち入るとはどういう状況なのだろうか。


沼田からは下道を行った。




数年ぶりに通ったら、新しいトンネルや道が出来ていて走りやすくなっていた。

道すがらにある吹割の滝へ久しぶりに寄ってみることにした。

「滝に一番近い」と看板を出してるが有料とは書かれていなかったため入ってみたが、建物の裏の見えない場所に500円と書いてあり、お金を取られた。

何軒もの駐車場が「滝に一番近い」と看板を出しているが、それらはどこも有料なので要注意。

無料の駐車場もあり、滝にも近いし、いつもはそちらに停めていたのだが、、、。


久しぶりに訪れてみると、吹き割りの滝の様子が変わっていた。

日本語、英語、中国語でアナウンスが流れ、警備員が何人か立っていて、滝や遊歩道に白い石灰が引かれ、ロープまではられていて、なんだかすっかり管理された観光地化されていた。

所々に赤いコーンが置いてあり、自然の風景を損なっていた。




夏は水が少なく、淀んだ匂いがして水も綺麗ではなく、、、残念。




この滝は一応、諸説あれど日本三名瀑の一つに数えられ、

下から見上げるのではなく、滝が足元の岩の間を落ちていくのが見られる、東洋のナイアガラと呼ばれる滝だ。

とはいえ、先程は中国語のアナウンスが流れていたが、中国の人はわざわざ来る価値はあるのだろうか。

中国の方がもっと雄大な滝が沢山ありそうだが、、、。


時刻はまだ10時前だったが気温は30度を超えていて、滝は少し涼しかったのが、向かう途中の道が暑かった。

蝉が鳴き、白いもくもくした雲が山の向こうから湧いていた。


滝を出てしばらく走ると、尾瀬への分かれ道手前に尾瀬かたしな道の駅が出来ていた。




ここには入浴出来る温泉はないのだが、岩盤浴と足湯があった。




丸沼高原の手間では気温が25度に下がった。

日光白根山ロープウェイのところで一旦止まり、幌を開けてオープンにすることにした。


秋にバイクで来たときにロープウェイで登った丸沼高原が、今では「丸沼テラス」になっていた。




展望スペースにソファーをおいてインスタ映えをを狙う人々を集客するためにテラス化が流行っているようだ。


いざオープンにしようとしたときにハプニングが発生。

うっかり肘が当たり、間違えてトランクを開けてしまった。

自転車を積んでいるため簡単には閉められず、一旦自転車を外して取り付け直した。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/07(水) 11:41:49|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のツーリング3 白根ハイキング

神社があったのでいってみると、その先にハイキングコースがあった。





日光もだが、柵があり、熊に注意と書かれているため、いつも行くのをためらうが、今回はせっかくなので少し歩いてみることにした。

熊よけの鈴を付けていくように書かれていたが、持ち合わせていなかったし、時間もなかったので小回りの道を選んで歩いた。



松の香りが清々しい。



所々で紅葉していたが、まだ時期的には早かったようだ。

景色は、展望台や兆候よしと書かれたスポットで、木の合間から山が見えるくらい。









熊よけの鈴を持って森林浴を楽しむことをお勧めする。






スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/21(金) 14:13:34|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のツーリング2 白根の紅葉

温泉を後にしてしばらく進むとゴンドラ乗り場が出てきた。

冬はスキー場のようだ。

高原で紅葉がみられるという。

沼田からの道すがら、何度も看板を目にして気になっていた。

日光まで行くのは時間的に無理なので、ここで紅葉を見ようということになった。

地上はまだ草木が青々としていたから、標高の高い高原にいかないと紅葉は見られないだろう。

往復一人2000円もした。

ゴンドラは思いの外勢いよく斜面に沿って釣り上げられ、意外な速さで登っていく。

急勾配だ。





眼下にはアルプスのような景色が広がる。



湖も見えた。



一見頂上に見える分岐点まで登ると、また先に新たに頂上に見える分岐点が出現し、また登る。
そんなことを何度か繰り返しているうちに、周りの景色が秋色に染まり始める。





山が見渡せる高さに到達。



白根山が見えてきた。
今度こそ終点のようだ。



下から見た時には一番手前の分岐点が終点のように見えていたため、2000円は高いと思ったが、実際に乗ってみると見所満載の長い距離を、標高2000mまでゴンドラで運んでくれるため、まぁこのくらいはしても仕方ない気がする。

ゴンドラ乗り場を降りると白根山が綺麗に見えた。





天空の足湯なるものがあり、賑わっていた。









スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2016/10/21(金) 10:20:09|
  2. 日光・白根・群馬(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。