我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

シンガポールのディフェンダー

我々が現在居住しているシンガポールでは、日本より頻繁にディフェンダーを見かける。

そうは言ってもディフェンダー自体が珍しい車種であることに変わりはないのだが。


シンガポールのディフェンダーが面白いと思うのは、決まってどのディフェンダーも何かしらのカスタムがしてあること。

先日カトン(Katong)で見かけたものも結構いじってあった。




シンガポール自体が都会なので、もちろんドレスアップという意味合いも多いのだろうけど、

もしかしたらマレーシアのジャングルなどにも陸路ですぐに行けるから、実用的なカスタムという意味も多いのかもしれない。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  1. 2020/09/11(金) 22:52:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カートにリベンジしてきた話

前回の記事でも書いたのだが、またまたシンガポールでカートに乗りに行ってきた。

前回は路面が一部ウェットだったことや、こどらを待つために止まっていたこともあり、タイムは速い人と比べるとイマイチだった。

で、この週末に、晴れの日を狙ってリベンジしに行ってきた。




結果は前回より7秒ほどタイムが縮まり、週間2位になっていた。

1位とのタイム差は約0.2秒。

1位 40.006秒
2位 40.221秒(自分)

ちなみにコースレコードが39.927秒らしいので、もっと研究してなんとかコースレコードを更新してみたい。

YouTubeに走行シーンをあげたが、動画を見るとまだまだ改善しないといけない場所があるように見えるので2回目のリベンジをしようと思う。

(それにしても”動くパイロン”っていう表現久しぶりに使ったなぁ)




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  1. 2020/08/10(月) 16:52:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

シンガポールでカート場に行ってきた話

先週末にシンガポールにあるKarting Arenaというカート場に行ってきた。




ネットで探して、さらにシンガポール人の友人にも聞いてここに決めた。

予約をオンラインで行い、当日に名前を言うだけで手続きを進めてくれるのが気楽で良い。

カウンターでは写真を撮ったり、記録用のニックネームなどの登録を行う。




料金は8分間で1人30SGD。

日本円で約2400円。

これに別途、5SGDが登録費用として取られる。




ブリーフィングはビデオで行われて、黄旗、赤旗などの説明や、マナーなどの講習を受ける。

シンガポールは他民族国家のため、英語の他にも中国語、マレーシア語などの言語が選べたが日本語はなかった。




その後でヘルメットを選び、荷物を置いて(貴重品だけ持って) いよいよコースイン。




コースは一周1分弱ぐらいで回れるような、比較的直線の多いコース。




朝降っていた雨で所々濡れており、特に日陰の最終コーナーは乾きが遅かったため、手前で減速して直線的にコーナーを抜けないと何度もどアンダーを出してしまい恥ずかしかった。


カートはアフリカのガーナでも一回やったが、そちらはコースももっと長くアップダウンもあるようなコースだった。

ただ車両自体があまり整備がされていないのか1回目乗った車両と2回目乗った車両で明らかにパワー差があった。。。

比較すると、シンガポールの方が設備が整っていて走りやすかった。


こどらからは、ゆっくり走るから先に行ってと言われていたが、さすがに3周差くらい離れてしまったため、途中で待ったりもしながら楽しんだのだが、

走り終わった後で、タイムがメールで送られてきた。

結果は週間5位だったらしいが、1位の人は自分より7秒ぐらい速いようだった。

順位が表示されるシステムなら、もっとちゃんと走ればよかったと思う。

なんとか天気の良い日を狙って、シンガポールにいる間にもっと上位を獲ってみたい。



翌朝には左脇腹に6cm四方の大きなアザができていたが、筋肉痛にはならなかった。



ちなみにここのオーナーらしき人物はポルシェカップに出ている人のようで(壁に色々な写真やトロフィーが置いてあった)、愛車はAMGのSLSだった。




場所はこちら↓



YouTubeあげました↓



にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  1. 2020/08/03(月) 13:40:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

新型ディフェンダー

港北のランドローバーディーラーに新型のディフェンダー110が置いてあったようだ。



賛否両論あるものの、個人的にはやはり結構かっこいいんじゃないかと思っている。

フロント部分のシルエットがどことなくセカンドレンジにも似ているような。

白のボディに黒のホイールもスッキリしているし。

深い緑系のボディカラーに黒ホイールでもカッコ良さそうだ。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  1. 2020/07/30(木) 15:32:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

シンガポールのデンプシーヒルは高級車のオンパレード

現在住んでいるシンガポールでは、2020年6月19日の金曜日から外出制限が解かれ、モールやショップが再開した。

そんなこの週末に、我々はシンガポールでおしゃれエリアとして知られているデンプシーヒルと呼ばれる場所に出かけてみたのだが、

その駐車場は、さながら高級車の展示会といった雰囲気だった。

日本でいうならば、濃い車が集まるという意味では代官山のTSUTAYAの雰囲気に近いかもしれないが、シンガポールのセレブは桁が違うため、

日本ではあまり見かけないロールスロイスのドーンが駐まっていたり、ベントレーがいたり、、、

我が愛車のディフェンダー仲間も複数いたりとなかなか見応えがあった。


まずはドーン。




白に赤幌、メッキのホイールに別格のオーラが出ていた。


そしてベントレーのベンテイガ。




こちらは紺色で落ち着いていたせいもあり、周りから浮くほどの別格感は感じなかったのだが、それでもシンガポールでは1億円クラスの超高級車だ。

よく両脇に車がいるスペースに普通に駐車出来るものだと思ってしまう。

自分だったらドアパンチを恐れて、遠くても両脇に誰も駐めに来ないような、空いた場所を選んでしまうと思うのだが、、、。


そしてレンジローバー。

べラールにレンジスポーツ。






ディスカバリー4とフライングスパー。




そして、ディフェンダーも2台。

これはたしかどこかの限定車だった気がするが思い出せない。。。




こちらは後部座席に窓のないハードトップタイプ。





気付けば英国車ばかりを写真に撮っていたけれど、その他にも、レクサス、ベンツ、ランボルギーニ、ポルシェと、この空間だけで下手をしたら10億円いくんじゃないかというぐらいの高級車が集まっていた。






にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  1. 2020/06/21(日) 22:46:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (70)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (108)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (66)
雑記 (25)
車中泊グッズ (7)
食 (16)
ガレージハウス (43)
まとめ・ランキング (19)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。