我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

夏の森林浴は長野で-後編

日曜の朝はコドラの両親宅を早目に出た。

10時前に中央道に乗れば混み合う前に通り抜けて、お昼過ぎには東京に帰れる気がしていた。

車を走らせてすぐに

「じゃあこのまま高速に乗るよ?」

とコドラに声を掛けると、乗り気ではない返事が返ってきた。

「なんか緑が足りない」

と言う。

このまま帰れば時間的にも体力的にも余裕なのだが、確かに何か物足りない。

ということで、下道を秩父へ抜けて帰ることにした。

長野と秩父の下道といえば中津川林道だ。調べてみたら暫く閉鎖されていたが通れるようになっていた。


まずは国道299号メルヘン街道を通り、山へ登ると一気に涼しくなった。




麦草峠は標高2100m。

駐車場があったので停めると、遊歩道の案内板に「白駒池」と書いてあったので行ってみることにした。




我々、てっきり車を停めた場所が麦草峠と思っていたら、実はまだ麦草峠の手前で、遊歩道で麦草峠まで歩けるようになっていた。

麦草峠にも駐車場があり、レストハウスのようなものがあった。

そこから更に遊歩道を歩いて白駒池へ行くようだ。




高山植物保護のネットを潜り抜ける。




鹿だろうか、獣の足跡があった。




涼しくて草木の香りが芳しい。
空にはトンボが飛び交っている。

森林浴をしながら気ままに歩いていたのだが、ふと気が付いた。

まだまだ白駒池は見えてこないが、道はどんどん山深くなっている。




でもどうやら車道と並行して進んでいるようで、車の行き交う音がする。

これは恐らく、白駒池の近くまで車で行けるに違いない。

怠け者の我々、引き返して車で先に進むことにした。

案の定、少し進むと白駒池の駐車場が出てきた。

観光地になっていて、駐車場も広いししっかりしたレストハウスが備わっていた。

駐車場は有料で500円。
満車に近く、沢山の人で賑わっていた。




ここからは整備された板張りの遊歩道を歩く。




もののけ姫にでも出てきそうな苔生した原生林が続いている。






先ほどの遊歩道を歩いてきていたら、1.1kmあったようだ。




目的の白駒池に到着。




こんなに沢山の人がいて、三脚を抱えたカメラ好きらしき人も沢山いたから、一体何があるのかと期待したのだが、特には何もなかった。

キャンプ場があったのだが、森林の中でのキャンプとは珍しい。

木の板の上にテントを張ることができるようになっていた。




車に戻るとお昼前になっていて、お腹が空いてきた。

山道と林道に入るため、麓のコンビニで買い込んでおいたおにぎりを食べながら先を急ぐ。

南北村を抜け、川上村へ入ると気温は21度だった。

この辺りは畑が広がっていて見晴らしが良く、トラクターが稼働していたりと、なかなか絵になりそうな道だった。




県道68号。
意外にも車通りが多く、大きなトラックと頻繁にすれ違った。

三国峠を目指して狭い山道を行く。

雨が降り始めて、水が道の上を川のように流れていた。




ライダーにも人気の道だけあってバイクと行き合ったが、意外に対向車がいたりして、通行注意だ。


三国峠に着くと外は小雨が降り、霧に包まれていた。




ここから秩父へ抜ける道が、舗装されていない林道になる。







↑写真は中津川林道を走るディフェンダー。


林道は秩父に差し掛かり、三国峠から1時間程で一般道へ出た。

秩父からの下道が怠いのだが、混み合う街道を避けて山伏峠を青梅へ抜けて返ってきた。

ここも23度と涼しい道だった。

諏訪を朝出て夕方に自宅に着いたため、時間は掛かったのだが渋滞には遭うこともなく、猛暑も避けられ、予想以上に楽しい復路になった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/23(金) 08:49:56|
  2. 山梨・長野(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の森林浴は長野で-前編

お盆休み最後の土曜は長野に出かけた。

涼しくて、緑が多くて、白濁の硫黄泉に入ることが出来る場所を考えて、白骨温泉か乗鞍高原辺りに行ってみることにした。

我々はヌルヌル温泉も好きなのだが、夏にはやはり、さっぱりした硫黄泉が堪らない。

乗鞍にはスカイラインもあるようだし。


この日の気温は31度、午後から酷暑の予報だった。

8時半に自宅を出た後、趣向を変えて途中まで国道20号を行くことにした。




大垂水峠超えたのだが、まだ新しいタイヤ痕があった。




ここは昔メッカだった場所だから、所々に昭和の遺産のような若者の暴走を嗜めるような看板が残っていたのだが、まだまだ現役で走り屋が走っているようだ。


ノーストレスだったが時間はかかり、相模湖から中央道に乗ったのは10時だった。

お盆最後の土日とあって車量が多かった。

いつもは甲府過ぎれば空いてくるのだが減らず、長坂から出る車は長い列を作って並んでいた。




11時半に諏訪湖でお昼を食べた。

ざる蕎麦と、冷たいタンタン山賊うどん。

もともと山賊焼きは松本の郷土料理だったようたが、最近は有名になってきて、諏訪湖SAでも食べることが出来る。

温かい蕎麦に乗っけたものもあったが、冷たい方が良かったのでこれを選んだ。




食後は上島珈琲で、高原のソフトクリームとココナッツミルクコーヒーを買った。




蜂蜜が置いてあったので、この間清里からの帰り道にある向日葵畑で食べた蜂蜜ソフトを思い出してかけてみた。




普通の濃厚な蜂蜜だったから、美味しかったのだ甘ったる~いソフトクリームになってしまった。


乗鞍には13時半に到着した。

いつもは湯けむり館という日帰り温泉施設に行くのだが、この日は共同浴場に行ってみることにしていた。

湯けむり館を通り越した場所にあるビジターセンターの駐車場に車を停めた。




ここから徒歩で250m、来た道を戻って湯けむり館を通り越し、川を渡った向こう側にある筈だ。




橋を渡るとすぐ右手に砂利道が。

熊注意と書かれているが、どうやらここのようだ。




小道を進むとすぐに目指す共同浴場 せせらぎ湯 が出てきた。




ここは無料で、白濁の硫黄泉の源泉掛け流し。

無人でトイレもなく、小屋の中は男女別の脱衣所と半露天の浴室があるだけ。

浴槽も小さく、4人も入れば満員だ。




温度は42度に調整してあるようだが加水はなし。

すぐ傍には川が流れていて、せせらぎというよりは勢いの良い川音がザーザーと聞こえていた。


実はここ、6月末には熊が出没したらしい。

何かあれば通報するように張り紙が貼られ、入る前には人がいることを知らせる為に熊除けの鈴を鳴らすように書かれていたのだが、、、

男女共にその鈴が明らかに引きちぎられていた。




こういうことをする自分勝手な輩がいるとは、日本の民度も低くなったものだ、と言いたくもなる。



温泉を楽しんだ後は、この後どうするか作戦会議だ。

乗鞍は観光センター駐車場から先はマイカー規制で、スカイラインはバスでしか行けないという。

それではつまらないので行くのはやめて、硫黄泉のハシゴで白骨温泉へ向かった。

観光センター傍の山道が白骨温泉への近道だった。




白骨温泉にも共同浴場があった。

日帰りの公共野天風呂だ。




目の前の駐車場に車を停めることが出来る。




時刻は15時で最高気温の出る時間帯にも関わらず、この時の気温は24度。

温泉は階段を川沿いへ下ったところにあった。




共同風呂とはいえ人気のようで混み合っていて、入浴料も1人510円だった。




湯は白濁の炭酸水素塩泉で掛け流し。

源泉温度が低いため加温している。

露天のみだが洗い場もあり、シャンプーやボディーソープもついていた。

我々が入ったときは丁度混雑が緩和されて空いている時間帯だった。

誰もいなければ写真も撮れると書いてあったため遠慮なく撮らせて貰った。








露天だけなのだが川縁にあり、掛け流しの湯が岩を伝って川へ流れ込んでいた。

こちらの川も勢いのよい清流だった。

同じ白濁だが、先程の乗鞍とは泉質が違った。

こちらは白濁さが薄く、硫黄の香りもするが、それと同じくらい鉄の香りがした。

肌触りも違っていて、温泉に浸かった肌はキュッキュッとなるような感じだった。


湯から上がると待合所では無料の温泉粥が食べられるようになっていた。




昔、白骨温泉には入れずに飲泉だけしたことがあり、びっくりするくらい不味かった記憶があったのだが、滑らかで何の味もつけずに食べても美味しかった。




車に戻ると16時だった。まだ日も高い。

この辺りなら涼しいため車中泊も出来るのだが、久しぶりにコドラ両親が今住んでいる諏訪の家に泊めてもらうことにした。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/22(木) 18:37:14|
  2. 山梨・長野(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の終わりに清里へ 後編 明野のひまわり畑

清里からは韮崎の方向へ向かった。

途中の高い場所に高架の道路があり、絶景な気がするので一度走ってみたいと思う。

北斗八ヶ岳高原線の八ヶ岳高原大橋だと思う。


南清里の道の駅を越したのだが、何度か行っているが、初めて混み合っているのを見た。


北斗や茅野辺りの下道は南アルプスを眺めながら走れるため、気持ちが良い。




まっすぐな道を走ると、畑の中にひまわり畑が現れた。

観光地になっていて、バスもとまれば、駐車場は500円の有料で、出店も並んでいた。




蜂蜜ソフトとはちみつレモンの文字につられて買ってみたら、蜂蜜が甘過ぎずにコクがあって、めちゃくちゃ美味しかった。






日照不足と言われている今年にひまわりが咲いているのか一抹の不安はあったのだが、そのせいなのか、まだ時期が早いのか、数ある向日葵畑の中で、花が咲いているのは2つの畑だけだった。




それでも沢山の人が見にきていたし、ひまわりの花は太陽に向かって咲いていた。




先程の通り雨の名残の灰色の雲が、所々でアルプスの山々を覆い隠していた。




晴れた日の景色は勿論良いだろうが、この日の景色も神秘的で良かった。




時刻は16時半。

中央道では渋滞が始まっていた。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/03(土) 08:02:56|
  2. 山梨・長野(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の終わりに清里へ 中編 清里テラス

リフトを降りると展望台になっていて、そこが清里テラスと呼ばれる場所だ。

山の上にカフェがあり、ソファー席が設けてあるだけなのだが、インスタ映えするということで人気らしい。

カフェを利用しなくても展望台からの景色を眺めることは出来るが、他には何もなかった。




眺望は良いと思うのだが、我々が行くとすぐに霧がかかってしまい、よく見えなかった。

階段があり、もう少し上まで行けるようになっていた。




上がってみるとこちらも展望台になっていて、洒落たソファが備え付けられていた。




ふいに雨が降り出し、一面の霧に包まれた。




建物の一番上に屋根のあるスペースがあったため避難すると、

そこはリフト券と一緒に貰った絵葉書の宛名を書くための場所で、記念スタンプも押せるようになっていた。




このハガキを受け取った人は、ハガキ持参で訪れるとリフト代が200円引きになる。


この展望台には「夢叶う」と「福来る」と書かれた板があって、皆列を作ってはその板を鳴らしていた。




山の天気は変わりやすいものだ。

急に降り出した雨は通り雨で、すぐに止んで陽射しが戻った。

降りのリフトが長蛇の列だったため、カフェでコーヒーを買い、ソファに座って人波が引けるのを待った。

列が少し短くなった頃、コドラがアブに刺されそうになったため、ソファを離れてリフトの列に加わった。


陽は射しているのだが霧が凄く、どこから現れたのか、何千匹という数のトンボの群れが現れた。






何人かの人が空に向かって人差し指を立てていて、トンボがその指に止まっていた。

トンボだけではなく、アブや蛾も多く、当たり前なのだが虫だらけだった。


降りのリフト乗り場にはポストがあって、先程宛名を書いた絵葉書を投函できるようになっている。




下りリフトの方がスピードが早く感じられ、風の音と草木の香りが心地良かった。

時刻は15時前だったのだが、登りリフトは空き始めていた。




地上に戻るとリフトの列も無くなっていた。




登りのリフトの途中でカメラマンが撮っていた写真がボードに貼られていて販売されていたのだが、なかなか良く撮れていたため、珍しく買ってみた。


地上に戻ってきてからよく見たのだが、ここにはリフトが2つあり、リフト券で両方のリフトに乗ることが出来る。

2つのリフトを乗り継いで、間をトレッキングすれば、くるっと周遊することが出来るようになっていた。




もう一つのリフトの先には清里カフェやアスレチックなどがあった。

清里カフェにも行ってみようか迷ったのだが、遠くで雷が鳴っていたため、やめておいた。

今度来るときにはトレッキング出来る服装できて、周遊してみるのも良さそうだった。


この時間になると、駐車場に停まっていたバスは二台に減っていた。

こどらがバスのツアー名を覗いて

「ねぇねぇ、明野ってとこにひまわり畑があるみたいよ」

と言う。

調べてみると東京へ帰る方向で3~40分の距離の場所だったため、立ち寄ることにした。


車に戻ると我が家のボロさんも濡れていたから、先程の通り雨は駐車場も通っていったようだ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/02(金) 08:02:30|
  2. 山梨・長野(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の終わりに清里へ 前編

先週末は日本列島に台風が来ていた。

関東には土曜の夜から日曜にかけて通過するかもしれない予報だった。

土曜日は久しぶりに家の片付けをしたり、植物の世話をしたり、家事をしたり。

毎週出かけてしまうと家が片付かないのが悩みの種だとコドラ。

久しぶりにじっくり家事が出来て、気分も家の中もスッキリ。


でも我々、、、スッキリしたら途端にどこかに出かけたくなる性分だ。

日曜の朝には台風なり熱帯低気圧なりが関東を通過していそうだから、

「行き先は日曜の朝に起きてから、状況を見て決めよう」

ということになった。


で、日曜当日。

朝は9時に起き出した。

もう少し早くから目は覚めていたのだが、前日から見ていたオープンカー北海道旅行のビデオの残りを見ていて時間が経ってしまった。

幸いなことに台風は熱帯低気圧に変わって関東を通過していて、我々がビデオを見ているうちに雨も止み、晴れ間が出始めた。

とりあえず支度をしながら行き先を考えることにした。

その間にもみるみるうちに夏日が射してきていたから、涼しい展望台のある場所に行くことにした。

涼しい場所ならオープンカードライブもできる。


ということで、行き先を清里に決めて出発。

清里には清里テラスという超人気の展望テラスがあり、SNSで映えを狙う若者が多いと聞くから一抹の不安はある。

避暑地に出かけて人疲れはしたくないからだ。


中央道に乗ったのは、かなり遅めの11時20分。

八王子では気温35度。

台風は来なかったから、雲一つない台風一過の晴れとはいかなくて、普通に雲の多い晴天だった。

まだ綺麗な入道雲にはなりきれていないが、下から上にもくっと湧き上がる夏雲が広がっていた。

夏雲の左に不思議な形の雲を発見。

平らな雲の下から雲の雫が垂れ下がっているような形だった。




談合坂で休憩。




ブランチにパンとコーヒーを買い、走りながら食べた。


甲府では気温が37度まで上がったのだが、そんな中でポルシェがオープンにして走っていた。

外はドライヤーのような熱風、、、

サングラスも帽子もせず、「オシャレは我慢」にも限界があると思う。

なんだか赤い顔でフラフラしているようだったし、見ているこちらが心配になった。

※猛暑の中のオープンカーは危険なのでやめましょう


長坂で中央道を降りた。




八ヶ岳高原ラインに入ると気温が25度に下がったため、幌を開けてオープンドライブを楽しんだ。




13時15分くらいにサンメドウズ清里に到着した。




冬はスキー場になるらしき巨大な駐車場には車がコンスタントに埋まっていた。

さすがSNSで人気だけあり、観光バスがツアーを組んで来ているようで、10台以上のバスが駐車場に並んでいた。

メインの建物にはお土産屋さん、パン屋さん、バイキングのレストランが入っていて、清里テラスへ行くには、二階にあるチケット販売所でリフト券を買う。

チケット売り場には長蛇の列が出来ていて、若者の姿が目立った。

リフト代は往復1人1300円。



リフトに乗るまでも列が出来ていた。




4人乗りのリフトで、混雑時には相乗りになるらしい。

犬もケージに入れて一緒に乗ることが出来るし、大型犬と一緒に乗れる車椅子専用搬器もあった。

鮮やかな緑を眺めつつ、陽気な音楽が流れる中の空中散歩。






緑の清々しい香りに癒される。

涼しくて快適だと思ったら、頂上は気温20度だった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/08/01(木) 07:01:00|
  2. 山梨・長野(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。