我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

迷惑運転の種類

車離れと言われる世の中でもカーライフを楽しみたい党の我々。

皆が楽しくカーライフを送れるようになるためには、ドライバーのマナー向上が必要だと思っている。

そこで今日は、我々がいつも困っている迷惑運転について書きたいと思う。


1. キープライト

あおり運転とは

先日記事にしたとおり、キープライト族とは我が家で勝手に名付けた名前だが、遅いスピードで高速の追い越し車線を塞いで走行している輩のこと。

キープライトは違反だし、危険なのでやめて頂きたい。
(危険なあおりや幅寄せなどの嫌がらせについては敢えて書くまでもないので省略させていただく)

ちなみにこの言葉の使い方はこうだ。

(彼らを見かけたら)
「おっ、キープライト族の皆様‼️今日も元気にキープライト、ご苦労様です‼️」


2. 絶対に入れない

車線が減って1車線に合流するときには左右の車が交互に入るのが暗黙のルールだし、

斜め前を走る車が車線変更のためウィンカーを出したら、入れてあげるのが正式ルールの筈なのだが、、、

中には意地でも自分の前には入れないというポリシーを持つ、絶対入れないマンという人種がいる。しかも結構いる。

絶対入れないマンの皆さんには、譲り合いの余裕ある気持ちをお願いしたいが、彼らに遭遇してしまった場合には張り合わないことをオススメしたい。


3.ウィンカーを出さない

西日本での遭遇率が高いウィンカー出さないモン

うっかり一回忘れただけならまだしも、ウィンカーを出さないまま、高速をぬって走っていったりする。

運転はコミュニケーションなのだから、自分の意思を周りへ伝えるための合図は必須だ。

危険だから是非やめて頂きたい。


4.夜の高速でのハイビーム

一般道でも迷惑且つ危険なハイビーム光線

これを高速でやられると、真っ直ぐな距離が長いだけに眩しくて視界が奪われる。

特に後ろの車がハイビーム光線を発射していると、前の車はバックミラーとサイドミラーが光ってしまい、びっくりするほど迷惑だ。

めくらましの術は運転には必要ないので、本当にやめて頂きたい。


5.運転アシストに頼りすぎる

高速で、なんだかやけに前の車がふらついている、、、

と思って追い越しぎわに見てみると、大抵が携帯電話をいじっている。

運転アシスト頼り過ぎ隊の皆さんだ。

運転アシストがあるが故に気が抜けているのだろうが、それでは本末転倒。

どんなに素晴らしいシステムも機械も、人の使い方次第で毒にも薬にもなるのが世の常だ。

最悪自分だけが事故る分には自己責任と言えるかもしれないが、他人を巻き込んでの事故では大惨事だ。

今すぐやめて頂きたい。


番外編-自転車の車道走行

最近、自転車が歩行者にぶつかる事故が多発したことを受けて、自転車は車道を走るように厳しく言われている。
(もちろん本来はそういうルールなのだが)

車道の広い道ならそうかもしれないが、特に東京の街道は道端の狭い片道1車線だったりするため、自転車が車道を走っているのは正直言って迷惑だ。

追い越したいのに反対車線の車が絶えないと渋滞になってしまうし、一度追い越しても信号で追いつかれ、何度も追い越すハメになったりする。

本気の自転車は早いから車道を走るのは当然としても、ママチャリなどの日常生活用の自転車は、マナーを守り、速度を落として歩道を走れるようにすれば良いのに、と思うのだが、、、

マナーの徹底はなかなか難しいのが現実なのだろう。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/10/31(木) 21:27:00|
  2. まとめ・ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本各地のオススメのドライブロード 2019春

沖縄以外の全県を愛車のディフェンダーで車中泊旅行してきた我々。

今回はオススメのドライブロードの我流ランキングでベスト4を選んでみた。


第4位. 角島大橋




山口県にある、下関から角島へ渡る橋。

海にかかる橋は最高のドライブロードだ。

しまなみ海道など四国へ渡る橋も好きだが交通量が多く、車を停めることができないので角島大橋に軍配だ。


角島大橋の記事はこちら↓

角島大橋





第3位. 知床横断道路




北海道北部にある、舎利町と羅臼を繋ぎ、知床を横断する国道で、冬季には半年ほど閉鎖しれてしまう日本一閉鎖期間の長い道路だ。

限られた短い時期にしか通れないからこそ、自然の中に一本だけ道があるような、人間が自然界を覗かせてもらっているような感覚が好きだ。

秋の抜けるような空と心地よい風による開放感と
白樺の林の清涼感も印象的だった。


知床横断道路の記事はこちら↓
知床横断道路



第2位. 106号オロロンライン




北海道北東の海岸線で、天塩から稚内を繋ぐ道道だ。

利尻富士を望めたり、風車が絵になる絶景のドライブロード。

冬だけなのか、せっかくの絶景が雪除けの壁で目隠しされていたため、惜しくも第2位。


オロロンラインの記事はこちら↓
オロロンライン冬
オロロンライン夏




第1位. 伊豆、箱根スカイライン




やはりなんといってもここが王道の第1位だと思う。

スカイラインという名に恥じない空を走る道。

富士山が目の前に現れ、眼下には駿河湾が見渡せる絶景ロードだ。


伊豆箱根スカイラインの記事はこちら↓
伊豆スカイライン
西伊豆スカイライン



春はドライブに快適な季節。

またアップデートがあれば、ランキングを更新していきたいと思う。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/04/11(木) 19:05:58|
  2. まとめ・ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我流ランキング~テンションの上がった絶景5選

今までに我々が車旅で出会った様々な絶景の中から、これはテンションが上がった‼️という絶景を5つ選んでみた。




★2019年1月現在の我流ランキング★

第5位 釧路湿原

言わずと知れた北海道釧路の大湿原。

カヌーに乗ったり、タンチョウ鶴に出会ったり、温泉を楽しんだりと、北海道でもおススメの場所。

湿原の道も日本では他にないような趣きだが、

なんといっても展望台からの景色が絶景だ。

まるで宇宙から見る地球のようで、テンションが上がった。

夏の釧路湿原はこちら

冬の釧路湿原はこちら

阿蘇の大観峰や、北海道の美幌峠も候補ではあったのだが、湿原の織り成す特別な景色による特別感で第5位に選出。


第4位 開陽台

こちらも北海道の開陽台。

330度の地平線と、360度の絶景が見渡せる、これまた日本では他に類を見ないのではないかという場所だ。

北方領土も見渡せる。

開陽台はこちら


第3位 上高地

岐阜との境に近い長野県に位置する上高地。

車を停めて、バスでしか行けない大人気の観光地。

前にも書いたのだが、天国に一番近いのはニューカレドニアではなく上高地では⁉️と思ったほどに水も空気も澄んでいる。

上高地はこちら


第2位 106号オロロンライン

北海道の北端、稚内へ向かう海沿いの道。

ランドマークのような風車が回り、行く手には水平線と地平線が広がっている。

海の向こうに聳える利尻富士も見事だ。

夏のオロロンラインはこちら

冬のオロロンラインはこちら

ただ残念なことに、2度目に訪れた時には雪除けの柵が目隠しのように張り巡らされていたため、惜しくも第2位に選出。


第1位 フレペの滝

堂々の第1位は、これまた北海道の知床にあるフレペの滝。

オホーツク海に流れ落ちる壮大な滝で、クルージングで海から眺めることもできるが、直ぐそばまで車で行けるため、上から眺めるのがおススメ。

大迫力だが大きすぎでカメラに収まりきらない。

我々が訪れた冬には滝が凍りつき、あまりの気温の低さにiPhoneが使えなくなってしまい、あまり写真が撮れなかったのが残念。

フレペの滝はこちら

知床はクルージングも遊歩道も、知床横断道路も、全て最高だ。








スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/13(水) 20:53:18|
  2. まとめ・ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綺麗な水ベスト3

過去に訪れた数々の水の綺麗な場所。

その中から我々が選んだベスト3がこちら。


★2019年1月現在の我流ランキング★

第3位 神の子池

北海道きよさとにある摩周湖の地下水が湧き出ているという池。

透明度が高く、摩周ブルーと言われる宝石のような青が美しい。




冬は雪に閉ざされスノーシューでしか行かれないし、夏は熊注意の看板があるような奥地にある。

我々が夏に訪れた時、水の中の魚を撮ろうと写真を写すと、水面が反射して水鏡になり、空と緑を映しこんだ。





第2位 ウミガメの海

屋久島にあるウミガメの生息する白浜。

写真は昔過ぎて無くなってしまったが、後からの回想記事、屋久島旅行記はこちら↓。

ウミガメの海

あまりの透明さにテンションが上がったのを今でもハッキリと覚えている。



第1位 上高地

冬は雪に閉ざされ、夏の間もマイカー制限のある秘境、上高地。

水はあまりに透明で冷たく、ダイヤモンドかアクアマリンの宝石のように輝いていた。




あまりの綺麗さに、天国に一番近いのは、ニューカレドニアではなく(行ったことはないが) 上高地なのではないかと思った程だ。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/12(火) 07:11:04|
  2. まとめ・ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪景色といえば

日本全国津々浦々を訪れ、沖縄以外は全県制覇した我々。


過去の車中泊旅で目にした雪景色の中で、一番綺麗だったのは、北海道のオロフレ峠。




樹氷が息を飲む程に綺麗だった。




今までで一番深い雪を体験したのは山形の肘折温泉。




高い雪の壁が印象的だった。


一番良かった雪見温泉といえば北海道のかみほろ荘。




湯けむりと風に舞い上がる雪煙の中で寛ぐ露天風呂は最高だ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/02/10(日) 09:22:54|
  2. まとめ・ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (479)
北海道 (104)
東北 (56)
関東 (26)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (98)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (15)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (91)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (15)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (41)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。