我流ワンダフルライフ ~ランドローバーで行く車旅〜温泉・車中泊の旅~

車好きの車好きによる車好きのためのカーライフや車旅。旅先で出会った美味しいものやおすすめの温泉などを載せています。

立入禁止が解除になった箱根の大涌谷に黒玉子を食べに行った

閉鎖されていた大涌谷が11月15日から立ち入り禁止解除になっていたことを知った我々、

日曜日に早速黒玉子を食べに箱根へ向かった。

箱根は雪道になるし路面も凍結するため、道が気になりはしたが、この日のドライブは冬タイヤを履いていないボルボC70と。

最近、山梨でも静岡でも、富士山は雲に隠れていて見えないことが続いていたが、この日は久しぶりに顔を覗かせていた。




山頂までは見えなかったが、雪化粧を施した荘厳な美しさだ。


仙石原のススキは見頃を終えていて、一面狐色に染まり、観光客の姿もほとんどなかった。




大涌谷へ向かう道を曲がり、ゲートがあった場所を超え、駐車場まであと600mというところで渋滞になっていた。




全盛期であればもっと長い列が出来ていたので、空いている方だと思う。

ただ、立入禁止が解除になったとはいえ、火山ガスの濃度は濃いようで、健康に不安がある人はまだ行かない方が無難のようだ。

遊歩道も閉鎖されていた。




駐車場は案内で時間がかかっていたが、満車ではなかったため微速ながらもコンスタントに進み、車を停めた。


曇りの天気に小雨がパラつき、山の下から霧が上がって来ていた。




売店から先は依然として立入禁止。




火山ガスが活発に白い煙りをあげていて、飛行機が頭上の近い場所を飛んでいるようなゴーゴーという音が響いていた。




売店では黒玉子が売り切れていたが、くろたまご館の方ではまだ販売していて、待望の黒玉子を食べることができた。

5つで500円。久しぶりの再会だ。




真っ黒な殻を剥くと、中は普通の白い茹で卵。

温かい。


↑光の加減で茶色っぽく写っているが、真っ白。


ついている塩をふりかえて頂くと、白身はフワフワ、黄身の旨みも濃厚で美味。

1つ食べると7年寿命が延びるとも言われている。


箱根に来ても黒玉子が食べたいのに食べられない時期が続いていて、いつかまた食べられる日を待ち遠しく思っていたから、有り難い気持ちで美味しく頂いた。


売店横から階段を上がると神社がある。






人が立ち入れなかった時期にも、この場所に残されてひっそりと佇んでいたかと思うと何だか寂しい気がした。


火山ガスの濃度が濃くなったため、気分の悪い人は名乗り出るようにというアナウンスを聞きながら大涌谷を後にした時には、辺りは濃い霧に包まれていた。




まだ不安定な状態が続いているようだ。


この日は最後に温泉に入ってから帰ることにして、宮ノ下にある地元のための自治体がやっている共同浴場、太閤の湯へ行ってみた。




駐車場は数台あるが無断駐車は1万円取られるため、車で訪れた場合には受付に知らせる必要あり。

受付のおばあさんは個性的で、いくつかのルールを守る必要があった。

入浴料は500円で、1000円札以上の紙幣は使えない。

石鹸は必ず持参し、入浴の前にきちんと体を洗うこと。

荷物は纏めて籠に入れ、棚に仕舞うこと。


男風呂は先客があって熱いとはいえ入れる温度になっていたが、女湯の方は水を入れ始めたばかりで人の入れる熱さではなく、湯船に浮いていた温度計は48度を指していたそうだ。

熱い湯の好きなコドラでも入る事はできない温度で、掛け湯をして出てきたらしい。

源泉掛け流しの塩化物泉。
無色透明な湯は温泉の独特な匂いがして、箱根では一番良い湯の気がした。

しっかり湯につかった自分自身も、掛け湯だけのコドラも、2~3時間は体がポカポカで暑いくらいだった。

内湯のみで湯船は小さい。

あくまで地元の人のための自宅のお風呂代わりで、観光客向けではないため一見さんには厳しい対応だが、

コドラの両親の実家がある長野の上諏訪温泉では、同じように昔から各自治体に共同浴場があるが、地元で月額を払っている人以外はそもそも入ることは出来ないし、

自治体の共同浴場に入れて貰えるだけ良い気がする。

ただ、湯加減を聞かれて、48度はあまりに熱すぎてさすがに入れなかったと話したコドラに、

受付のおばあさんは

「温度計が壊れてるんだよ。私たちなんかは普段もっと熱い湯に入るよ」

と言ったらしく、

「あたしが入れなかったんだから絶対48度あったよ。45~6度なら入れるもん」

と苦笑いのコドラだった。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/12/24(火) 08:28:19|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根仙石原のススキ

10月の第一日曜日のこと。

朝、思い立って箱根の仙石原へススキを見に行ってみることにした。

天気は曇り時々晴れ。少し肌寒い、最高のオープンカー日和だった。


この日は西湘バイパスを通って箱根へ向かった。






パーキングには、朝の8時前だというのに沢山のバイク乗り達が集っていた。


(この後来た台風19号でぐちゃぐちゃになってしまった映像を見たが、早く全区間開通できることを願っている。

前にも書いたかもしれないが、自然の猛威は一瞬にして人間の作ったものを破壊してしまうけど、それをまたコツコツと作り直し、修復する人間の力や逞しさは素晴らしいと思う。

このコツコツを、発展と同時に環境保護の方向にむけて行くこともきっと可能な筈だ。)


海沿いを走って熱海で休憩。




この日は風が強く、朝の時間帯だからか、遊歩道には人の姿はなかった。




熱海からは伊豆箱根スカイラインへ登ったが、富士山は愚か景色は雲に遮られていた。




仙石原に着いたのは10時前。

既に多くの観光客で賑わっていた。

ススキはまだ色づき始めたばかりだったが、淡い日の光を浴びると輝いていた。






遊歩道の脇にはランタンが並んでいたが、夜にはライトアップされているのだろうか。




遊歩道は丘の中腹まで続き、折り返して戻ってくるのだが、帰り道に行き交う人の数は次第に増えていった。

ちょうど混み合うギリギリのところで見てくることができた。


温泉に入りたかったのだが、箱根にはなかなか良い日帰り温泉をみつけられていないのが正直なところだ。

我々、無臭のさらっとした単純温泉ではもう満足出来なくなっている。

仙石原の近くでは、前に大涌谷から源泉をひいている温泉に行ったことはあるのだが、なぜ客商売をしているのか不思議なところで、上から目線な貼り紙に気分が悪くなるため行かなくなった。

湯はいいため、対応は我慢してまた言ってみるかと話していたのだが、最近の口コミを確認しても、やはり対応の悪さについて書かれていた。


迷った末にそちらに行くのは止めて、近くにあるかま屋という釜飯屋にも温泉があり、大涌谷からの源泉掛け流しだというからそちらに行ってみることにした。




ここは面白いシステムで、釜飯を頼んでから出来るまでに45分かかり、その間に奥にある温泉に入って待つことができる。

釜飯は1500円前後で、入浴する場合は別料金で700円。

メニューは釜飯のみだ。

店は古く、温泉も古びていて狭い。

女湯はかつて扉があったところにベニヤ板がはめ込まれていたが、隙間が開いていて、押したら外れそうだったため気分的にあまりゆっくり出来なかったみたいだったが、

湯は茶色掛かった熱めの湯でほんのり硫黄の香りがした。


釜飯は控えめな出汁がほんのりきいていて丁度良く、美味しかった。




珍しい店で面白いし、釜飯は美味しいし、一度は訪れてみるのも楽しいと思う。

我々もまた来たいね、と言って店を後にした。


旅の締めに、いつも通ってはいるが入ったことのなかったふじみ茶屋で和スイーツを食べて帰ることにした。

138号線を強羅方面から御殿場へ降る途中にあり、晴れていれば目の前に富士山が見える。

店の脇には湧き水があり、飲むと冷たくて美味しかった。




白玉ぜんざいとコーヒーを頼んだが、餡は甘過ぎず白玉はモチモチで美味しかったし、コーヒーも湧き水を使っているのかはわからないが美味しいコーヒーだった。




台風19号で箱根の雨量は未曾有。被害も大きい。

ボランティアや寄付などは出来なくても、観光で訪れることも地元経済を回す重要な応援になる。

行く予定にしていた人は情報収集の上、復旧の状況を見つつ、可能であればなるべく行くことをお勧めしたい。

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/10/20(日) 11:53:52|
  2. 伊豆・箱根(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山で腰切塚散策とサイクリング

沖縄から戻ってきた翌日は、世間的には3連休の初日だった。

旅行の片付けをして、11時に東名に乗った。

戻ったその足で車中泊旅行に出かける案もあったのだが、それはあまりに落ち着きがないし、飛行機旅は体力を奪われるため、思っている以上に疲れているだろうからやめておいた。

その代わりに近場にドライブに行くことにしたのだ。

温泉に入りたかったから、最初は箱根の仙石原へススキを見に行こうと家を出たのだが、お決まりの旅の始まりであるガソリンスタンドで給油しつつドトールでコーヒーをのんでいる間に、行き先を水が塚・朝霧高原コースへ変更することにした。

秋の空気の中でサイクリングをしようと自転車を積んでいて、朝霧高原辺りに良さそうなサイクリングロードを紹介しているブログ記事を見つけたからだ。




水ヶ塚に到着すると、駐車場が無料に戻っていた。

富士山登山シーズンだけ混み合うため、登山客のみ有料にしているのかもしれない。

気温は13度。
分厚い雲に覆われた曇りの天気で、歩いても暑くないし、寒くもない、丁度良い気候だった。

今回ここに立ち寄ったのは、前回行こうか迷って、軽装だったために行くのを諦めた腰切塚へ行ってみるためだ。

今回は長袖長ズボンで来たし、虫除けもしたから完璧だ。

駐車場から腰切塚までは散策路を上がってすぐだった。




森の中なので気持が良い。

曇っていたため富士山は見えなかったが、晴れた日には絶景に違いない。




くるっと周り道をすると、写真を撮ったりして、全部で40分程の散策になる。




腰切塚には火口があるのだが、火口というより小さな窪地だった。




散策路は森の中のため、途中で道を間違えると、一瞬道がわからなくなった。




この前バトミントンをした広場でお弁当を食べてから、朝霧高原へ。




道の駅の隣のフードパークの駐車場に着いたのは15時くらいで、時間帯のせいなのか空いていた。

我々、ここで旅の疲れが出て、しばしお昼寝。

再び起きて、自転車を下ろしたりと準備をして、16.30前にサイクリングに出発した。

駐車場脇の道を漕ぎ出すと、晴れていたらさぞかし絶景なのだろうと思う見晴らしの良い場所に出た。




ただこの道、両脇に牛舎が続き、とにかく牛の匂いが強烈だった。

帰りが怖くなるほど長く緩やかな下り坂が続く。

折り返すと今度は予想通り、長く緩やかな登り坂だ。




途中からいつも車で通る国道に出て、更に坂道。上がった。

半分バテているコドラの背中を押したりしながら
ようやく車に戻った頃には陽が暮れていて、さすがにもう誰もいなかった。




時刻は17時55分で、彼此1時間半もサイクリングをしていたことになる。

汗はかいたが気候は丁度良く、でもあの道は臭いし地味に疲れるため、果たして良いサイクリングコースだったのだろうか、、、。

ふもとっぱらキャンプ場には大量のキャンプ客が集っているようで、明るく、まるで夜景のように見えていた。

いつもと違う道で水ヶ塚を通らずに南下し、489号で御殿場へ抜けたのだが、明るければ良い景色の道のような気がした。

東名は空いていて渋滞もなく、スイスイ進んで家まで辿り着いた。




スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/10/04(金) 20:10:25|
  2. 富士山(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

諏訪湖全国新作花火大会 2019

真夜中の台風被害から遡ること2日前の2019年9月7日。

諏訪湖で開催された全国新作花火大会に行ってきた。

諏訪湖は8月15日に行われる湖上花火大会で有名だが、毎年9月の第一土曜日に新作花火大会がある。


8月の本番は大混雑で、

頭上に大きな花火が上がるのを見上げ、そのまま降ってくるような視覚に訴える大迫力と、お腹にドーンと響く音が特徴だ。

湖上に半円で広がる花火の上に円形の花火が上がり、水面から頭上まで、夜空を埋め尽くすスターマインと呼ばれる花火の迫力も凄い。


今回の新作花火大会は、全国から集まる25人の花火師が、テーマを決めてそのテーマを花火で表現する。

音楽に合わせ、予め指定された数の花火を上げ、その芸術性を競うものだった。

だから迫力というよりは変わった花火を見ることが出来て、

中でも一番変わっていたのは、黄泉の国に咲く花を表現した花火で、合わせた音楽はなんとお経だった。


競技花火の合間には、大迫力のスターマインが上がり、通常の花火の迫力も楽しめるようになっていた。












最後は諏訪湖名物の湖上大スターマインで大会は締めくくられた。




大迫力の連発に大興奮し、祭りの活気溢れる8月の花火大会もいいが、

趣向が凝らされ、比較的人も少なく、ゆったりと落ち着いて堪能出来る新作花火大会もまた良かった。


スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/09/11(水) 08:31:28|
  2. その他(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の終わりの草津ツーリング 後編

帰りはつまごいパノラマラインを通った。

まずは北ライン。

しばらくは、両脇を緑の木々に囲まれたよくある道が続いたが、

ふいに目の前が開けるとキャベツ畑が広がり、その向こうに浅間山が見えていた。






キャベツ畑の丘をいくつも走ると、愛妻の丘に出た。

バイクを停めて階段を登ってみる。




花壇がハート型に作られていた。




階段の上には展望台があって、メルヘンチックなモニュメントが置かれていた。




展望台から見渡せるのもキャベツ畑と浅間山だが、なんだか北海道の美瑛の丘にでもいるようだ。






愛妻の丘の後も同じような展望が広がり、なかなか見応えのある気持ちの良い道が続く。

続いて南ルートを抜けたが、こちらは浅間山の麓を走っていく。




そのあとはまた有料道路を抜け、軽井沢を抜け、来た道を辿って帰った。

この日も上信越道は渋滞していたがバイクの良いところは間をすり抜けていけるところだ。

東京から草津まで寄り道しながら往復480kmの距離だった。

この距離を走るには体力的には大丈夫なのだが、アクセルの握りすぎで手が痛くなるし、長距離用ではないためシートが硬くお尻が痛くなるのが難点だ。



スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
  1. 2019/09/07(土) 17:12:55|
  2. 草津・軽井沢(D)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TK

Author:TK
日本全都道府県の旅制覇!!
休みがあれば愛車のディフェンダーで日本全国を車中泊旅で回っています。
ドライブやツーリングも楽しんでいます。

***飲酒の記載について***
このブログには車中泊中の飲酒の記載が出てきますが、飲酒運転を許容するものではありません。
車好きだからこそ、運転ルールやマナーを厳守の上、楽しいカーライフを送る事を目的としています。

このブログへのお問い合わせは下記へ
garyuwonderfulllife@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
車中泊旅行ー最終目的地別 (493)
北海道 (104)
東北 (69)
関東 (27)
甲信越 (61)
伊豆・富士山・静岡 (35)
近畿・中部 (43)
四国 (25)
九州 (38)
西日本 (26)
旅行(車中泊以外) (65)
ドライブ・ツーリング (99)
都内(D) (13)
湘南・横浜(D) (10)
伊豆・箱根(D) (16)
富士山(D) (13)
日光・白根・群馬(D) (12)
山梨・長野(D) (18)
草津・軽井沢(D) (3)
千葉(D) (6)
秩父(D) (4)
その他(D) (4)
車 (93)
バイク (6)
クロスバイク (5)
飛行機・海外 (44)
雑記 (16)
車中泊グッズ (7)
食 (14)
ガレージハウス (42)
まとめ・ランキング (13)

検索フォーム

トータルアクセス数

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(https://policies.google.com/ technologies/ads?hl=ja)をご覧ください。